99.7.16開始 /99.8.6終了

「微笑みのゆくえ」 出逢い、別れ

このお話は、雪うさぎが勝手に想像して書いちゃったものです。原作とは一切関係ありません。
18禁な内容はありませんが(第4章がそれにあたるかも^^;)、苦手な方はご注意して下さいね。

第1章「昇華してきた孤独」
第2章「閉ざされた闇のすすり泣き」
第3章「満天の星空の下で」
第4章「はじめて結ばれた日の錯覚」
第5章「恋人の無知と自覚」
第6章「すべてをなげうってつらぬく愛」
第7章「愛の最終手段」
最終章「とーや」

第1章 『 昇華してきた孤独』

「ゆき…」
「なに?」
「… なんでもねーよ。」
「え?」

もう何回もこんな押し問答を繰り返している。言いたくても言えない言葉…
ゆき… おれ、おまえが…

その日は期末試験の初日。試験中は部活も休みのため、久しぶりに桃矢は雪兎と一緒に
帰った。久々に親友と帰れる嬉しさからか、雪兎は終始にこやかだった。
その屈託のない笑顔が桃矢の胸をしめつける。
しかし今はその笑顔の矛先が自分にあることに、桃矢はほんの少しだけ満足していた。
雪兎が怒ったり、泣いたりする姿を桃矢は知らない。

(おれは、こいつで苦労する)と、初めて雪兎に会った時から覚悟はできていた。
その雪兎に恋してしまった桃矢の苦労は計り知れない。
たとえ雪兎に思いを告げられたとしても、雪兎が受け入れてくれるとは限らない。
もう親友でいられなくなるかもしれない。
でもこのまま雪兎がほかの誰かのものになってしまうのを見ているよりはいい。
思い切って今夜、自分の本当の気持ちを伝えようと、桃矢は決心した。

「ただいま。」
「おじゃましま〜す。」
雪兎は桃矢の家に泊まることになっていた。試験勉強を一緒にやろうというのだが、
桃矢は試験のことなど眼中になかった。
雪兎に告白している自分の姿を想像するだけで、顔が火照ってくる。
「ゆ、雪兎さん。」
「さくらちゃん、こんにちは、今日はお泊りなんだよ。」
「そ、そうなんですか。あ、あの私… 今日お当番なんです。がんばって晩ごはん作ります。」
「ありがとう。楽しみにしているね。」
「はにゃ〜ん。」
「かいじゅうの作るモンだからな、腹こわすなよ、ゆき。」
「お、お兄ちゃん、さくら、かいじゅうじゃないもん!」

いつものようにさくらをからかって桃矢は自分の部屋へ向かった。
階段を上がりながら、雪兎がくすっと笑った。
「なんだ?」
「とーや、さくらちゃんの事かわいくて仕方ないくせにまた意地悪言ってる。」
「ふん。」
雪兎はくすくすと笑いながら、桃矢の部屋のドアをパタンと閉めた。

「とーや、どうだった?今日の試験。」
「あ? あぁ、まあまあだ。」
「いいなぁ、ぼく途中でお腹が空いて大変だったんだよ。休み時間に売店に行ったら、
パンが売り切れちゃってて … 結局お腹が空いたまま試験になっちゃったんだ。」
雪兎は自信がないな、と言いたげな顔で桃矢に微笑んだ。

そう言いながらも雪兎がちゃんと出来る事を桃矢は知っていた。
… ゆき、おまえには驚かされてばっかだった。

おまえがはじめておれの目の前に現れたのは、そう … 高1の冬だった。
桜並木の道を、これから始まる高校生活の期待を胸に通った春、はげしかった夏の
陽射しがなごりをとどめ、物静かな足音のように始まった秋、そして凛とした冷たさのなかに
やがて訪れるであろう春の兆しを待ち続ける冬 … おまえに逢った。

おまえはいつも微笑んでいた。 おまえはいつも穏やかだった。誰に対しても優しかった。
おまえが泣いたり、怒ったり、妬んだりする姿を知らなかった。
いつも無邪気におれの側にいた。

だが、なぜだろう? おれにはおまえの本当の顔が分からなかった。
おまえが笑っている時でも、その横顔に昇華し、映し出されるはかりしれない孤独と苦しみ。
おまえの苦しみがどこから来て、どこに行こうとするのか知りたかった。
おまえの人生に強烈に関わりたかった。
心底の笑顔が見たかった。
おれはそう思ったんだ。

「… とーや?」
聞きなれた優しい声の方に目をうつすと、雪兎が心配そうに桃矢を見つめていた。
「どうしたの? 何か悩み事?」
「 …… ゆき… おまえ …」

その時、桃矢の部屋のドアが小さくたたかれた。廊下にはさくらが立っていた。
「お兄ちゃん、ちょっとお買い物に行ってくるね。すぐ帰るから。」
「あ? なんか材料が足りねえのか?」
「うん、オリーブオイルがどうしてもいるの。」
「んなモンなくたっていいだろ?」
「だめなの! … だって、雪兎さんにおいしいもの食べてもらいたいし、がんばって
晩ごはん作るって約束したし …」

「ぼくも一緒に行こうか。」と、雪兎がひょっこり顔を出した。
「え? でもでも …」
「そろそろ暗くなってきたし、さくらちゃん一人だと桃矢心配するから。」
「 ゆ、雪兎さん。 ///// ありがとうございます。 はにゃ〜ん。 ///////// 」
「じゃ、とーや、行ってくるね。」
「 … ああ。」

雪兎がいなくなった一人の部屋で、桃矢は深いため息を吐いた。

桃矢はベッドに横になり、静かに目を閉じた。
雪兎はさくらと一緒に買い物に出ている。

いつも微笑んでいる雪兎から、時折垣間見る寂しそうな横顔 …
あいつの過去に何かがあったのだろうか。
ん? 過去 … そういえばあいつの前の学校のこと、全然聞いてないな。
友達のことも、家族のことも、親戚のことも、好きなヤツいるのかさえ分からない。
どこで生まれて、どういう風に育ったのかも知らない。
… 話したくないのか、それともおれが信用されていないだけか、
必要とされていないのか。
涙が勝手に溢れた。
情けない。
おれじゃだめなのか。 やっぱりおれじゃだめなのか。 たった一人の愛する人の苦しみさえわからないほど…
その静かな横顔に隠された、清冽な人生の孤独さえ打ち明けてもらえないほど、
おれは信用できないか。 一度でいい、ゆき … おまえの苦しみをおれにも見せてくれ。
おまえの全存在をこめて、おれと向き合ってくれ。
おれの想いなんてどうでもいい。
おまえがおれの側で、本当に微笑む日がくればそれでいいんだ。

そう思いかけて桃矢は、ベッドからとび起きた。

… ちがう。
さっき、雪兎に告白している自分を想像して顔が火照ったのは誰だったんだ。
雪兎がほかの誰かのものになってしまうのを嫌がったのは誰なんだ。
だから思い切って告白しようと決心したんじゃないか。
ゆき … 情けない。
おれがこんな器だから、雪兎に信用されないんだ。

『それは違うわ。』

絶望感にひしがれた桃矢の背後から、深く静かな声が聞こえた。


第1章  第2章 につづくね 第3章  第4章  第5章  第6章  第7章   最終章

Novels Top   HOME