ぼくのおかあさん  1の2 きももととうや



 先生より
 とうやくんのおかあさんは、とてもすてきなおかあさんなんですね。
 とうやくんがおかあさんをだいすきなきもちが、よくわかります。
 おおきくなって、おかあさんのような すてきなおよめさんをもらったら
 先生にもしょうかいしてね。
 

My sweet heart.
 まいったなぁ。
かあさん、こんな物まで取っておいたのか。
なんで今頃になって出てきたんだ、これ?
しかし…。
ゆきにだけは絶対見せられんな。(恥ずかしくて…)
見つからないうちに、さっさと封印しないとな。
つーか、おれの文章めちゃくちゃ。
この作文はひど過ぎるぜ、我ながら…(T_T)
いくら1年ぼーずだからって、これはないよな。
助詞の仮名遣いは間違ってるわ、促音は使ってねーわ、
主語も述語もごちゃまぜだぜ、ったく。

 ゆきは…夕食の買いだし、だな。
まだ当分帰ってこないだろうし…。
よし、今のうちに隠すぞ。どこがいいかな?
タンスの中は、いかにもだしな。
米びつの中は、すぐにバレそうだし。
ベッドの下なんて、とんでもねぇ話だ!(何で?)
かと言って金庫なんてモンは ねぇし。
……はぁぁ、どうするよ、おれ。

 「とーや!」
 「ひ、ひぇ〜。ゆ、ゆきぃ?」
 「何あわててるの?」
 「な、なんでもない。っつーかおまえ、買い物に行ってたんじゃ」
 「うん、そうなんだけど。お財布忘れちゃってさ。
  なんかサザエさんみたいだねぇ。あはは」

あはは、じゃねぇ!!(T_T) こ、こんな時に限って…。
どうするよ、おい。気分は危機一髪黒ひげゲームだぜ!

 「あ、そうだ。あのね 今朝 藤隆さんから"桃矢に渡して下さい"
  って預かってきたものがあるんだけど」
 「あ?な、何をだ?」
 「ええっと、たしか此処にしまっておいたはず…」
 「そ、そうか…」

よ、よかったぜ。話が逸れてるぜ!やったぜ!
何だか知らんがサンキュ、とうさん!


 「あれぇ?なぁーんだ、とーや。もう見ちゃったんだ」
 「はっ?」
 「それ、それ。とーやが今後ろに持ってるそれ…」
 「はぁっ?」

お、おれの後ろに持っているソレ…と言いますと?(汗)
もしや…。

 「それそれ。とーやの作文!ぼくも見せてもらったよ(はぁと♪)」

やっぱり!!(T_T) 既にゆきにバレバレじゃん。
おかしいと思ったんだよな。いきなり引き出しの中から こーゆー危険なモノが発掘されるハズねぇもんな。 そうか、とうさんかよ。サンキュどころじゃないぜ。参ったぜっ、たく。灯台もと暗しかよ。 よりによって ゆきにコレ頼むか?おれに渡せって ゆきに頼むか普通(T_T) つーか、もっとマシなモンなら幾らでも見せてやるよ。だが、これはいくら何でも恥ずかしすぎるぜ。あああ穴があったら入りてぇぜ。


 「あのね、とーや。ぼく、すごく嬉しかったんだ…」
 「あ?」
 「藤隆さんが ぼくに、って渡してくれたんだよ これ。
  こんなにも大切な思い出がいっぱい詰まったものを
  ぼくからとーやに渡して下さい、って。すごく嬉しかった」
 「ゆき…」
 「とーやにも藤隆さんにも撫子さんにも、もっともっと
  近づけたような気がするんだ…。
  なんだかねぇ、ふんわり丸ごと家族になれたような…
  そんな気がして、とーやの作文見てたら涙が出てきたんだ」

ったく。そんな可愛いこと言うなよ、ゆき…。
今度そんなこと言ったら、無理やり抱きしめっぞ。
…ふ。ま、いっか。
この こっ恥ずかしい作文が、こんなにも幸せをくれるとはな。
やっぱりサンキュだな、とうさん。
それにかあさんもな…。


 「なぁ、おれの作文も まんざらウソっぱちじゃねぇだろ?」
 「え?」
 「おれは今、最高に幸せだぞ。人生のパートナーである
  おまえと出逢えて、な…」
 「…とーや」



サンキュ、ゆき。My sweet heart.
おれ…ずっとおまえの傍にいるかんな。


  終わり。




母の日SSもどきです。ちょー短いです(^^;)
桃矢くんの作文も、担任の先生の言葉も、ぜ〜んぶ嘘っぱちです(^^;)
一応、担任のセンセ=女性(同人好きなら尚可) という設定にしときました(^^;)

HOMEへ


Copyright(C)Yukiusagi All Right Reserved.