白いかすみそうの花をください
両手に抱えきれないくらいの花束にしてください
できれば ぼくの心も一緒に束ねてもらえますか
ぼくの一番大切な人へ…届きますように…





    〜 かすみそう (前編) 〜




 私がまだ子どもだった頃、毎日のように祖父に聞かせてもらった話がある。
なぜだか知らないが、大人になった今でもしっかりと私の心の中に残っている。
事実、私はその話を聞くことが好きだった。
家業である花屋の仕入れで忙しい祖父をつかまえては、繰り返し 繰り返し その話を聞いていた。
そのたびに私は うんうんと頷き、笑い、そして決まって聞き終えた後には 胸の奥をくすぐられたような甘酸っぱい気持ちになったものだ。



「 ねぇ、ジジ。かしゅみそうのおにいちゃんのおなはし、して! 」
「 ああ、いいとも いいとも。コウくんは本当にその話が好きなんじゃのぉ 」
「 うん。コウくん、かしゅみそうのおにいちゃんのおはなし、だぁいしゅき 」
「 ははは…。いいよ、じゃ そこにお座り 」
「 はーい 」
「 さて、と。 どこから話そうかの… 」
「 あのね、かしゅみそうのおにいちゃんのだいじなひとがね、
  おたんじょうびなの。おたんじょうびおめでとう ってするの。
  でね、かしゅみそう、いーっぱいもっていっちゃったの。
  コウくんちのおはな、みーんなもっていっちゃったの。
  かしゅみそうのおにいちゃん、わるいひと? 」
「 ははは。そのお兄ちゃんは悪い人じゃないよ。
  うちの花をたくさん買ってくれたんじゃからな 」
「 ふぅん…。じゃ、いいひと? 」
「 そうじゃよ。花を好きな人に悪い人間はおらんからの 」
「 コウくんもおはな だぁいしゅき! コウくん、いいこ? 」
「 おお、おお。いい子じゃ、いい子じゃとも…。
  コウくんはジジの大切な宝物じゃ。
  こんなに良い子に育ってくれて、ジジは本当に嬉しいよ 」


 
 私はその甘酸っぱさが嫌いではなかったし、むしろ好んでさえいたのだが、 その気持ちが何なのか 随分長い間わからなかった。
あるいはそれを郷愁というだろう、あるいは懐古というだろう。

 祖父はとても気のいい人で、大変よく私の面倒を見てくれた。
ある日、いつものように私が例の話をせがむと、祖父はにっこりと頷き、大きな手で私の頭を撫でながら 独り言のように呟いた。

『 本当に賢そうな若者じゃったよ。今でもはっきり覚えておる。
  端整な顔立ちの中の 涼しそうな目元が印象的じゃった。
  長身で精悍な風貌とは裏腹に、はにかんだ微笑みが優しげじゃったわ。
  閉店間際に現れて、かすみそうを抱えきれないほど買って行った…。
  ” おれの一番大切な人の誕生日なんだ ” って言ってたの。
  一瞬 我が目を疑ったよ。 息子が…あの子が還ってきてくれたのか、と。
  いや、そんなはずはないんじゃがの…… 』

その時の祖父は少しだけ寂しそうで、今から思えば私に悟られまいと必死で堪えていたような笑顔であったことは確かだった。

『 ほんに……あいつは大ばか者じゃ。 仕事ばっかりしおって…。
  こんな いたいけな幼な子を残して さっさと逝ってしまうとは… 』

ポタリ…。
温かいものが祖父の眼から溢れ、ポタポタと床に伝った。
私にはそれが『涙』というものだと すぐに分かったのだが、祖父の涙の意味までは理解できなかった。
私があまりにも幼すぎたから…。

その頃、両親は不慮の事故で帰らぬ人になっていた。
私が3才の頃だった。
” 光 ” り ” 輝 ” く人になるように、という願いをこめてつけられた「光輝」という私の名前だが、 その両親が光り輝く遠い星になってしまったというのは、なんという皮肉だろうか。

突然の両親との死別ということさえも分からず、ただ無邪気に祖父に甘えてばかりだった あの時の私。
ただ思い出すのは、私の頭を撫でてくれた祖父の手の優しさだった…。
心地よくて温かくて、私は祖父の大きな手がとても好きだった。


 大学を経て就職し、結婚して一男をもうけて父親となった今でも、時々その当時を思い出しては心を和ませている。
両親の記憶はほんど無いが、代わりに私にはかけがえのない祖父との思い出が増えた。
どこか懐かしくもあり、いや、もしかしたら慕わしいといった方が的確なのかもしれない。
とにかく、くすぐったい感覚なのだ。
大の大人がいまさら郷愁でもあるまい、か。

 そう、それは何の変哲もない、ただの昔話。
もしかしたら その話自体が祖父の戯れ言だったのかもしれない。
そう思ってしまえば それまでの話だが。

私には物事の本質を客観的に感じ取れる能力が備わっている訳ではないが、 確かに私は祖父の話を直感的に信じていた。

祖父から聞いた話から推測して逆算していくと、祖父の話の中に出てくる端整な顔立ちの長身の男性は 55才前後ということになる。
私の父も生きていたら、それくらいだな…。


 おっと、もうこんな時間だ。
幼い頃の郷愁にふけっている間に、既に時計の針は夜の8時を刻んでいた。
そろそろ閉店の準備をしなければいけない。
いったい私は花屋という職業に本当に向いているのだろうか。
数年前、脱サラして花屋を開業したはいいが、どうも元来の口ベタが災いしてか、 商売は振るわない。
いや、商売する気がない…とでも言っておこうか。
ただ私は 祖父のように、花を ”売る” というよりは花を ”愛でる” 人でありたいと常々思っている。
幸い、私は家族には恵まれている。
妻も子どもも 私の一番の理解者だ。
心機一転をかけて数ヶ月前に引越してきた、ここ友枝町。
住んでみれば 悪くはない、むしろのんびり屋の私には 友枝町の持つ独特の まったり感がしっくりくるのだ。

私は、そろりそろりと閉店の準備をし始めた。
残った花たちを丹念に花バケツに移し変え、床を掃き、シャッターを下ろそうと軒先に出たところで、 私は ” 花 ” (若者)と出会った。

そう、それはまさしく ” 花 ” だった。
美しく優雅な立ち居振る舞いといい、たおやかで清涼な雰囲気といい、
その ” 花 ” の前では どんな花でも霞んでしまうほどの ” 花 ” だった。
おおよそ人間というには人間らしくない、美しく洗練された若者。

思いがけず出会ってしまったその ” 花 ”(若者) に、不覚にも私は暫く見惚れてしまったのである。

「 あの…。 もう閉店…ですよね? 」
「 え…? 」

その ” 花 ”(若者) の声により、私はやっと我に返ることができた。
頬を高潮させ申し訳なさそうに微笑みながら、その ” 花 ”(若者)は言葉を続けた。

「 すみません、本当はもっと早く来たかったんですけど、
  ヴィンテージものの赤ワイン選んでいたら 遅くなってしまって… 」
「 はぁ…。あ、大丈夫ですよ。閉店の準備していただけなので、
  花が入用だったらゆっくり選んでいってください 」

「 ありがとうございます。助かります。それじゃ、えっと…
  そこのお花を…あるだけください 」
美しく微笑んだ若者は、白いかすみそうの花々を指差した。

「 かすみそう…ですね? 花束にしますか? 」
「 はい 」

「 分かりました。暫くお待ちください 」
私は、手際よく かすみそうの花を束ねてみせた。

「 リボンは何色にします? 」
「 桃色でお願いします 」
若者は再び にっこりと微笑んだ。
ひどく嬉しそうに…。

客と こんな風に話をしながらラッピングしている自分に驚きを禁じ得ない。
無骨で無口で愛想笑いの苦手な私が、こんなに楽しそうに客と会話しているではないか。

「 どなたかのプレゼントですか? 」
「 はい。ぼくの一番大切な人へ…  今日は55回目のお誕生日なんです 」
私の問いに、その人は最高の笑みを浮かべながら応えてくれた。

ぼくの一番大切な人…その言葉尻から、大切な人はきっとその若者の恋人だろうと察知できた。
花のように美しい若者の恋人なら、さぞかし華やかな美女に違いないと、私は心の中で邪推していたのだが、 55回目の誕生日というならば、まず恋人という線は考えにくい。
…となると、母親か。それとも父親か。やはり年の離れた恋人だろうか。

「 わぁ…綺麗。とーや、きっと喜んでくれるね 」

”ありがとう”と美しい微笑みを残しながら、その人は片手に赤ワイン、片手にかすみそうの花を抱えながら帰って行った。

 次第に小さくなってゆく若者の背中を、私は不思議な気持ちで見送っていた。
まず、私は自分の饒舌さに驚いた。
私にも少しは商売気があったという訳か。
いや、商売気というのは少し違う気がする。
私は惹かれたのだ。
その若者が あまりにも脆弱な…花のような面影を持った人だから…いや、人というにはあまりにも儚げで…。
だから 私は心惹かれたのだ。
それは決してやましい思いからではなく、花を愛でる者を愛しく思う気持ち、とでも言っておこうか。

とーや…って、誰なんだろう…。
私は、帰り際に若者が呟いた「とーや」という名前の人物に思いを馳せてみた。
一番大切な人…か。
どちらにしろ あの若者の幸せを願わずにはいられない、そんな気分だ。

あ、そういえば…。
どことなく祖父から聞いた話に似ているではないか。
閉店間際に現れて、一番大切な人に白いかすみそうを買っていくなんて。

私は少しだけ甘酸っぱい気持ちになった。
祖父がまだ私の傍にいてくれた時代に戻れたようで…。
私の頭を撫でてくれた大きな手の感触が蘇ってくるようで…。
今、懐かしい記憶の淵に 私は存分に浸っている。

「 ありがとう… 」
と、お礼を言うのは私の方かもしれない。

私は、ますます友枝の町が好きになった。



  完結編へつづく。






-------------------------------------------------------------
 本気で訳わかりません。すみません、かなり本気でリハビリ中です。(T_T)
 暗いっつーの! 私(=光輝)って誰よ? ←すみません、オリキャラです^^;
 雪兎さま(らしきお方)は最後しか出てこないし、桃矢くん55才ですか?(笑)
 ( って笑い事じゃーないってば^^;)
 完結編では桃矢くんと雪兎さましか出てきません、たぶん。(^^;)
 完結編は2月29日UP予定でございます。
 皆さま、よろしければもう少し 私のリハビリにお付き合いください。(笑)