七夕ショートストーリー
「とーやの願いが叶いますように…」   


 とーや。

ねぇ、とーや。

きみは覚えているかな。
もう忘れてしまったかな。

あの日、交わした小さな約束を。



あの日は 淡紅色した西日が やけに眩しい夕方だったね…。

裏の竹林から小さな笹を貰ってきて、二人で七夕飾りをしたよね。
輪つなぎ、貝殻、提灯。色とりどりの色紙がとても綺麗だったね。
「うむ 上出来だ。けっこう綺麗に出来たな、この笹飾り」
「うん、そうだね。綺麗に出来たね」
「だろ?だろ?」
 "さーて、どこに飾ろっかな?" 満足げにそう言いながら、少年のように頬を上気させたとーやの顔も、とても綺麗だったよ。

ねぇ、とーやは知ってる?
ぼくが、とーやのそんな顔も大好きだってことを。
ねぇ、とーやは気付いてる?
ぼくが、とーやをずっと見つめていたことを。

きらきらきら。

西に傾いた太陽の順行線を浴びながら 微笑む とーやはね、本当だよ、きらきら輝いていたんだ。


「っしゃ。これでよし、と…。ここなら縁側からでも良く見えるな」
庭の一角にある竹垣に笹を括り付けながら、とーやがまた微笑む。
「うん。…ありがと、とーや」

そう答えてみたけれど…。
あの時、ぼくもちゃんと笑えていたかな?
西日の中に佇むとーやが眩しくて、愛しくて、このままずっと一緒にいたくて…。
そんな風に思えば思うほど、笑顔がひきつっていくようで…、 涙が出るくらい幸せすぎて…。
だから、上手く笑えていた確証はないんだ。

ぼくに「(魔)力」をくれた後で、とーや言ってたよね、『おれの傍で笑っていればいい』って…。

ありがと、とーや。
ぼくはきみの優しさに何も返してあげられないけれど………。
ぼくはきみに頼ってばかりだけど………。
だからね、せめて いつもきみの傍で微笑むよ。いつもとーやのためだけに…。
それでも上手く微笑むことが出来ない時は、ちょっとだけ甘えちゃってもいいかな。
ちょっとだけ、きみのあったかい胸を借りてもいいかな。
そしたらきっと…きっと…きみだけに本当の『微笑み』をあげられるから。

ねぇ、とーや…。
ぼくは大好きなんだよ、きみの全てが…。


「…ゆき。おい、ゆき!」
「あ?…え?なに?」
「ったく、なにボーっとしてんだよ。短冊だよ、短冊!
 早いとこ書いて飾らないと夜になっちまうぞ」
「あ…あ、そっか、そうだね。ごめん、ちょっと考え事してた…」

やれやれと苦笑し、油性マジックをぼくに渡しながら とーやは言ったね。
「ほら、おまえから書けよ」って。

「うん…」


お願い事考えているうちに、どんどん時間だけが過ぎちゃって、結局二人とも何も書けなかったんだけどね…。

「ははは…。しょうがねぇな、ったく」
「いざ書くとなると、意外に思いつかないものだねぇ」
「まったくだ」
「あのさ、来年の七夕には何か書こう…ね」
「ああ。じゃ約束だ。来年は短冊に何か書く!」

そうだね、そうしよう。
来年もまた二人で笹飾りしよう。約束だよ。
きっと約束だよ、とーや…。








一年経った今でも ぼくはちゃんと覚えているよ、きみとの約束を…。
ねぇ、とーや。笑わないで聞いてくれる?
あの時からね、短冊に書く願い事を ぼくはずーっと考えていたんだ。
きみは やっぱり笑うかもしれないけど。
それでもぼくは、可笑しいくらい本気なんだ。
だって…。
本当にそう思ったんだ。


とーや…。
きみがいつでも幸せでいることが、ぼくは何より嬉しいから…。
本当に、そう思ったんだ――――――




    ―――― とーやの願いが叶いますように…、って。




 
 

「ゆき。なに考えてんだ?」
「ううん、何でもない。綺麗な星空だよ。ねぇ見て」
「ああ」
「まるで散りばめられた星の輪舞のようだね」
「今年も天気になって良かったな」
「そうだね、牽牛も織女もちゃんと逢えるんだよね」
「ああ。きっと空の上では、かささぎのやつらが一生懸命 橋を架けている頃さ」


ねぇ、とーや。
あの澄んだ夜空いっぱいに広がる天の河を、いったい誰が「天の川」って云い出したんだろうね。そこで一年に一度、愛し合う二人が逢瀬を重ねるなんて…。
どこか現実離れしているけれど甘美な言い伝え。
ロマンチックだけど少しだけ悲しい。


「なぁ、ゆき…」
障子越しに広がる「天の川」を仰ぎながら、とーやはぼくの名を呼んだ。深く、静かに…。

「なに?」

「おれ…。おれさ、ずっと考えていたんだけどな…」
「え?」
「いや、ほれ、一年前の約束だったしな…」
「あ…」
「おい、そんな意外そうな顔すんなよ。おれだってちゃんと約束くらい覚えているぞ。さっき 急いで書いたから、字は躍っているがな…。ま、その辺は愛嬌だ、愛嬌」


…そう言って、ぼくにそっと手渡してくれた空色の短冊。

その文字の一つ一つを目で追いながら、ぼくは知らず、涙が溢れていた。


ほんの小さな約束だったけれど、やっぱり覚えていてくれたんだね。
ありがとう、とーや。




ねぇ、とーや…。ぼくは今 ちゃんと笑えているかな?
…あれ?おかしいな。どうして涙が止まらないんだろう…。
ああ、やっぱりぼくはいつまでたっても上手くは笑えないな…。

とーやの胸、ちょっとだけ借りてもいいかな?
ううん…あったかいとーやの優しさに触れたら、もっともっと涙が溢れてしまうのだろうけど…。
それでも今、ぼくはきみに触れていたい…。


とーや。
大好きだよ。


「ゆき…?」
「ごめん、とーや。しばらくこのままで いさせて欲しい…」

トクン。トクン。
とーやの胸の鼓動が、温もりが、優しさが、心地よかった。


「相変わらず泣き虫だな、おまえ…」

違う、違うよ。とーやがそうさせたんじゃないか…。


「おれはおまえを一生離さねぇかんな。いいか、覚悟しろよ」

そんな覚悟、ぼくにはもうとっくに出来ているのに…。





とーや。
大好きだよ。

きみが書いたこの短冊、大切な大切な空色の宝物。




    ―――― ゆきの願いが叶いますように…







終わり。



  


-----------------------------------------------------------------
またまた短いです。しかもやっぱり文章スランプ(T_T)
別件ショートストーリー(21万HITのキリリク)を書いている途中で、
衝動的に書きたくなった七夕スランプSSです。お目汚しすみません。
っちゅーか、hiokoしゃま〜〜。キリリクお待たせして申し訳ありません。(T_T)
が、が、がんばります〜〜。脱スランプ!!


novels TOP    HOME