CLAMP先生の新連載によせて 03.5.26
 『CLAMP先生の新連載に、さくら&小狼が登場』という、俄かには信じられない一報を私が知ったのは、GW直後の事でした。
連載開始を知った時は「へぇそうなんだ。さくらちゃんと李くんがねぇ」と、軽く流してしまったのでした。

 その時は、桃矢くん(しかも王だよ、王!)と雪兎さま(しかも神官だよ、神官!まさに震撼した瞬間だよ まいったよ うきゃ〜だよ 雪兎さまったら^^#)がご出演されるとは、これっぽっちも思わず…。
そりゃそうだよね〜桃雪さまに再見だなんて、私を含め いったい世界中の誰が予想し得たでしょう!!
あああ雪兎さまったら、こうも突然現われて私のハートを激しく掻き乱してしまわれるのですもの…。相変わらず罪なお方…。ああでもそこがまた素敵なの。ぽっ(^^#)←管理者、ただいまヲトメ入ってます!

 CLAMP先生のお仕事現場には、麗しい雪兎さまのナマ原(というのか?)があるのね〜。
講談社の担当の方は、週一で雪兎さまのナマ原(というのか?)が見られるのね〜。(羨)
↑こーゆー事を書くあたり、私は既に週一で雪兎さまにお逢いする気満々な訳ですが、実際雪兎さまのご登場はどの程度なのでせう?はぁぁ切なく揺れるヲトメ心。(誰が?)

 話を元に戻しましょう。(どーも管理者、話を脱線させるのが好き(らしい)なのです^^;)
(ツバサにおける)雪兎さまには幾つかの特別な能力が備わっているようですが、先天的なものなのか後天的なものなのか、今はまだ判断材料少なすぎます。
(CCさくらでの)雪兎さまに 潜在的な能力(人間ではなく月の仮の姿だったということ)が備わっていたことを思う時、ツバサにおける彼の特殊能力も もしかしたら「何か」につながっているのかもしれません。

 クロウさんご在世の時代背景は原作でもあまり触れられていないので、ツバサの世界では是非「クロウが居た時代」に遡って欲しいです。
雪兎さまをお創りになった経緯や、"月城雪兎"という名前の由来、なぜにあのような麗しい容姿になさったのか(もしかしてクロウさんの趣味?…笑)などなど、クロウさんに聞きたいことは山ほどあるのです!
(教えて〜〜クロウさん!)


 さてここで一つ疑問が浮かびませんか?
以前、某雑誌インタビューにて「さくらの続編はない」とおっしゃられていたCLAMP先生。
設定や年齢こそ違うものの、さくらキャラで新連載開始とは…。なぜ、どうして?
CCさくら連載終了時、「CLAMP先生の英断潔し」と 紅涙頬を伝ったあの日の自分。嗚呼 なんてヲトメちっくで無垢だったんだろうと思わずにはいられません。(笑)そんな私も今ではすっかり腐女子なヲトメ。(笑)
いずれにせよ、深々のメッセージが隠されていた今までのCLAMP作品を思えば、今回の作品もそうなのかもしれませんね。
きっとこの疑問も、「ツバサ」のストーリーを追うごとに氷解していくのでしょうけれど…。
(…と、えらそうな事を言ってしまいましたが、私はCLAMP作品の全ては読んでいません^^; CCさくら、レイアース、東京バビロン、CLAMP学園探偵団と少なめです^^;)

 でも…でも…ぶっちゃけ、
「×××HOLIC」読め!とばかりに色々なメディアにオンパレードする宣伝の謳い文句には、正直ちょっと引いています。(^^;) もちろん、リアルタイムで読んで欲しい!という原作者サイドのお気持ちも十分理解できますが。
(辛口コメントですみません。全ては雪うさぎめの戯言にございます。)

 「さくらの続編はない」とおっしゃられた経緯を鑑みます時、完全パラレルと銘打って新連載を開始されたCLAMP先生の新たな世界観とは…? ひじょーに気になるところですが…。
とにかく、桃雪さまがイタイ展開にならない事を切に願うのみです。(^^;)
少年誌だから痛い展開もアリでしょうけれど、それでもやっぱり雪兎さまと桃矢くんには幸せになって頂きたいと思います。
雪兎さまには 柔らかい微笑みが一番似合うと思うから…。(^^#)


 要点をまとめて分かりやすく書く、という作業がとっても苦手な私…。いいのか管理者(T_T)
拙い文章でお目汚しすみません。長文にお付き合い下さり、ありがとうございました。

03.5.26   .


←←←BACK