ツバサ第1話(5月21日発売) Chapitre.1 始まりの世界

  こんにちは。管理者の雪うさぎでございます。
これから ほぼ毎週、週刊少年マガジンに連載中の「ツバサ」の感想(もどき)を、完全無添加桃矢&雪兎視点で書かせて頂こうと思っております。どうぞ宜しくお願いしますです。
(桃雪さまが出ていらっしゃらない週は、管理者とってもすさんでおります。独り やさぐれているかもしれませんが、放っておいてもそのうち自然復帰します。どうかご心配なさらないでね。…って誰も心配してねーよ!^^;
「桃矢王」と「神官・雪兎さま」が出ている回は、管理者ブッ壊れておりますので注意が必要です。管理者の腐れ汚染度が規定値の50倍になったら、迷わず安全な場所に避難してくださいましぇ。

 いやーもう皆さん ぼちぼち分かっていらしゃるかとは思いますが、実は管理者、ステキな文章書くのめっちゃ苦手なのです。ほんと苦手なのです。まじ泣けてきます。
まともな日本語ツカエマセーン。日本語ムズカシイデスネイ。オーノー!!
(などと、いきなり外国人のフリして 己の語彙の無さを隠蔽してみたり…)
っちゅー訳で私の語彙の無さは、覚えていても何の役にも立たない小ネタとして 皆さまの記憶の片隅にでも置いて下されば、望外の喜びでございますです。
(既に話が微妙にズレています、感想書け感想!^^;)
という訳で、話し言葉そのまんま(しかも言葉遣い悪い^^;)な感想いかせて頂きます!!
お目汚しになるかもですが、どーか勘弁してやって下せい。
 とはいえ 毎週きちんと更新できるのだろうかと今から不安。雪兎さまいないと全然萌えないし。
 週刊誌は週刊なので週間ごとに習慣づける事が出来るのか、とにかく が…が…がんばります。(たぶん)←おい^^;


 マガジン(5/21発売)買いました!見ました!いらっしゃいました!
また逢えたね、雪兎さま(ぽっ////)
管理者の「好き」の原点は、飽く迄も「CCさくら」の雪兎さま…なのですが、ここはスパッと割り切って「ツバサ」の雪兎(ユキト)さまのご登場を言祝ぎたいと思います。(むしろ"寿ぐ"でもいい!)
あああ、王と神官という身分の差を乗り越えて結ばれる愛!身分違いの愛萌えーーー!
それにしても桃雪さまったら、ご登場早々いちゃこいてくれてて、私ゃ〜激しく嬉しくなってしまいましたさ!時代は桃雪さまに向いてきた。


 今回の雪うさぎ的ツボは なんといっても雪兎さまの鼻の穴です〜〜〜。(^^#)
雪兎さまに…雪兎さまに…雪兎さまに…鼻の穴があったなんて〜〜〜!!!
ん〜〜〜 さすが少年誌!歯列サイコー!鼻の穴バンザイ!(謎)
ああ、どうか皆さん引かないで。すみません、すみません。すみませんでは済みません!
皆さんのご立腹はごもっともですが、「なかよし」時代にはお目にかかれなかった雪兎さまの鼻の穴(^^#)が見られて、雪うさぎ 小さな幸せを感じているのです。(^^#)
(んなトコロに幸せ感じるな〜!もっと他の幸せがあるだろーに!)
ああああああ雪兎さまの鼻の穴萌え〜〜〜〜〜〜〜〜!!!(←しつこい!)

 小狼らぶらぶなさくら姫に悪態つく桃矢王、シスコンなのは相変わらずなのね〜〜。
あにはからんや。桃矢王、もしかして雪兎さまと早く二人きりになりたいがため、わざと悪態ついたか?!
見よ!はたして さくら姫は怒って走り去ったではないかっ!
(これで桃矢王の思惑どおり雪兎さまと二人っきり。どうする?国王!どきどきどき…)
いやーまさか玖楼国の王ともあろうお方が、そんなセコいことするわけな…い…。

 おっと!!桃矢王、いきなり告りまくりかーーー?(笑)
公には王と神官でも…? 役職をはがせば? ただの…?
おおお そーかぃそーかぃ!!!ただの恋人かぃ。公かぃ。熱いのぉ。
くぅぅぅ。雪兎さま、鼻の穴をお見せになって「はい あ うん」だなんて。かわい萌えー!
対等ではない桃矢くんと雪兎さまの関係も さりげなく萌える!!(^^#)
桃矢王にかしずき、ご奉仕なさる雪兎さま…。あああああああああ。(←普通に読んで下さい。深い意味はありません。たぶん。笑)
幼なじみから恋人へ…。お二人にどのような出逢いと気持ちの変化があったのでせう。

 玖楼国の王位第一継承者が さくら姫なのよね。さくら姫なのよね?!!
桃矢王、世継ぎをもうける気はないと見た!やっぱり女とのケツコンはナシね。(ホッ)
玖楼国の法律が変わり「おのこ同士のケツコン可」となるまで待つか、王。
石の上にも3年!がんばれ、王。時代は王の味方だ!!(根拠なし)
ぜひぜひ、桃矢王と雪兎さまのケツコン式には呼んでくれたまえ。(何様?)
ああ、お二人の晴れ姿をこの目に、この目にぃぃ!ぜぇぜぇはっはっ。(落ち着けぃ)
なんだかもー、なんだかもー、私ってばなんでそーゆー視点でしか見られないのか…。
我ながら己の腐れぐあいに 激しく脱力中。(笑) ま、いっか。(いいのかっ?)

「時空を超える力」を手に入れたがっているアゴの割れたじいさんは誰?ハーレム状態。
…とか、謎の部分はいっぱいありますよね。そのうち正体分かるんでしょうかねぇ。
(はっ。私ってば言葉遣い悪すぎっ。)←今に始まったことではない。(T_T)

 で、55頁!!
突然現われた悪者たち、見た目 十分に怪しいのに毒を塗った刃を使うとは卑怯すぎ。
桃矢くんが持っている剣は、ホ○だけが持つことを許されたという伝説の剣というのは本当ですか?(根拠なし)

 でも毒のまわりは早そうだよ…。大丈夫かなぁ桃矢くん。(T_T)
 さくら姫は二の次、 桃矢王の御身を第一に案ずる雪兎さま、桃矢王のことしか目に入っていらっしゃらない雪兎さま、本当に本当に素敵です!!(^^#)
雪兎さまのKISSには浄化作用があって、王の毒は雪兎さまのKISSでしか治せない!っていう設定だったらよいのになぁ。(イシュカか?^^;)

あああああ、雪兎さま。麗しいお鎖骨をその神官の服の下にお隠しになられていても、でもいいの。
だってだって、雪兎さまの鼻の穴が見られたんですもの。(←まだ言うか!)
おお!そうか、そうだったのか。雪兎さまのあのお召し物は…。
もしや、桃矢王がお付けになられた愛の痕跡を 隠すため?(ウソ)

あああ、雪兎さま。どうか桃矢王と末永くお幸せに…。(^^#)

続く。



 管理者暴走モードでお目汚し 失礼しました。次回は もうちっと面白く感想書けるようになりたいなぁ。(無理)

←←←BACK