*------------------- 七夕過ぎちゃったよショートストーリー「夜空のささやき」へようこそ(^^;)
何気にソフトな、らぶらぶらぶシーン(笑)が含まれております。苦手な方は閲覧をご遠慮下さい。


 

「夜空のささやき」 前編


地面に散らばる薬莢を足元で弄びながら、彼は口許に微かな笑みを浮かべた。
スナイパーとして比類なき才能に恵まれた彼の視線の向こうにあるのは、いつでも孤独。
引き金に添える指先には、もはや何の感情も持たない。
キィーン。
マグナムの金属音が摩天楼に響き渡る。
彼の意思通りに軌道を描き、マグナム弾が月光の街を突き抜ける瞬間、弾薬を浴びた獲物が、宙に舞う。
断末魔をあげる獲物の血潮が、端整な彼の顔に飛び散っても、彼は眉ひとつも動かさない。

マグナムの銃口から上がる青い煙にフッと息を吹きかけ、彼は再び不敵な笑みを漏らした。
軍事用に改造されたロシア制のコルトパイソンにマグナム弾を装填し、安全弁をしっかりと確認すると、彼は再びホルスターへとそれをしまい込んだ。
いささか気の短い彼には、砲身が長く重厚なカノン砲は肌に合わない。
確実に軌道を標的に向けるスマートさにおいては、マグナムの右に出るものはないのだ。
深紅の導線を描きながら咆哮するさまは、まるで孤高の獅子吼のようだ。彼はいつもそれに見惚れる。
「やっぱり、コイツ(マグナム)が一番だ」
潔くて媚びない…彼が最も信頼しているのは、人間でなく「物」なのだ。
感情を持たぬ「器」のまま、次の任務へと向かう。
それが彼の全てだった。

眼光人を射る鋭く精悍な、しかしその眼には決して感情を現さないまま、彼は紺碧の防寒服をバサリと翻した。
闇に紛れそうな瞳をぐるりと睨め回し、一時仮眠の場所を探す。
摩天楼のビルの隙間にサッと駆け込んだ彼は、軽く呼吸を整えると、衣服についた血飛沫を両手で払いのけた。

その時。

「今日の任務は終了ですか?」
透明でよく通るハスキーな声が、彼の背後から飛び込んできた。
  誰だ?

彼に気配を与えず近づける「者」など、いないはずだ。
獲物の匂いを嗅ぎわけるスナイパーとしての本能。
「敵」と認識すれば、問答無用で彼のコルトパイソンが火を噴いている。

  誰だ?気配を全く感じない。

「相変わらず的確なショットですね」

優美でたおやかな声が、心腑に染み込む。
彼はその声の主の方に顔を向けた。ゆっくり、ゆっくり…。
そして、
紺碧の瞳が、確実にその姿を捕らえる。

そこには。
気高く白い微笑みを浮かべた、おそろしく美しい「もの」の姿があった。
人間なのか?
この驚くほどに毅然とした気高さは、本当に人間のそれなのか?
無彩色のコンクリートジャングルに、おおよそ場違いな容貌の若者。
女でも男でもない、人間でもない。
総てを超越した美しき「もの」に、彼はしばし心を奪われた。
真白き面の気高さに、どこか懐かしい恋慕の思いさえ湧き起こる。
潔くて媚びない、まるでコイツ(マグナム)のようだ…。

一瞬、彼の心に「人間」らしい感情が蘇った。
この美しい「もの」との、不思議な出逢いによって…。


彼の名は、トーヤ。
地元警察がトップシークレットで擁護している公安特殊部隊のスナイパー。
人体実験等で、突然変異をした生物(化物)を狩るのが彼の任務だ。
冷徹に獲物を仕留めるその姿は「孤高のハンター」と呼ばれ、人々に恐れられている。

そんな彼に、いとも簡単に近づける「もの」…。

その美しき「もの」の名は…。


「ゆき…」



「おい、ゆき。また見てんのか、おまえ…」
「しっ!今、いいとこなんだよ」
雪兎は桃矢には一瞥もくれず、とあるデモテープビデオに集中している。
やれやれ、またか…と、肩をすぼめて苦笑しながら、桃矢は雪兎の真隣りの
ソファに腰掛けた。
「なぁ、ゆきぃ…」
「…」
「ゆぅーきー!」
「…」
「こちょこちょしちゃうぞー、ゆきぃっ!」
「……」
雪兎の反応はない。
閲覧モードになっている時の雪兎は、いつもこの調子である。
桃矢がどんなにちょっかいを出しても、まるで意に介さず、自分の世界を作ってしまうのだ。
食い入るように画面に見入っている雪兎の横顔を、チラと盗み見るだけの桃矢は、少々ご機嫌斜めである。
何が悲しくて、ブラウン管に映る己の顔のアップを見なければならないのか。
はぁぁ…。雪兎に相手にされないと見ると、桃矢はガックリと肩を落とす。
ここは観念して、ビデオが終わるのを待つしかない。

暫くすると、カチャッと音がして、デッキがテープの巻き戻しを始めた。
「あれ?とーや、いたの?」
ビデオを見終えた雪兎は開口一番そう言った。
「いたの?…って。おまえなぁ…」
ますますへこむ桃矢を尻目に、頬を紅潮させた雪兎が微笑む。
「とーや、かっこよかったよ」
「ふん!映研のヤツラに頼み込まれて仕方なしに引きうけたんだ。あんな根暗なオッサンの役、おれの好みじゃねぇ!」
「ううん、そんなことないよ、ぼくはすごく好きだよ。どこか暗い影を引きずる謎の主人公トーヤ。なんだか名前はまんまだけどね…。あはは…」
「あはは…じゃなくて!あのな、ゆき。あっちは偽者、本物はこっちなんだぞ!」
「でも、とーやはとーやだよ。特殊部隊の制服着てマグナムを操るとーや、すごくかっこいいんだもん」

雪兎にかっこいいと言われれば、悪い気がしない。
桃矢は心中複雑な思いで雪兎の肩をぎゅっと抱き寄せた。

「本物のおれは、ここだ…。おれだけを、見ろ」
桃矢は深藍に萌える瞳で雪兎を見つめながら、真綿のように柔らかい頬に
右手を添えた。
雪兎は、無邪気な、それでいて気高い瞳で、桃矢を見つめ返す。
桃矢はガラにもなくうろたえた。
雪兎の瞳はどこか懐かしさを湛えて、きらきらと輝いている。
「だけど…やっぱり、とーやはとーやだよ」


桃矢は不思議でならなかった。
何故に雪兎がここまでこの話にこだわるのか…、単なる好奇心やミーハーなだけではないような気がする…。

後編に続くです

どこが七夕ショートストーリーなんだろう?(笑)ひどすぎる〜。(^^;)
桃矢くんが壊れすぎっ!(^^;) 雪兎さま、ごめんなさい〜〜〜。(T_T)

 

Novels TOP      HOME