金のかけら
 Shadow of heart

風が吹きぬける。 月を隠していた雲の群れが流れ、高層ビルの街角にサッっと光が差し込む。
美しい金の光を放ちながら、まっすぐに降り立った光量が都会に陰影を造る。
昼間のそれとは全く別の顔を持つ闇の摩天楼は、どこか冷めていて、天然の鉱物のようだ。
呼吸さえも忘れてしまうほどに、圧倒的な無機質の香りを運んでくる風が静かにそよぐ。
そして、都会の星々が、ゆっくりとうごめき出す。


瞳にあふれる涙の星々を、そっと拭い、彼らは寄り添う。
巨大な闇に押しつぶされぬよう、居場所を求めて、彼らはさまよう。
もはや視覚も聴覚も意味をなさない摩天楼を、時折走る車の流れに逆らって、彼らは歩く。
どこへ行くのかなんて、わからない。
どこから来たのかも、どうでもいい。
ただひたすらに歩き続けて、彷徨い続けて、静かに燃える想いを二人で分かち合う。


路地裏の軒先に畳む御影石の上に、二人はそっと身を寄せ合った。
直に伝わる冷たい鉱物の感触は、身も心も凍てつかせるのに充分すぎた。
淡灰色の石畳と彼らの身体に、月光が差し込んでいる。
春先の小物が並ぶショーウィンドウにも、屈折した月の光がわずかに届く。
屈折率の大きくなった陳列窓の一角を指の腹でこすると、キュッとかわいた音がした。
愛しい人が、泣いている。
かわいた音が淋しいと、泣いている。
   おれは、いつだって、この人を泣かせてしまう…
都会の暗闇と静寂に、互いの姿がぼんやりと霞む。
金色の夜風が、冷え切った二人の身体に容赦なく追い討ちをかける。
歩きつかれて、泣きつかれて、伏せたまつ毛と小さな吐息に、月光の影を落とす脆弱さ。
東から夜明けが訪れるまで、この夢物語が続けばいい。
ほかには何もいらない。

   ツイードのコートに顔をうずめながら、おれに寄り添い、眠る人。
   眠りたい。
   もう、眠りたい。
   ずっとこのまま、二人だけで…
   いつから、なんてわからない。
   気付いた時には、愛し始めていた。
   出逢った瞬間に運命を感じ取っていた。
   こうする事を選んでしまった罪の重さ。
   美しすぎて、純粋すぎて、気高すぎて、手が届かない。
   焦り、葛藤、迷い、静かな欲望…心の死角が押し寄せる。
   何が一番大切か、誰が一番必要か。
   気付かせてくれるこの美しい人ごと……欲しい。


今いちど、消え入りそうな細い身体を抱き寄せる。
淡い月光色の首筋は、蒼く透明だった。


   暗闇の慟哭、暗闇の拒絶、暗闇のかけら


   今はただ、ほんの少し、月明かりの金色に安らぐ。
   美しいかけらは、罪の重さ
   過ちを犯した胸に突き刺さる光は、諸刃の刃。
   その慟哭が、拒絶が、総てが、鋭い刃となっておれの胸を貫く。
   優しさで欺いたのは…おれ。
   微笑みで欺かれたのも…おれ。
   望んだのは…おれ。
   望んだのは…おまえ。
   後悔はしない。
   おれは、もう、この人と生きることを決めてしまったのだから。


朱の唇に、そっと接吻け、もう一度その身体を抱きしめる。
接吻が、止まらない。
伝えたい、優しさ(真実)を。


  明星が明けを知らせにくる頃、この美しい人はおれの腕の中で目覚め、最高の微笑みを   見せてくれるだろう。
  そう…昨日の微笑み(いつわり)なんて、全部忘れるほどの、とびきりの微笑みを…



風が吹きぬける。
雲が流れ、月が隠れ、都会の摩天楼は再び闇に還ってゆく。
その時、都会の星々が夜空に…満ちた。



優しさ(魔力)が、継承される…





「とーや!どうして…、わかんないよ。ぼくは…!」
雪兎が泣いている。
「違う!違うんだ、ゆき!」

いつのまにかそぼ降りはじめた季節はずれの春雨が、心を凍らせる。
絹雨の雫に己の決心を奪われてしまわぬよう、桃矢はぎゅっとこぶしを握った。
この雨に総ての罪が洗い流されてしまえば、いい。
雪兎を奪って行こうとする己の、罪ごと。
昨日を振り返る訳にはいかない。
明日を見据える事すらも難しい。
今、この時この瞬間に、目をそらしてはいけないのに、うまい言葉が見つからない。
「ゆき!おれは…」
「ぼくじゃ…ない…」
細い細い雨粒が、雪兎の頬にさらさらと舞い降り、熱い涙と一緒に流れ落ちてゆく。
「おれは…おまえが…」
「違う…!とーやは…」
絶え絶えに紡ぐ雪兎の言葉が、銀の雨に晒される。
風に流され、雨粒に飲み込まれ、外気に触れて消えてゆく。


愛する人を、苦しめている。
おれの言葉に泣いている。
手遅れになる前に…後悔する前に…伝えなくては…
おれは…おまえが



「ゆき!ちゃんと、聞いてくれ。」
「聞いてる。ぼくは、ちゃんと…聞いてる!」
「違うんだ、ゆき!」
「何が違うの?どう違うの?…ぼくは…」
「おれは…」
「だって、ぼくは…ぼくは…」
「ゆき!」
「ぼくは……あああ…」
紅の頬を伝うのは、もはや、雨なのか涙なのか…。
雨に交じって、雪兎の慟哭が銀色に染まる。
涙、雨、叫び。


…消えるな!
その瞬間、桃矢は雪兎の傍に駆け寄っていた。
雨に佇む雪兎があまりにも、儚すぎたから。
今にも目の前からいなくなってしまいそうだから。
…どこにも行くな!
細い身体を抱きしめると、泣きたくなるような想いが溢れ出す。


ごめん、ごめんな、ゆき。
おまえの淋しさの半分も担っちゃやれない…
おれは、おまえを守るために、ここにいる。
おまえと出逢うために、おれは生まれた。
おまえを選ぶために、おれは生きた。
おれは、こんなにも、おまえを…


…愛している!
ほかの誰でもない、代わりなんていない、かけがえのない愛しい人。

そんな桃矢の優しさに触れるたびに、雪兎の心が嘘をつく。


桃矢はぼくを愛してる? ……… 愛されて、ない…?
桃矢を信じてる! ……… 信じて、いない…?
ぼくは桃矢を愛してる? ……… 愛して、ない?
ぼくは誰? ……… ぼくの知らない、ぼく?
だから、ぼくは、桃矢を愛してない…? 愛さない?
…違う! …違わない! …違う! ぼくは…



「そうじゃないんだ、違うんだ…!ぼくは…とーやを…」
「ゆき!」
「ぼくは…とーやを……愛してる!」



……『愛…してる』?
何が、起こっているのだろう…?
『愛…してる』? …誰が? …誰を?
ゆきが… おれを?
夢? これは、夢?


降り続く雨粒が、冷たく、温かく、いだき合う二人を包み込んだ。
「とーやを、愛してる!」
雪兎の力強い言葉が、桃矢の耳朶を打った時、それが夢ではない事を確信した。


この人に… 先に言わせてしまった…
己の傷と引き換えに、おれは守りたかったのに…!
この愛しい人に、傷付かせて気付かせて、おれは…!
この人に、どんな言葉で返せばいいのだ?
風に晒され、雨粒に打ち消され、それでもこの想いは、
愛しい人に届くだろうか?
おれも、おまえを愛していると…。


「ゆき…」
今いちど細い身体を強く抱きしめ、言葉の代わりに止まらない接吻を交わす。
愛している!
唇が離れても、愛しい想いは断ち切れない。
愛している!
瞳の涙を拭うのも忘れ、二人はいつまでも強くいだき合っていた。


雨粒と一緒に流れ落ちる涙の温かさ、重ねた唇のしなやかさ、胸の鼓動。
全部、全部、愛している!



今夜、おれは、おまえをさらう。
この友枝を離れて… どこか遠くへ。


金の光が届く雑多な街がいい。
そこで、おれは、今度こそおまえに渡す。


優しさ(魔力)を。


     完。




雪兎さま〜〜、ごめんなさい〜〜。(T_T)
アジャリの「shadow of love」って歌をイメージ
したんですけど、書けねーーー。(T_T)

■Novels TOP■    ■HOME■