〜 恋心・インターセプト 〜

いつ、どこで、どんな風に出逢ったとしても、ぼくは とーやを好きになっていたよ。

きっと、恋して恋して恋しすぎて、自分の気持ちに気付かないほどに恋焦がれて……。
楽しすぎて嬉しすぎて、それが恋だと気付かないままずっと…。

強い君、照れやな君、優しい君。
きらきら輝くとーやの綺麗な笑顔に ぼくの心はざわついて痛くて切なくて、それでもきっとぼくは気付けない、気付かない。

だけど…だけどね、

とーやがぼくの傍にいたから 君を好きになったわけじゃない。
とーやの “力” に惹かれて 君を選んだわけじゃない。
とーやが優しくしてくれたから 君に甘えたわけじゃない。
君を好きになったのは同情や友情ではなく、ましてや義務などでもない。
誰かの敷いたレールの上を転がるだけのぼくではなく、ぼくがぼく自身の意思で こうなることを望んだんだ。
とーやとぼくが恋におちたのは 誰かが用意した偶然などではなくて、そこに確かにあった「必然」。

ねぇ、とーや。
ぼくらがもし小学生の時に出逢っていたとしたら、やっぱり今と同じ気持ちになったかな?
……なっていた、よね?

ぼくらにとっては出逢いこそが「必然」だったから。





すみませんねぇ。私のわがままに付きあわせてしまって。
本当にあなたには 何と謝ってよいものか。
月の仮の姿では 不自由もたくさんあったでしょうに。

少しだけ、私の戯言を聞いてくださいますか?
不世出の魔術師という肩書きも あの時の私には煩わしくさえ思え。
何も要らなかったのです、本当に何も。
地位も名誉も財産も全てをなげうってでも惜しくないほど、私には強烈に必要な人がおりました。
ゆらゆらと揺れる午後の光線が その人の髪を銀色に輝かせる時、
あたたかい春の風が その人の頬を桜色にそめる時、
私もまた この上もなく贅沢な時間をその人と共有しているのだなと、心から幸福に浸れました。

あ…少しお喋りが過ぎましたね。

私はあなたの大切な人の傍に 偶然を装った必然をいくつも用意してきました。

でも どうやらあなたたちには、そんな小細工は一切必要なかったようですね。

あなたは私の思いもよらないところで あなたの一番を見つけ、慈しみ、葛藤しながらも自分の 気持ちに気付くことができました。

私の完敗です。
あなたはもう月の仮の姿という立場ではなく、月城雪兎という一人格者として彼に向き合うことができたのですから…。
さぁ、お行きなさい。あなたの心の信ずるままに。あなたの一番大切な人のもとへ。


さて、私は戻らねばなりません。
次元のはざまを漂っている意識を実体化させておくには、私の魔力は少々弱くなりすぎました。

私は、あなたがとても好きでしたよ。私の愛した人に どことなく似ていました。

おや、またもやお喋りが過ぎたようですね。どうも昔からお喋りが好きでして。

ではまた。ごきげんよう。
ありがとう。