アナザーストーリー第1話 「ゆきをアイす」

「だめだよ、とーや。さくらちゃんのアイス取っちゃ…」

「ゆひもふうか?」

「……」

左右に振られた御首の麓には、この世のものとは思えないよーなお美しい鎖骨が、夏服の隙間から見え隠れしていた。
瞳を伏せたそのお顔は超絶的に美しゅ〜て、もうどないしまひょ?

雪兎さまは、ふぅっと麗しすぎる吐息を漏らすと、さくらちゃんの目の高さまで身体を屈めて、こうおっしゃったと。

「ごめんね、さくらちゃん。新しいの、買ってくるね」

「い、いえ…、雪兎さん。そんな…」

いつもながら雪兎さまの、その気配りに、さくらちゃんは勿論、その場に居合わせた小狼くんや知世ちゃんまでも、うっとりしていた。

いや…正確には、雪兎さまご自身も気付いておられない『必殺悩殺ウルトラグレートスペシャルボンバー』な微笑みと、雪兎さまから漂うそこはかとない芳しい奥ゆかしさと、しなやかな風情。
決して押し付けがましくない、さらりとした(梅酒)… いえ、優しさと気配りが、何とも言えない魅力を醸し出してるんだわさ。
友枝小学校の健全な児童たちは、たちまち雪兎さまの魅力に参ってしまったとな。

(はにゃ〜ん、やっぱり雪兎さんて素敵だよぅ…)

(素敵ですわぁ、月城さん…)

(お、おれ… おれってやっぱり…だったのかぁ! かぁぁぁぁぁ)


*******


奈久留ちゃんのアイス奪取攻撃も何のその。
桃矢くんの恋人の雪兎さまは、まるで意に介さず、余裕で圧勝したそうな。
さすが、雪兎さま。やっぱり桃矢くんの恋人の器でごわす。
スケールが違う。

「ゆき…」

「なに?」

「アイス、取られちまった」

「もともとは、とーやがさくらちゃんのアイス取ったんでしょ?」

「うう…」

「ちょっと待ってて。ぼく買ってくるから…」

雪兎さまは、麗しい微笑みをダダッ子桃矢くんに残して、アイスを買いに行かれたと。

「お待たせ〜。はい、どうぞ」

「あれ?なんで一本なんだ?おまえの分は?」

「ぼくは、いいよ。とーや食べて…」

「……じゃあ、おまえが先に一口食え」

桃矢くんは、雪兎さまの超かわいらしいお口元に、アイスキャンディを…
ああ、雪兎さまの超かわいらしいお口の中にアイスキャンディが…
あああ、お口に含まれて…
あああ、雪兎さまぁぁぁ…(気絶悶絶)

そのアイスキャンディの一片は、サクッとかすかな音をたてて、雪兎さまの超かわいらしいお口の中に含まれて、とろけていったと。
10年もののワインのような芳醇なグレープ味のアイスキャンディは、雪兎さまのお口に含まれて、超幸せだったと。(くっそ〜)>

「美味しい。すごく美味しいよ、とーや」

にっこり微笑まれる雪兎さまを見て、恥らう桃矢くん。
照れ隠しに、雪兎さまがお食べになったアイスキャンディを、ガブリと食べたそうな。
間接キスはグレープ味?

「うまい。…今度はおまえの番だ」

桃矢くんは、今まさに自分が食べたアイスキャンディを、またまた雪兎さまの超かわいらしいお口元に持っていったと。
ああ、雪兎さまの超かわいらしいお口の中にアイスキャンディが…
あああ、お口に含まれて…
あああ、雪兎さまぁぁぁ…(気絶悶絶)
ダブル間接キスは、やはりグレープ味?

桃矢くんの画策は見事であったと。
まんまと、一本のアイスキャンディを、我らが麗しの雪兎さまと順繰りに食べた桃矢くんは確信犯だわな。



そうこうしているうちに、突然のにわか雨。
(いきなりです。)
あっという間に、雪兎さまの制服はずぶ濡れになり、華奢なお身体にぴったりと張り付いてしまったとな。
ホワイトシャツからのぞく麗しい白い腕も、美しい首筋のラインの終着点である鎖骨も、さらさらと頬にかかる絹糸の髪も、桜色の唇も頬も耳たぶも、雨でびっしょり濡れてしまった…とな。

なんという美しさ…
水もしたたるいい男という形容が俗っぽく聞こえるほど、雨の中に佇む雪兎さまは絵になっていた…とな。

「うわっ。なんだ、いきなり雨か」

「すごい雨だね。ぼく、傘持ってないや」

「おれもだ。しゃーねーな、おれン家で濡れた服と濡れた身体、乾かしていけよ、ゆき…」

「うん…」

「走ってくぞ」

「うん」

どしゃぶりの雨の中、お身体のラインが綺麗に浮き出た雪兎さまは、桃矢くんに手を引かれながら、木之本家へと走ったそうな。



ちょ〜〜〜っと待った。
桃矢くんは、濡れた服と濡れた身体って言ってるがや。
ということは、やはり…
(くぅぅ…だめだめだめ〜!雪兎さまにそんなこと…。でも雪兎さまがいいなら…)

お笑いTOP