CAUTION!(次のような方はご遠慮下さいませ。)

センスのないつまらんお笑いがお嫌いな方、基本的に雪兎さまたちをお笑い系にしちゃイカン!と思われている方。

 

アナーザーストーリー第2話 「雪兎さまと桃矢くんと月夜の銭湯」

(11月。月夜の月城邸。雪兎さまのお部屋。麗しの美少年二人。)



「ぼく、初めてなんだ…。今夜…」

「な、なんだよ。いきなり…」

雪兎さまは超絶麗しい瞳をキラキラと輝かせながら、桃矢くんに切り出したと。

銀に縁取られた眼鏡の奥の超絶素敵な瞳が、ちょっと悪戯っぽく輝いていたの

で、桃矢くんはすっごいドキドキドキしたそうな。

突然「初めて」宣言された桃矢くんは、そりゃ内心びっくりくりくりだわな。

ついに今夜かぃ?という期待に胸ふくらみ(胸!)、喜色満面&狂喜乱舞したい

気持ちになったっちゅーのは想像に難くないがな。

…が、そこはじっと我慢して理性を保っていかねばならんっちゅーのが、男一代

純情桃矢くんの業だわな、決して業を煮やすでないぞぃ。

あたりはもうすっかり夜の帳がおりていたんだと。

夜という演出効果が、雪兎さまの美貌を殊更にあげておるのか、その、白い…と

いうよりも透明色に近いお顔からは、いつにも増してろうたけた雰囲気が溢れだ

し、桃矢くんてば、いっそこのまま潔くゆきに魅入られてしまおうかぃ!なんぞ

と思ったそうな。

雪兎さまの魅力は、まるで出口の見えない迷路!

一歩、雪兎さまの世界に足を踏み入れると、その超絶麗しい微笑みと鎖骨に魅了

され、二度と元に戻れんっちゅーわけだわさ。

月城邸ラビリンスの世界は、今日もデンジャラス!

雪兎さまの鎖骨のために流した桃矢くんの鼻血が、月城邸の緑の庭園を染め尽く

し、年がらねんじゅう紅葉が楽しめるっちゅー噂は本当かいな?

雪兎さまの麗しい瞳、柔らかい頬、朱の唇、細いうなじ、しなやかな指先、お手

おみ足、ほのかな髪の香り、上品に伸びた美しい腕、そして…そして…そして…

ああ…この世のものとは思えないほど超絶麗しい、一世一代の雪兎さまの鎖骨!

雪兎さまの超絶麗しい鎖骨を、間近から拝見するっちゅーのはファンの夢!

でも、雪兎さま全体のお姿を引き≠ナ拝見したいっちゅーのも本音なのだわ。

ああ…ファンはいろんなアングルから雪兎さまを見つめていたいのだわ。

雪兎さまぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!




「……だからね…それで…。って、とーや聞いてる?」

おっと!これはまずい!桃矢くんの心はすでに、雪兎さまとの今宵ひと夜のトキ

メキあばんちぅるにぶっ飛んでおったのだわ。

手順と段取り間違えんよう、目的と手段取り違えんよう、血管ぶち切れそうに

なりながら、ナイトなシチュエーションとやらを考えておったんじゃと。

今夜は絶対CHU〜どまりにするんだぃ!とか思う桃矢くんてば今日も純情!



「とーや…?」

「…あ、わりぃ。…なんの話だっけ?」

すっとぼけて照れ隠ししとるがな。

「…初めてなんだよ、ぼく。ちょっと不安…」

「ああ…そりゃそーだよな」

あくまでも平静装う桃矢くんてば、超絶確信犯だわな。

「なにか準備とかいるのかな〜?」

「…ん、んなのいらねーんじゃねーのかっっっ?」

すでに桃矢くんの心臓バクバクでんがな。

「…う〜ん、でもなぁ…」

雪兎さまは、格子窓から注ぎ込んでくる月の光に視線を送り、ふぅっと麗しい

ため息を一つ漏らしたんだと。あああ…雪兎さま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

「だ、大丈夫だ、ゆき!心配すんな。」

「ありがとう、優しいね、とーや」

桃矢くんは、この時思ったそうな。優しくしてやろうと…。

「き、気にすんなっ!だから、その…慣れれば、慣れるもんだっっ!」

「ふ〜ん、そうなんだ…。でもなぁ…」

雪兎さまは、麗しすぎる瞳をすぅっと伏せながら、尚もお言葉を続けたそうな。

「服はどこで脱げばいいの?」

「…ぶはっ!」

桃矢くんは、まんまなセリフの雪兎さまの可愛さに思わず吐血したと!

「んなの、いちいち気にするな!お…おれに任せろ…。」

「…え?」

きょとん。

あああ… 雪兎さまの、きょとん攻撃食らってもーた!桃矢くん無事か〜?!

「…でも、やっぱりちょっと最初は恥ずかしいよね」

「…あ、ああっ…、それも慣れだっっ!」

桃矢くん必死。

「お金とか払うの?」

「…ゲホッ!」

桃矢くんは、むせ返ったとな。

「んなの、払わんでいい!なんでおれがゆきに買われなきゃいかんのだ?」

「…え?それって買えるの?」

「…買えん!」

…どーもなんだか…会話が、かみ合わないんだわな。

しばらく何か考え込んでいた雪兎さまは、無邪気な瞳を桃矢くんに向けてニッコ

リ微笑まれたと。

「…う〜ん、なんかよく分かんないけど、とにかく行ってみるよ、ぼく」

「……はい?いずこへ?」

雪兎さまの「行く」っちゅーお言葉の真意がつかめず、桃矢くんはきょとん!



「銭湯だよ、せ・ん・と・う!ぼくん家のお風呂、どーもこの間から焚き付け悪く

てさ。とうとう壊れちゃったみたいなんだ。だから今日は初めての銭湯〜♪」




「……はっ……(絶句)」




桃矢くん、絶句してもーたがや。

どーも会話がかみ合わなかったのは、このはなはだこっ恥ずかしい勘違いのせい

だったんだわな。

おまけに語尾に♪つけられちゃ〜、桃矢くんてば立つ瀬なしでんがな。

雪兎さまは、しょげた桃矢くんを横目に、超絶しなやかな身のこなしで、素早く

銭湯の準備をし始めたそうな。

「えっと…、タオルにシャンプーに、それからローション…!」

今の桃矢くんにとって、雪兎さまのローションというお言葉が、なぜかズキンと

胸に響くのであったのだと…。(謎)



「とーや、今夜ぼくん家泊まってくでしょ?さくらちゃんは修学旅行でスキー教室

だし、藤隆さんは出張だし…。ぼく、ちょっと行ってくるから待っててね〜♪」

雪兎さまは、薄手のダッフルコートを羽織ながら、満面の笑みを。あああ…。

「……行ってらっしゃい…」

力なく雪兎さまを見送る桃矢くんの背中に、哀愁が漂っていたのは確かだわな。



…って、待てよ。銭湯って、銭湯って、もしかして…!(桃矢くん気付いた!)



「ま、待て!ゆきー!!」

雪兎さまは、もうすでに月夜の道を垣根づたいに歩き始めておったと。

桃矢くんてば、取るものもとりあえず、裸足のまま雪兎さまの後を追ったと。

霜月の夜半に裸足は冷たかろーて。

電柱の街灯がまるで意味も成さないほどの月明かり、それさえも美しい雪兎さま

の微笑みの前では、色あせてしまうんだわなー。

…雪兎さまの微笑みは、夜空を彩る星のまたたき。

…雪兎さまの鎖骨は、夜空に渡るミルキーウェイの輝き。

あああ…雪兎さま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。



「…あれ?とーや、どうしたの?そんなに血相かえて」

「お、おれ…おれ…。(ぜぇぜぇ)」

「…なに?」

「…おれ、おまえが……」

「なに?」

「おまえが、風呂好きだって知ってる。だから、もういいんだ!」

「え?」

「…だから行くな!銭湯行くな!」

「どうして…かな?」

「だから、つまり、その…、銭湯だといろんなヤツいるし(それに見るし)…」

「…うん」

「だから、ゆきをそんなところに(しかも一人で)行かす訳にはいかないんだ!」

「…なんで?」

「なんでもだ!行くな!」

「…うん、分かった。(よく分からないけど…)」

桃矢くんは、ひとまずホッっとしたそうな。

「ゆき…おれ…おまえが…」

「……?」

「…いや、いい」

「なぁに?言いかけてずるいな〜、とーやは」

「…いや、今夜は月が高いなーと思ってな」

「…うわ〜、そう言えばそうだねぇ」

夜空を見上げる雪兎さまの超絶麗しい横顔に、そっと優しく密やかに月の光が

舞い降りたとな。

降り注ぐ月明かりが、ゆっくりとゆっくりとお二人の距離を縮めていったとな。

桃矢くんは、そっと雪兎さまの肩に手を回しながら、その細い身体を引き寄せた

んだとよ。

(…ゆき。銭湯行きが未遂で終って本当によかったよ…。)

「…ん?何か言った?」

「…いーや、何でもねぇよ」

桃矢くんは自分が裸足だっちゅーこともすっかり忘れて、しばし雪兎さまの

お肩を抱き抱きして超絶幸せだったんだと。

抱き寄せられた身体の温もり、心地良さ、雪兎さまは、桃矢くんにそっと寄り添

い、うっとりと瞳を閉じたんだと。

「ねぇ、とーや。月の光がたくさん降り注いでくるね」

「…ああ、そうだな」



「今夜は二人で月光浴の銭湯と洒落こもうぜ!」

…なんだかこの辺が、純情桃矢くんらしいといえば、らしいかもだわな。




「独占禁止法は、おれには通用せん!」

…という訳で、このあと木之本家のお風呂を借りた雪兎さまは、そのまま桃矢

くんと(何事もない)一夜を過ごされたそうな。

そして翌日には、お二人でらぶらぶらぶクッキングをされたそうな。(^^#)

完。




雪兎さま〜〜〜〜〜〜〜〜〜、お幸せになって下さいませ〜〜〜〜〜〜〜。

らぶらぶらぶ雪兎さま〜〜〜〜〜〜〜。らぶらぶらぶ〜〜〜〜〜〜〜〜。


OWARAI TOP