うららかな陽にたゆたう一夜の夢のような春も
烈しい夏の陽射しを遠慮がちに追いやった秋も過ぎ
再び冬がやってくる。
ぼくがあの人に出逢ってから4度目の冬が。
木枯らしに泣く枯れ枝も、霧の中に霞む灯火も、寒色に彩られた冬の街並みも、
待っているんだね、暖かい春の陽射しを。
儚いひとときの温もりを求めるように、雲の隙間の陽に照らされながら…。


淡灰色した冬の空は、あの頃のぼくに何となく似ている。
哀しくて、切なくて、危うくて、孤独で。
ぼくは…ずっと独りだった、ただ一人の人に逢うまでは…。
流した涙を雨に変えて、孤独な心を霧に閉ざして、
そうしてぼくは出逢ったんだ、雨上がりの虹のようなあの人の温もりに。
初めて出逢ったあの瞬間から、この眼が…、心が…、ぼく自身が…
おずおずと震えながら待っていたのは、かけがえのない温かな微笑みだった。


自分の宿命に背を向け、愛する心を隔絶していたあの頃のぼく…。
本当は分かっていたんだ、誰が一番大切か…何が一番欲しいのか…。
怖かった、ぼくを知るのが。
ぼくの心を覗くのが。
何より、あの人をぼくの人生に巻き込んでしまうのが…。


でも…
“それがおまえの愛し方なのか!”と、本気で怒ってくれた人。
“おれはそんな愛され方なぞ、望んじゃいない!”と、涙してくれた人。
“おまえごと全部おれが引き受けてやる”と、深い眼差しで見つめてくれた人。
“二人で幸せになろう”と、永遠の愛をくれた人。
ぼくの孤独も、ぼくの哀しみも淋しさも、ぼくの総てさえ、
優しく包み込んでくれた人。



人ではないぼくが…
人として…
このひとときの幸せをこの身に享受できるのは…


とーや…


ぜんぶ、ぜんぶ、あなたの曇りのない深藍色の瞳が傍にあるからなんだよ。
千や万の愛の誓いよりも、伏し目がちに微笑むその暖かさで分かる…
優しく触れたくちびるで分かる…


だからぼくも、もう誤魔化さない、自分の心を。
閉じ込めた哀の言葉を愛に代え、たった一人のかけがえのない人に捧げたい…


ぼくも…
愛しています、全存在をこめて…。

 



hiokoさんの素敵イラストに、こんなへっぽこな詩をつけてしまいました。
イメージ壊しまくりで、本当にすみませんでした。(T_T)
こんな場所までお付き合いして下さった皆さま、ありがとうでした〜。