Happy Birthday(前編)


バイトを終えた桃矢の足は、まっすぐ雪兎の家に向かっていた。

吹く風は枯れ枝を揺らし、淡灰色の空が今にも泣き出しそうな寒い夜。

繁華街では年末のイルミネーションが輝きはじめ、21世紀の幕開け準備に

余念がない。

雑多な往来、人々の慌しさ、師走特有の“時間の早送り”の中、自然と

桃矢の足も速まってしまう。

「今日も寒いな。」

桃矢は黒いロングコートの襟を立て、たっぷりと余裕のある裄丈の袖に

懐手をしながら、愛しい人の家を目指していた。

どちらともなく互いの家を行き来するようになっていた高校時代からの

慣例は、二人が大学に進学した今でも続いていた。

…そして、互いが互いを必要と感じ、想いを確かめ合ったあの日から、

二人の逢瀬は、特別なものになっていった。

少しだけぎこちなく始まった、二人だけの時間だった…。



   ゆきに 逢いたい…。

   己の心がそう叫んでいるのを桃矢は感じとっていた。

   心の行き場を求めて、ただ愛しい人の待つ家に向かう足が更に速まる。




   そして、この世でたった一人の愛する人の訪問を焦がれているのは、

   誰よりも雪兎自身だった…。

   自分が人間ではない事への不安も、孤独も、漠然とした未来への焦り

   も、桃矢と一緒にいる時だけは、忘れられた。




「今日はバイト忙しかったからな…。ゆき、待ちくたびれてんな、きっと…。」

頬に突き刺さるような寒風に肩をすぼめながら、桃矢は通いなれたいつも

の道を早足で進んでいった。


垣根づたいの一角まで来ると、荘厳にして堅牢な月城家の門柱がある。

桃矢は、雪兎の家を訪ねる時には必ずその一角に立ち、愛しい人への

変わらぬ想いに身を引き締めるのだった。

   ゆき…。

一歩足を踏み入れると、そこはまるで別世界のような気品と風格が漂って

いる。

威風堂々・流麗な構えの門柱とは対照的な月城家の佇まいは、ひっそりと

奥ゆかしい。

まるで、たおやかで優美な主に同時化しているように…。

慌しい師走時間とは明らかに趣を異にしている厳かな空間で、桃矢は、

愛しい人の姿を見とめた。

あまりの美しさに、思わず息を飲む。


「ゆき…。」

   おれを待っていてくれたのか。

   わざわざ軒先に出てまで。

冷え切った桃矢の身体と心が、ふわりと温かくなっていく。

「とーや、寒かったでしょ?」

雪兎はそっと、桃矢を玄関に招き入れながら、桃矢の全てを優しい微笑みで

包み込んだ。

「わりぃ、待たせちまったな…。」

バイト帰りの荷物を、玄関の回廊に敷かれたマットの上に置きながら、

すまなさそうに身を縮めて、桃矢は雪兎にチラと目配せしてみせる。

言葉の代わりに、柔らかい陽だまりのような微笑みが返ってきた。

決して桃矢を咎めたりしない雪兎の優しさ…。

どこまでも健気な気高い微笑みに、桃矢の心はすぐに幸福で満たされた。

気持ちが安らぐ…、癒される…、

雪兎のふわりとした優しい空気が漂うこの瞬間が、今日も愛おしい。


「…こんなに冷たくなってるよ。」

そう言いながら、雪兎の細い指先が桃矢の頬にそっと触れた。

「大丈夫だ。おれには、ゆきがいるから…。」



    おまえだって…、おまえだって寒かっただろ?



添えられた白い手をそっと外しながら、桃矢は雪兎を優しく抱き寄せた。

「あ…。」

「もう…これで寒かないさ。」

「とーや…。」

「おまえも寒くないだろ?」

「…うん。…あったかいね、とーや…。」

「そうだな…。」

「…ほんとに、あったかい…。」

「…ゆき……。」




「愛してる…ゆき。」

心の奥に染み入るような、深い深い桃矢のささやき。

桜色に染まっている耳元にそっと接吻しながら、桃矢は更に深く雪兎を

抱きしめていた。

ぎゅっと抱きしめた細い身体の鼓動が早くなっていく愛おしさ…。


「ぼくも…。」

密やかにつぶやく雪兎の声が、まるで覚めない夢を見ているように甘く熱く、

桃矢の心を潤していく。


桃矢は少しだけ身体を緩め、雪兎の頬を両の掌で包み込みながら、静かな

眼差しを向けた。

「あったかいな、ゆき…。」

「うん…。」

見つめ合う二人。

唇が、いつしかそっと重なっていった…。



ささやく吐息までも凍てつくような寒い夜でも、こうして二人一緒なら

とても暖かい。





「とーや、ご飯できたよー。」

「おう。」

「今夜は寒いから、おでんにしたよ。」

雪兎は、味見用の小皿を片手に、居間でくつろぐ桃矢に満面の笑みを向けた。

華奢な身体に纏った萌黄色のエプロンは、先日桃矢が買ってやったもの

だった。

「ほぅ、美味そうだな。」

引き戸に手を掛け、身体を屈めながら、桃矢が台所に入ってきた。

長身ゆえに、頭頂部が引き戸の鴨居にぶつかってしまう事もしばしばある

桃矢は、家内の移動には、必ず身体を縮めなければならなかったのだ。

その姿を見ると、決まって雪兎は笑う。

「ごめんね、とーやは背が高いから不自由だよね…。あはは…。」

「おまえなぁ…。おれの姿がそんなに可笑しいか?」

「…ううん、そうじゃなくて…。なんだか、とーや、“ごめん下さい”って

感じで、可愛いなぁって思って…。あはは…。」

「ふん。笑ってろ。」

「ごめんね。でも、ほんと可愛いなぁって思って…。だから…。あはは…。」



    そーやって、おれの傍でいつも笑ってろ。ゆき…。



「そ…そのエプロン、似合うな…。」

「あ…、これ?機能的だけどデザインいいし、すごく気に入ってるんだよ。

ありがと、とーや。」

真っ直ぐな雪兎の微笑みが返ってくる。

「そうか…。」

少しだけ視線をずらしながら桃矢も答えた。



「あっ!そうだ!とーや、味見する?」

「あ?ああ…。」

雪兎は桃矢の返事を聞き、再び満面の笑みを浮かべた。

出来あがったばかりの鍋の蓋を取ると、食欲をそそられる良い匂いが

台所に立ちこめた。

ざっと5〜6人分はありそうな具材を菜箸で軽く整えながら、

「取り敢えず、これだけで足りると思うんだけど…。う〜ん…もうちょっと

作った方が良かったかなぁ…?」

と、真剣に考える雪兎に、桃矢は苦笑した。

「いや、きっと足りると思うぞ。」

「そうだよね。」

背中越しに聞える桃矢の声に頷きながら、雪兎は小皿に具材を取り分けて

いた。

手持ち無沙汰な桃矢の視線は、雪兎の後ろ姿の美しさを追っていた。

引き締まった美しい身体のラインと、流麗な身のこなしに、瞳を奪われた

まま…。

「はい、どうぞ。」

くるりと回れ右をした雪兎が、味見用小皿を桃矢に差し出した。

雪兎の美しい立ち居振舞いに見入っていた桃矢は、はっと我に返り、

慌ててそれを受け取った。

「こ、これ…。」

桃矢は絶句してしまった。

「そっ。がんもどき!」

「お…おれが嫌いなの分かってて、わざとなのか?」

「ううん。わざとじゃないよ。とーやに偏食無くして欲しいし。それに…。」

「それに…?なんだ?」



「ぼくが作ったものなら、何でも食べてくれるかなぁって思ったんだ…。」

「……ゆき。」




「…そうだな、おまえが作ってくれたんなら。…でもその前に…。」

言うが早いか、桃矢は雪兎の身体を片手で引き寄せていた。

「あ…。」

突然の抱擁に意表をつかれた雪兎は、桃矢の胸にすっぽりと入り込み、桃矢

の動向を探っていた。

小皿で塞がれた桃矢の利き手…、それとは反対の手が、雪兎の細い顎を

そっと持ち上げた。

唇が重なる。

「…ん。」

「これでチャラにしてやるよ…。」



雪兎の朱の唇にそっと接吻した桃矢は、にっこり微笑みながら、小皿に盛ら

れた具材を頬張った。

「うまいよ…。」

「…とーや。」

「おまえが作ってくれたモンだかんな。」



「うん…。」

雪兎は、微笑みながらそっと接吻を返した。


二人だけの時間はゆっくりと過ぎてゆく。



年に一度の特別な日まであと、5日…。


後編(1)に続きます。

はぁぁ…。相変わらずのへこたれ文です。(T_T)
雪兎さま〜〜〜、ごめんなさい〜〜〜。(T_T)

雪兎さまフェスティバルの、プレお祝い編です。

Novels TOP    HOME