ETERNITY RING 第1話「恋のプレリュード」

 
夜風が秋の匂いを運んでくる。
もう夏も終わりなんだね。
カナカナカナ… 格子戸越しに聞こえる ひぐらしの声が切ない。
うつせみになっていかねばならない時の流れを、残酷なほどに感じながら、それでも
そうやって精一杯鳴いているんだね、過ぎ行く夏を惜しむように…
一人…
そっか、ぼくも一人だったんだ…
住み慣れたこの家の空間が空洞化され、冴え冴えとした冷たい夜の感触が、ぼくの居場所を否応無しに奪っていく。
今までのぼくの思い出は全部創られたもの…、ぼく自身の思い出じゃない。
おじいちゃん… おばあちゃん…
ぼくが見た幻影の中でさえ、優しい笑顔と温かなぬくもりを注いでくれた。
ぼくが見た淡いまどろみの中でさえ、柔らかな安らぎを与えてくれた。
ありがとう… あなたたちに出逢えて嬉しかった…
でも…もう、いないんだね。
…もう、いなかったんだね。
…その温もりに触れ合うことは出来ないんだね。
あなたたちの優しい笑顔は、もう、どこにもない。

擦り込まれた記憶の断片を繋ぎ合わせて、想い出のかけらが出来上がっていく。
それでも、ぼくの想い出はリセットされたままだった。
だけど…

ぼくの中で、いや、ぼくという創られた存在空間を越えて、ぼくは永遠の人に出逢った。
ぼくの想いに気付かせてくれた人。
一緒に思い出を創っていこう、と言ってくれた人。
ぼくの中に眠っていた色あせない恋の奇跡を、呼び起こしてくれた人。
夢の中でさえ求めて止まなかった温もりで、優しく包み込んでくれた人。
唯一の存在の証しであったぼくの孤独≠ウえも、愛していると言ってくれた人。
ぼくが、ぼくである、ぼくを… そのままのぼくを好きだと言ってくれた人。
「ぼくの思い出」が「ぼくたちの思い出」に変わっていくこの瞬間を、失いたくない、手放したくない、壊したくない。
ほかの誰でもない、このぼくに向けてくれた優しい眼差しを、一瞬でも曇らせたくない。
でも、ぼくは… 本当は…
だけど…本当は…

一人…

そっか、ぼくは一人じゃなかったんだ…

ぼくを愛してくれる人が、こんなにも近くに、いる。

*****************


格子窓から差し込む月光が、少し固めのスプリングのベッドに降り注いでいる。
彼が何度目かの寝返りを打つ。
絹糸の柔らかい髪を、枕の端にさらさらとおろしながら、雪兎は傍らで眠る彼の背中を見つめていた。
僅かな月光量が、広い背中のあちらこちらに美しい陰影を作っている。
引き締まった彼の身体の腰から下には、陽の香りを吸収したタオルケットが軽く掛けられていた。
均整のとれた逞しい背中に浮かびあがった肩甲骨が、彼の寝息と共に微かに動き、えも知れぬ造形美を醸し出している。
雪兎は、彼と共有しているタオルケットの端をそっとつかみながら、微かに吐息をもらした。
右手でそっと、太陽の香りがするような彼の背中に触れてみる。
そこから伝わる抗いきれない熱い想いと、一緒に眠れる奇跡のようなこの瞬間を、雪兎はいとおしいと思った。
この広い世界で、たった二人だけで眠れるこの安逸の場所が今は全てだった。


「眠れないのか?」
刹那、雪兎の身体が見る間に硬直する。
起こしてしまった。
彼の眠りを妨げてしまった。
そして何より、彼の背中に見とれていた自分の姿が恥ずかしかった。
そんな雪兎の動揺を尻目に、背中を向けたまま、彼の言葉は続く。
「なに、考えてたんだ?」
タオルケットの端をぎゅっとつかんだまま、雪兎はかすれた声でつぶやいた。
「あ…あの…、眠れなくて…、それで…、あの…。」
「…」
「ごめんね…、起こしちゃった、よね?」
「…」
無言のまま、彼はそっと態勢を変え、穏やかで神秘的な瞳を雪兎に向けた。
「この月の光よりも、おまえの方がもっと綺麗だよ。」
月光に輝く雪兎の柔らかい髪を、指に巻き付けながら、彼は耳元でそうつぶやいた。
たまらず雪兎は、つかんでいたタオルケットで顔を覆った。
胸の鼓動がどくんと早鳴り、タオルケットに隠された自らの顔が見る間に火照っていくのを感じていた。
「…ゆき。」
彼の手が優しくタオルケットに触れる。
「どうしたんだ?おれは…」
そして、タオルケットを静かにずらしていく。
美しい輪郭と、白さよりも白い透明な雪兎の顔が、再び月光にさらされる。
「ゆき…」
「とーや…ぼく…」
二人は見つめあったまま、動くことすら出来ない。
互いに大切な存在、一瞬の全てをかけても尽くしきれない愛しい想いが交差する。
雪兎は、長い睫毛に縁取られた大きな瞳を時おり伏せながら、声にならない声でそっと相手の名前をつぶやいた。
「…とーや。」
「おれは、ここにいるよ…。おまえを愛しているおれが、ここに…。」
「…うん…」
「忘れるな、おれはここにいる。おまえはもう、一人じゃない。」
「…うん…」
彼の真剣な瞳に吸い込まれるように、雪兎はそっと静かに目を閉じた。



そして… 刹那よりも永く、永遠よりも儚い夢のような時間が流れていく。

二人の崇高な想いは、互いの温もりを伝え合い、求め合うことで更に強まっていった。


軽い惰眠の後、彼は雪兎の髪を撫でながら、瞼に軽くキスをした。
「さっき、なに考えてたんだ?」
「え?」
「眠れないほど、なに考えてたんだ?」
雪兎は、細い指先を彼の頬にそっと添え、柔らかく微笑みながら、答えた。
「とーやのこと…」
彼は、ふ…っと笑ってみせ、次の瞬間、思い出したように、雪兎の指の先に光る銀色のものに視線を注いだ。
月の光に照らされて、雪兎の左手の薬指の上に鈍い光を放っているそれを見た彼が、静かに問いかけた。
「それ…」
「うん…、あの時、とーやが買ってくれた…」
「まだ持っていたのか?」
「うん。これはとーやが初めてぼくに買ってくれたものだから…」
「ゆき…」
「今夜は、月の光が綺麗だから…だから…これを…」
「ゆき…」

二人の記憶が、あの夏の夜の甘美な想い出へとフラッシュバックしていく。

第2話へ

Novels TOP    HOME