++ Nadeshiko's Birthday short story
**5月20日は撫子さんのお誕生日ですキリリクショートストーリー「たとえば今のように」へようこそ(^^)

++ CAUTION
*-------------------------次の方は直ちにご退出下さい。
甘々が嫌いな方、イチャモン目的の方(^^;)
管理者の意向をご理解していただけない方。
※キスシーンがあります(^^;)苦手な方はご注意下さい。
*-------------------------------------------------

     
「たとえば今のように」

美しい瞳の奥に隠された、気高い強さが好きだ。
淡く色づく桜色のくちびるからもれる、甘い吐息が好きだ。
さらさらと流れる細い髪の、芳しい香りが好きだ。
どこまでも真っ直ぐで無邪気な、白い微笑みが好きだ。
総てをふわりと包み込み、優しく癒してくれる空間が好きだ。
この気持ちをどう伝えたらいいのか分からなくなるくらい、
おれは…おまえと一緒にいる時が好きだ。

たとえば今のように…        



今は亡き母の写真を、毎朝替えるのが父の日課だった。
温かい質感のある木目調のフォトスタンドの中で、母が微笑んでいる。
まるで本当にそこに存在して、おれたちを見守っているかのように…。

「撫子さん、お誕生日おめでとう」
ダイニングのテーブルに置かれたフォトグラフに、優しい笑みを向ける父の顔を、久々に間近で見た。
以前から出張や対外的な講義などで多忙な父と、大学に進学したおれが朝から顔を合わすのは滅多にないことだ。

「今日は36回目のお誕生日ですね」
深い深い眼差しだった。
その慈しみの眼差しを莞爾と湛えた父の顔を、おれは一生忘れない。
眼鏡の奥の瞳が、静かに微笑っている。
最愛の人に向ける眼差しは、かくも鮮烈な慈愛の表情を作るものなのか。
母の死から、9年。
それでも、父の表情は一向に曇らない。
いつでも、どんな時でも微笑っている。
永い年月をかけて培ってきた意志的な男の顔だ。

おれは…このおれは、どうなんだろう…。
ただ一人の愛する人に、こんなにも優しく包み込むような眼差しを向ける事が、はたして出来ているんだろうか。
ゆき…… ただ一人、おまえだけに…


「桃矢くん、どうかしましたか?」
「え?」
「僕の顔に何かついています?」
父は、やんわりと笑みを向けて尋ねた。
無意識のうちに、父の顔に見入っていたらしい。
まるで人生の凝縮図のようなその顔に…。

「あ…、いや何でも…」
微かに苦笑しながら答えるおれに、父は心なしか目を細めてにっこりと微笑み、言葉を続けた。
「そうですか。じゃあ、そろそろさくらさんを起こしてきてくれますか?せっかくの朝食が冷めてしまうからね…」
「ああ…。んじゃ、起こしてくっか」
手にしていた朝刊をテーブルの上に置き、カタンと椅子から立ち上がると、
「お願いしますね。今朝はさくらさんの大好物のオムライスですから」
という、父の笑顔が更に柔和になった。
つられるように、おれの頬も緩んでしまう。
久々に交わす父との会話に、妙な安堵感を覚える。
この感覚は、ゆきと一緒にいる時と似ている。
ゆったりと流れる時間の中で、おれは確かに投影させていた。
ただ一人の愛する人との安らぎの空間を…。

「月城くんも…」
え…?
階段を上ろうとして背を向けたおれの身体が、一瞬ピクッと動揺した。
思いもかけず、父がゆきの名前を口にしたのだ。
「父さん?」
思わず、振り返る。
そこには、相も変わらぬ父の優しい笑みが待っていた。
「月城くんも呼びましょうね、今夜のパーティ」
「あ…」
「撫子さんも喜ぶと思いますよ」
にっこりと微笑みかける父の視線から逃れるように下を向いたおれの顔は、たぶん赤い。
…そうだった。
おれの心など、いとも簡単に見透かされてしまう…昔からそうだ。
おれが何を思い、誰を欲しているのか…今の父なら、たなごころをかざすように分かってしまうに違いない。

おれの動揺を感じ取ったのか、父はすぐに話題を切り替えてくれた。
「あ…ああ、呼びとめてすみませんでしたね。さくらさん、夕べは遅くまで宿題をやっていたようなので、なかなか起きられないかもしれないですよ」
「朝メシ、オムライスだと言えばすぐに起きるさ、あいつ」
「あはは。そうかもしれないですね。冷めたオムライスはあまり美味しくないからね、我が家のお姫様を宜しくお願いします桃矢くん」
「ああ…」
おれはわざと平静を装いながら、短く答えた。

何も言わない父、何も言えないおれ…
いったいどっちが正々堂々なのか?
(そんなの、とっくに分かりきっている事じゃねぇか…)
ゆき…おまえの事になると、おれは急に臆病になる。
誰よりも何よりも失いたくないのは、おまえだけだ。

…そうか。
だから母さんは迷わず選んだんだ。
自分を一番大切に想ってくれる人を。

おれも…おれの大切な人を、最期まで正々堂々愛し抜き、守り続けたい。
父さんのように…
そして…
あんな風に年を取っていきたい、おれの愛する人と一緒に…。



空が高い。
光の乱反射が、午後の空を殊更に青くさせているようだ。
ベランダに出て思いきり伸びをすると、心地好い風が頬を撫でた。
今、1時半。ゆきが来るまで、あと1時間もある。
「じゃあ、2時半にな」と、さっき電話を切ったばかりだ。
こんな事なら、もっと早めの時間を言うべきだった…。
そわそわと落ち着かないのは、この驚くほどの空の青さのせいだ。
浮き足立ったおれの気持ちをすりかえてみたところで、それは強がりにしかならないだろうな…。
ゆき…
くそぅ…、こういう時の1時間はやけに長く感じる…。
そうでなくても、最近あまり頻繁には会えないのに…。
手持ち無沙汰に、ベランダの手すりに頬杖をついて外を眺めていると、聞き慣れた声が飛び込んできた。

「とーや!」
耳に馴染んだその声のする方を見ると、片手に抱えきれないほどの花束を持ったゆきが、こちらを見上げて大きく手を振っていた。
ゆき!
輝いている。
陽の光りが、ではなく、ゆきが…。
煌いている。
新緑の香りが、ではなく、ゆきが…。
おれは、ゆきの顔からこぼれる眩しいほどの笑顔に見惚れていた。
あんなにも可憐な笑顔を、おれのために…おれだけのために向けてくれている。
強がりでもすりかえでもない、おれが選んだ最愛の人…
「ゆき!」
おれも、手を振り返す。
溢れる笑みを満面に浮かべながら、ゆきは更に大きく手を振った。
「ごめんねぇ、早く来過ぎたかなー?」
「いーよ、早く入ってこいよ」
親指を立てて中に入れというジェスチャーをするおれに、何度も何度も頷いてみせるゆきの髪がさらさらとなびく。

階段を下りるのももどかしく、おれはゆきを出迎えるために、玄関へと回りこんだ。
あがる息と共に急かされた熱い想いを、こんなにも持て余している…
そんなおれはきっと、滑稽に見えるんだろうな…。

キイッと軋んだ音をたてて、門扉が閉まる音がした。
ゆきの足音が近くなる。
カチャッ。
微かな金属音がして、玄関のドアが開いた。

「とーや!」
白い花束に埋もれそうなゆきの微笑み。
ふわりと舞い下りた雪の精のように清楚で清々しい。
ゆき…
おれは一瞬にして、トランス状態になった。
電流が身体を突き抜けるようなこの感覚…。
美しく佇むその姿に絡めとられ、香る花々が色あせてしまうほどの微笑みに魅せられて、動くことすら出来ない。
淡い藤色をした七分袖のパーカーからのぞく細い腕が、今日は一段と白く見える。
大事そうに抱えているのは、生前母が絶やす事のなかった白いカスミソウの花だ。
空いている右手が、花々を庇うようにそっと添えられている。
健気なその姿に、胸の奥がじんじんした。

「ゆき…」
やっとのことで声を発したおれに、ゆきは屈託のない笑顔を見せる。
「ごめんね、約束の時間まで待てなくて…迷惑じゃなかった?」
白く柔らかい微笑みが、おれの心を満たす。
「ばか。ンな訳ないだろ…」
「おじさんとさくらちゃんは?」
「夕食の買出しだ」
「そっか…」
「上がれよ」
「うん。あ…、その前に…」
「…?」

「お誕生日おめでとうございます。撫子さん」
身体を低くしながら、玄関の御影石に飾ってある母のフォトグラフに目線を合わせて、ゆきは微笑んだ。
「なんとなく、撫子さんには白い花が似合うかなぁって思って…」
抱えていた白い花束をそっと手向けたゆきの横顔に、少しだけ淋しそうな表情が浮かんだのは気のせいだろうか…。
なぜそんな顔をする?
おまえはもう…、一人じゃないだろう?

「ありがとな、ゆき…」
「ううん…」
小さく首を振る愛らしいゆきの姿に、おれの心も緩やかに解かれていく。
ゆきのために何でもしてやる、おれが出来ることなら何でも。
「とにかく、上がれ」
「うん、お邪魔します」

スリッパに刷きかえるゆきの顔からは、さっき僅かに覗かせた淋しそうな表情はすっかり消えていた。
いつものように、おれを見つめて屈託なく微笑っている。
でも…
おれには見せていいんだぞ、おまえの淋しさも脆さも我が侭も、総て…。

「茶、入れる。そのへん座ってろ」
お茶の用意をするために、おれはそのままキッチンへ向かった。

「待って…」
次の瞬間、背後に温かい感触が重なった。
ゆき…?
おれの背中にそっと寄り添うゆきの感触…とても優しくて、心地好い。
流されそうになる…このまま抱きしめてしまいたくなる…。
「ゆき、急にどうした?」
背中越しに伝わるゆきの鼓動が、幾分か早い気がする。
「とーや…」
「どうしたんだ?」
「ごめん、ごめんね、とーや。お茶はいいから、暫くこのままでいさせて欲しい…」
そう言いながら、ゆきはおれの背中にぎゅっとしがみついた。
「ゆき…」
「こうしていると心が落ち着くんだ…とーやの温もりに、もう暫く触れていたい…」
「ゆき……」
「ぼくはいつだって我が侭だね…ごめんね、とーや」
「ンな事ねぇよ」
じっと前を見据えながら、ゆきの白い細指を強く握った。
伝わってくる…、ゆきの想いが…ゆきの健気さが…
ゆき…、本当はおれだって…

「ホントにごめん。久しぶりにとーやの顔見たら、なんだかとっても嬉しくなっちゃって…そしたら、とーやに触れたくなって…それで…」
「ゆき…」
「ああ…ほんとにもう、ぼくはとーやに甘えてばかりだね」
「ゆき…」
「とーやの背中の香りが好きだよ。あったかい陽の光りをいっぱい吸い込んだ優しい香りだから…」
ゆき…おれも…
たまらず、おれは向きかえり、ゆきの腕を取って身体を引き寄せた。
「あ…」
反射的に上体を翻そうとしたゆきは態勢を崩し、そのままおれの胸の中に傾れ込んだ。
ゆきの体温がおれに重なる。
ゆきの瞳がおれを見つめる。
「大好き…とーや…」
甘く響くゆきの声が、すーっと心に染みわたって来るようだ。
抱きしめた腕を更に強めながら、おれは言った。
「…ずっと一緒にいような、ゆき…。おまえだけが…好きだ…」
「うん…」

どちらからともなく、くちびるが重なる。
「ん…」
軽く重ねたくちびるの隙間から、ゆきの甘い吐息が漏れる。
美しく整った輪郭に沿ってくちびるを滑らせながら、おれは耳元でそっと囁いた。
「好きだ…」
何もかもが愛おしい。
白い陶器のように透き通ったゆきの首筋を、指先でなぞってみた。
「あ…」
甘い吐息が再び漏れる。
「ゆき…」
柔らかい耳朶にそっとキスをすると、細い身体が微かにビクンと震えた。
「ああ…あ…」
熱い吐息を漏らすゆきの顔から眼鏡を外し、おれは更に深くゆきのくちびるを求めた。
「ゆき…」
「んん…はぁ…ああぁ…」
哀しいほどに甘いゆきの息づかいが、おれの吐息と交じりあう。
緩やかに、そして強く、ゆきのくちびるを蹂躙するおれの頭の中は、熱に侵されているようにあつい。
「ゆ…き…」
「ああ…あ…」
ゆきの身体から力が抜け、おれたちは口付けを交わしたまま、その場に
へたり込んでしまった。

ダイニングの床に座り込み、暫く抱き合ったまま呼吸を整える。
まだ熱く火照っている互いの顔を見合わせて、おれたちは苦笑した。
「わりぃ、久しぶりだったから、加減を忘れた…」
細い顎を軽く持ち上げながら、冗談まじりにそう言うと、ゆきは真っ赤になって頬を染めた。
「もう…」


おれに寄り添い、まぶしい笑顔を見せるおまえが好きだ…
いつだってどんな時だって、おれの心を優しく満たしてくれるおまえが
好きだ…
おれは…ゆきと一緒にいる時が一番好きだ…

たとえば、今のように…        





撫子さん♪
special thanks : illustration hioko sama


母さん、誕生日おめでとう。
おれは、かけがえのない幸せを手に入れた…。
母さんがそうであったように、おれも一番に愛する人を見つけた…。
おれの総てをかけても惜しまないほどの、大切な人を…。

これからもずっと、そこで見守っていて欲しい…。

父さんとさくらとおれと…
そして…
…ゆきのことを…。


ありがとう




FIN (01/5/20)


*-------- 111112hit踏み踏みして下さったhiokoさんに捧げます〜♪(^^#)
へぼへぼだけど許してね〜。こんなんでホントにごめんねぇ〜〜。(T_T)
素敵なイラストを拝見していたら、雪兎さまサイドのお話も書いてみたくなりました。
いつになるか分かりませんが、また貰ってやって下さいますか〜?
(おそれおーいぞ〜!^^;)


Novels TOP    HOME