春風のメタモルフォーゼ   -Metamorphose-

- 前編 -


花は、夢ひといろ
夢は、淡かげろう

儚いものですねぇ…。
この見事な桜の花びらも、時がくれば散ってしまいますが、
潔い散り際は何よりも美しいものです。

たとえばそれは、
大海に漂う小船のように
風に舞う木の葉のように
霞に閉ざされた灯のように
ただ、ひどく曖昧に、じわじわと、じわじわと
わたしを蝕んでゆくのです。

急がねばなりませんね…『彼』を…。
きっと、自分でも笑ってしまうくらい、あなたに似てしまうのでしょうけれど…。

いつの頃だったでしょうか、
あの大きな桜の木の下で、いつの間にか眠ってしまったあなたの頬を、昼下がりの光斜線がゆらゆらと揺らしていましたね。
あなたが、わたしの前でこんなにも無防備に眠ってしまうことは本当に珍しいことだったのですが、陶器のようにしっとりと美しいあなたの横顔をいつまでも見つめていたくて、わたしの読書はすぐに中断してしまいましたっけ…。

いいでしょう、ゆっくりとおやすみなさい、
悪戯な小鳥たちが、あなたの眠りを妨げないように、わたしはここにいますから…。
氷のように研ぎ澄まされたあなたの精神が、ひとときにせよ心穏やかになるのなら…わたしは、ずっとここにいますから…。

創造(誕生)させましょう。『彼』を…。

春にたゆたう桜の花びら、
夏に煌く大輪の向日葵、
秋を知らせる桔梗の紫、
冬を耐え忍ぶ待雪草、
思えば、あなたとの思い出の傍らには、いつも美しい花々がありました。

あと何年、
いいえ、あと何ヶ月、あと何日、あなたと一緒にいられるのでしょうね?

わたしが潰え去る前に…『彼』を…。

もし万が一にも、わたしに幾らかの果報がまだ残っていたとして、再び形(生命)あるものに生まれ、あなたに巡り会うことができたとしたら…、
運命の呪縛から逃れ、一人の人間としてあなたと向き合うことができたとしたら…、
…その時こそきっと、あなたを離しませんから。

貴なる瞳は琥珀に輝き、
詞を紡ぐ唇は淡い鴇の色をして、
絹の光沢を持つ髪と、
雪を欺く白い素肌の『彼』は…
不思議ですね……やはり、どこかあなたに似てしまう…。

生まれ、活き、老い、そして形(生命)あるものは全て、
いずれ山野の土に還ってゆかねばならないのです。
平等にそれはやってくるのですから、わたしも例外ではありません。

不世出の魔術師という肩書きは、わたしには邪魔なだけだった…。
どんなに立派な社会的地位も、わたしには必要なかった…。
全てを失ってでも、ただ…あなたが必要だった…。

昼と夜、光と闇、白と黒。
あなたと『彼』は対極にありながらも、
共存であり共鳴であり、そして共栄なのです。

この可憐に舞い続ける桜の花びらに、記憶の全てを封印しましょうか。
いっそ潔く、わたしも散ってみせましょう。
あなたが目覚めても哀しまないように…。
あなたが目覚めても微笑んでいられるように…。

新月の闇にも映える『彼』の煌き(オーラ)…。
やがて『彼』は、しっとりと、密やかに、息吹と鼓動を刻み始めるのです。
月・城・雪・兎…。月城雪兎として…。
たおやかに美しく…。

ですから、わたしの最期の願いを聞いてくれますか?
せめて、あなたが眠っている間に逝けますように…。

ひっそりと咲き誇る、わたしだけの美しい月(ユエ)の花へ…。
感謝と慈しみと深い愛をこめて…。



いつも同じ夢を見る。
それは決まって暖かい春の午後。日本、ではなく、遠い異国の地。
どこかバロックの名残りのような豪壮で瀟洒な洋館には、美しい花々に囲まれた広大な庭園が広がっていて…。
小鳥は歌い、舞い、色とりどりの春の花は芳しい香りを漂わせている。
チューリップ、デージー、虞美人草、それにスノーフレーク…。
庭園の片隅にある大きな桜の木の下で読書をする片眼鏡の壮年は、穏やかに微笑み…、
その傍らには、とりわけ人目を惹く長髪の美しい若者がいて…、少し離れた芝桜の上では、黄金の成獣が翼を休め午睡をする。

そう…いつも、同じ夢。
まるでその場に身を置いているような感覚。
懐かしくて、温かくて…。
遥か遠い記憶の彼方、確かにそこに居たような気がする。
そう…だって、ぼくは…。
その答えが分かるまで、随分遠回りをしてしまったけれど…。

夢の中では、皆、楽しそうに笑い合い、語り合っていた。
長閑に平和に。
なのに…。
彷徨するぼくの夢路の先には、いつも、あの人の悲しい顔があった…。
切ないほどに、苦しいほどに。
ぼくはしっかりと覚えている、あの人の苦悩の一片をも逃さずに…。
ああ…そうだ、これは夢。
ぼくがそこに存在しているはずもない夢。
だけど、ぼくは知っている…その情景を。その思いを。

読書をするあの人の瞳の先にあるものは、書物でもなんでもなく…ただ、傍らで眠る美しい若者の姿だった…。
あの人は、いつもそうやって愛する人を見つめていたんだ…。
死期が近いであろう自分の生命と向き合いながら、それでも穏やかに微笑んで…密やかに、密やかに…。
ああ。何という深い愛。

きっと、ぼくには耐えられない…。
とーや…。きみのいない世界なんて…考えられないよ…。
ぼくは…どのくらい生きるんだろう?
どのくらい生き続けなければならないんだろう…?
100年…1000年…もっと?
ああ、それでも…。愛してる、という言葉が擦り切れてなくなってしまうくらい、愛してる。

「とーや…」
彼の寝顔を見つめながら、そっと呟いてみる。
愛してる…。
どくんどくんと脈打つ彼の胸の鼓動が心地好くて、いつの間にかぼくは、深い眠りの淵へとおちていった。



あれ?ここは…。
暖かい春の昼下がり、瀟洒な洋館、広大な庭園を彩る春の花々。
気付くとぼくは、そこに居た。
ふわり…。
身体ごとすっぽり異空間に入り込んでしまったような、それでいてとても現実味を帯びているような、不思議な感覚だった。
甘い香りを含む春風が、さらりと頬を撫でる。
その異国の空気を、すーっと胸いっぱいに吸い込むと、妙に心が落ち着いた。
ここは、いったい…。

春風に揺らぎながら様々に表情を変える花々の向こうには、大きな桜の古木があった。
その木の下で、誰かが手招きをしている。
誰?
長い黒髪の、片眼鏡の、そして穏やかな瞳で微笑むその人が誰なのかは、すぐに分かった。
ぼくを呼んでいるの?
否、ここにはぼくしかいない。
深い月の色がよく似合う美しい若者も、黄金の光を放つ成獣も、ここにはいない…。
これは…夢、なのだろうか?それとも…。
それを確かめたくて、ぼくは手招きするその人の方へ歩き出す。
一歩一歩、確実に。
そして、その人の姿を眼前にした時、不意に胸の奥がざわついた。
「クロ…」
クロウさん…そう呼びかけようとしたぼくに、言葉が重なった。
「やっと…お会いできましたね」
まるで水が流れるがごとく、心にすっと染み入る声。
懐かしくて、温かくて…。
「あ…。あの…」
すぐに言葉は出てこなかった。
可笑しなくらいその人の存在に圧倒され、気後れしているぼく。

その人は、静かに言葉を紡いだ。
「あなたにお会いしたかった…そして、謝りたかった」
微かな憂いを含むその人の言葉を、ぼくは心の淵で聞いていた。
クロウ・リード。ぼくを創造(誕生)させてくれた人の言葉を。

「あなたは、やっぱり似ていますね…」
額にかかるぼくの髪をそっとかきあげながら、クロウさんは苦しそうな顔でぼくを見つめた。
「クロウさ…ん…」
やはり、言葉が出なかった。
目の前にいるクロウさんは、今にも涙が零れおちそうなくらい悲しい顔だったから。
……ほんの数秒かもしれない。
その後すぐクロウさんの顔に穏かな微笑みが戻った。(ような気がした)

大きな桜の古木を見上げながら、クロウさんの話は続く。

「わたしには、とても愛する人がいました。
深い月夜の闇紫がよく似合い、氷のように研ぎ澄まされた精神の裏側に、微温の優しさを併せ持っているような、美しい人でした。
何も要りませんでした。不世出の魔術師という勲章も、未来への称号も、地位も名誉も財産も、全てなげうって壊してしまいたいほど、わたしにはその人だけが必要でした」

「クロウ…さん」

「わたしは…あなたを創造し、誕生させました。
あなたの意識の及ばないところで、あなたの意志とは関係なく、あたはわたしの魔法によって、生かされなければならなかったのです。『人間にあらず』という運命の足枷を背負いながら…。
そして、ユエは…あなたを『盾』にしながら存在する…。
許してください。愛する者を護るための、わたしのエゴイズムを。
だから、あなたに会って謝りたかった。ただ…謝りたかったのです」

………
ああ。そうだ…この風景、春風の香り。
この洋館も庭園も、あの美しい若者も黄金の獣も、そしてクロウさんの悲しみも…全て知っていたような気がする…。
懐かしくて温かい、心の中に封印されたぼくの思い出。
そう…。ぼくは、確かにここで生まれたんだ。
ぼくは人間ではなく、ユエ(月)の仮の姿だったのだけれど…。
ぼく(仮の姿)として生きることが、ぼくは決して嫌ではなかった。
だって、ぼくは…。

とーや…!
ああ…。だって。ぼくは、とーやと出逢うために生まれてきたのだから…。

だから…。
「ぼくは…あなたに…感謝しています」

……………
そよそよそよ…。
春風が吹いた。
…桜の花びらがひらひらと舞いおりる。
その花弁の導線を目で追いながら、クロウさんはふぅっと微かな笑みを浮かべた。
「わたしを、許してくれるのですか?」
「ぼくは…あなたに…感謝しています。ぼくを創ってくれたクロウさんに…。ぼくを桃矢に導いてくれたクロウさんに…」
…ぼくには、それ以上の言葉を探せなかった。
何よりも、ぼくの本心だったから。

ふっ…。
クロウさんの顔からは、さっきまでの険しいまでに張り詰めた悲壮感は消えていた。
「ありがとう…」
クロウさんの”ありがとう”は、ぼくの心を穏かに満たしていった。

「あなたは、やっぱり似ていますね、ユエに」
「ぼくが…?」
「ええ。純粋で清らかで驚くくらい綺麗なところが…。(本当にそっくりですよ、そうやって誰も責めない優しさも…。ただ傍にいてくれるだけで、わたしの心がすーっと優しくなるような、そんな人でしたからね、ユエも…)」

「けれども、あなたは一つだけ間違ったことを言いましたよ」
「え?」
思いがけないクロウさんの言葉だった。
”何が…?”
その真意が分からず、ぼくはただクロウさんの次の言葉を待っていた。

「あなたを『彼』に導いたのは、わたしではありません」
ニッコリ笑う片眼鏡の奥の黒い瞳が、優しく輝いている。
「あなたと『彼』は、わたしの思いも及ばぬところで、惹かれ合い、信じ合い、そして愛を育んでゆかれたのですから…。(そう、偶然ではない必然で…)」

……………
そよそよそよ…。
春風が吹いた。
…桜の花びらがひらひらと舞いおりる。


桜の香を胸いっぱいに吸い込んで、ぼくは精一杯、微笑んだ。
「ありがとう、クロウさん」



やっぱりこれは夢、…だったのかもしれない。
クロウ・リードがぼくに見せた幻影なのかもしれない…。
けれど、ぼくはあの時のクロウさんの優しい瞳をずっと忘れない。
クロウさんがぼくに伝えたかったことは、きっと、ぼくへの謝罪でも懺悔でもなく…ううん、もちろんそれもあるのかもしれないけれど…。
きっと、もっと温かくて優しい気持ち…。
未来を生きることへの勇気と、愛する人を想い続ける勇気…。

たとえ、それが…夢、だったとしても。
ありがとう、クロウさん。


前編、終。 後編に続きます


Novels Top*    *HOME


おーい!とーやく〜〜〜〜ん。どこだ〜〜?(^^;)
ごめんね、ごめんね、寝顔しか出てこなくてごめんね〜。(笑)
後編では、雪兎さまとらぶらぶらぶ♪してね〜〜。(^^#)
(何気に前半クロウXユエっぽい?^^;)
あああ、雪兎さま〜。あなたを悩ませてしまってごめんなさい〜。
愛しています〜〜〜。(だから桃矢くんはどうしたの?^^;)
こんなへっぽこSSに目を通して下さった皆さま…この場から「ありがとう」を…。(^^#)