◇ h i o k o さ ま へ ◇ キ リ リ ク シ ョ ー ト ス ト ー リ ー 「 真 白 な 雪 盲 - 序 - 」◇

  -ご案内-
  「真白な雪盲 - 序 - 」は、既にUP済みの「真白な雪盲」の 前編部分にあたります。
  どーしても自分的に前編が気に入らなくて、手直ししてからUPしようと思っていたのですが、
  なかなか思うように修正できませんでした。 やっぱりどう足掻いてもヘタレはヘタレということですね(T_T)
  hiokoさまより超絶素敵なイメージイラストを頂いております。いつもありがとうございます(^^#)



「 さよならね 」
「 あ? 」

「 別れましょう、私たち 」
「 お、おい… 」

「 そうすることが一番いいの 」
「 ちょっと待てよ 」

「 今まで楽しかったわ 」
「 いきなり ンなこと言われても納得できっかよ! 」

「 いきなりじゃないの。私なりに考えて出した答え 」
「 答えになってない!分かるようにちゃんと説明しろ 」

「 私、英吉利に留学するの。しばらく日本に帰って来られないわ… 」
「 …うそ…だろ? 」

「 あ。やだ。そんな顔しないで。しんみりするの好きじゃないの。
  ね?笑ってさよならしよう 」
「 ……できっかよ 」

「 できるわ 」
「 無理だ! 」

「 …不思議ね。もっと辛いかと思った。ううん、辛いのは事実。
  とーやに会えて良かったわ。本当にそう思ってる…。でもね… 」


    ――― でも、とーやの一番は私じゃないもの。今までも、これからもね…。


「 私が帰って来る頃には とーやには好きな人ができている… 」
「 また予言、か? 」

「 違う。…ううん、そうかもしれないな。私よりも もっと
  とーやを好きになる人。私よりも もっと とーやが夢中になる人 」
「 おれが……? 」

「 そう 」
「 …それは、それは歌帆じゃないのか? 」

「 だったらよかったのにね 」
「 …… 」

「 私の予言、これでもよく当たるのよ 」
「 そんなの、信じられっか! 」

「 ちょっと悔しいな。私が一番とーやを好きだったのに… 」
「 歌帆… 」

「 なーんてね 」
「 ふざけんなよ! 」

「 うふふ。とーやの怒った顔も結構好きよ。…それじゃ私 行くね。
  …元気でね、とーや。今までありがとう 」
「 歌帆! 」

「 あ、そうだ、あのね とーや。見えないものが見えてしまう能力、
  疎ましく思わないでね 」
「 あ? 」

「 その特異な能力が とーやの心を悩まし煩わせるかもしれないけれど…。
  でも大丈夫よ。とーやにとって、それはきっと邪魔には ならないわ 」


    ――― その “力” が いつか素晴らしい出逢いを与えてくれるから…。





〜 真白な雪盲 〜



 別れは 思いのほか早くやってきた。
それは、あまりに突然すぎて。
悲しいとか寂しいとか、そういう感傷に浸っている暇さえも与えないほど、 桃矢にとって、あっけない恋の幕引きだった。


 意外だった。不思議だった。
少なくとも失恋というのは もう少し辛いものだと思っていた。
もっと心の底から嗚咽したり、悲しみにうちひしがれたりするものだと…。
桃矢は、どこか冷静になっている自分に少なからず驚いた。


 少年の、ひと夏のほろ苦い思い出。
青く淡い初恋の終わりは 少年を少しだけ大人にした。



 やがて月日は流れ、いつしか失恋の痛みは懐かしい記憶に変わっていった。
初恋の終わり…同時にそれは新しい恋の始まり。
桃矢の知らないところで、桃矢の意識の及ばぬうちに「何か」が動き始める序章。

 そして美しく昇華された運命の出逢い。
決して偶然などではない、あの日、あの時、あの場所から始まった物語。

 それは桃矢が知った初めての恋。
果てしなく続く背徳という名の回廊を 幾度立ち止まったことだろう。
痛いほどに脇目もふらず追い求めた日々を 幾度振り返ったことだろう。
春光 夏雲の峰 秋寂び 冬麗ら……四季絵のごとく煌く季節の中に間違いなく君は、いた。
雪の兎という名を持つ 愛しい君が。


 泥土の芙蓉が瞬時に花開くように清らかで、また美しくも凄烈で。
狂おしいほどに愛しくて、猛々しいほどに失いたくなくて。
灼熱の太陽のごとく火照った気持ちを 抑えきれなくて。
しかしそれでも尚、力に任せて奪ってしまうには 純粋すぎて。
極寒の氷点の先に見出した微温湯のように、穏やかに満たされていく我が心。


そうだ、もう一生この手を、この想いを離すまい。


桃矢は歩き出す。
運命という名の恋に向かって…。


*




 頃は卒業まで残り一ヶ月の とある立春。
束の間の錦秋が過ぎ 友枝町に冬が訪れると、冬枯れの小枝に一枚二枚、名残惜しそうに葉が彩りを添えている以外は 見渡す限りの単調な冬景色に染まる。
木々の緑も今はすっかり色味を失い、辛うじて明度だけを保ってる状態である。

こんな日は はまるで本当に一降りきそうだ。


「 おはよう、とーや 」
「 よっ 」


「 寒いね 」
「 ああ。今日はまた一段と冷えるな。雪でも降るんじゃねぇか 」
「 うん。こういう日は『ぶたまん』が恋しくなるんだよねー。
  あ、何だか そう思ったら急にお腹がすいてきたよ。
  ね、とーや、教室に着いたらお弁当食べていい?」
「 げ!もう食うのかよ?おまえ…。
  今、早弁しちまったら2時限目まで持たねぇぞ 」
「 うーん、そうなんだよねぇ…。
  お腹減ってくると授業にも集中できなくなるし。
  じゃあ、そこのコンビニでサンドイッチ買ってっていい? 」

 こういった朝のやりとりは珍しくもないが、雪兎のあまりの無邪気さに、さすがの桃矢も苦笑するしかなかった。


「 つーかさぁ… 」
「 ん? 」
「 いちいち おれに断らんでもいいぞ。
  ゆきが食いたきゃそうすればいい 」
「 あ、そういえば そうだね。あはは 」
「 ま、ゆきらしくて いいんだがな 」

二人は声をたてて笑った。
桃矢が雪兎に、いや正確には月(ユエ)にだが、魔力を渡してからというもの、雪兎は本当によく笑うようになった。
魔力維持と温存のために 激しい睡魔に襲われていた頃とは見違えるほど。
消えかかっていた事さえ ともすれば忘れてしまうほど、その回復は早かった。
以前のように共に登校できるようになり、あまつさえ雪兎の微笑みを今まさに独占しているのは自分だ、と思えば自然と桃矢の口許も綻んでしまう。


「 ゆき… 」
「 なに? 」
「 あ…。いや、その…。いっぱい食えるってのは元気な証拠だ。
  だから誰にも遠慮せず どんどん食え。食は文化だ! 」
「 うん。じゃさ、サンドイッチと一緒に かぼちゃプリンも買っていい? 
  …って、そっか。とーやにお伺いたてなくていいんだっけ 」
「 いいよ別に 」
その方が、桃矢も張り合いが出るというものだ。


 コンビニで早弁用アイテムをしこたま買い込んだ雪兎は、何やらガザガザと袋の中を探している。
「 お、おい。何も今ここで食わなくても… 」
桃矢が言い終わらないうちに、雪兎がにっこりと微笑んだ。
その微笑みは、先ほどまでの無邪気なそれとは少しばかり異なっていた。
桃矢の身を案ずるような、労わりの表情とでも言うべきか。

「 はい、これ… 」
「 あ? 」
「 眠気覚ましのキャンディ。とーや、ごめんね。
  平気な顔してぼくと接してくれているけれど…。
  とーや、本当は未だ眠いんだよね… 」


 気づかれていた。桃矢は咄嗟にそう思った。
聡明な雪兎のことだから、桃矢の僅かな表情から 「 桃矢の後遺症 」 を見て取っていたのだろう。
雪兎にだけは気付かれないように平静を装っていたが、いつまでも隠し通せるものではないであろう事は 誰よりも桃矢自身が一番良く知っていた。
余計な心配をかけてしまった。無邪気な微笑みを曇らせてしまった。
そう思うだけで桃矢の胸はドクンと揺れた。


「 ごめんね。ぼくばっかり いい気になってはしゃいで。
  とーやがいてくれたから、ぼくはこんなに元気になれたのに。
  それなのに、ぼくは何も返してあげられない 」
「 んなこたねーよ。おれはもう十分返して貰っているさ。
  それに、おれの “力”をどう使おうと おれの勝手だ。
  おれは 今何をすべきか、おれにとって一番大切なものは
  何なのか考えて 最良の方法を選んだ。ただそれだけだ 」

 それは確かに桃矢の本音だった。
もとより雪兎よりも大切なものなど他にあるはずもないのだから。

桃矢の言葉を聞き終えた雪兎がコクンと頷く。
どこか冒しがたい気品に溢れた、まるで心に染み入るような美しい微笑みを湛えて。


桃矢は受け取ったキャンディの一つを頬張り、雪兎の後頭部を軽く ぽんと叩きながら微笑み返す。
「 ありがとな、これ 」
「 うん 」

「 ぬおおお。効くぜコレ。激辛っ 」
「 目、醒めた? 」
「 醒めすぎ。すっげーぜ、ゆきも嘗めてみろよ 」
「 そんなにすごいの? …ん? う、うわぁ何これ?辛ーっ 」
「 な?だろ、すげーだろ? スースーハーハー 」


  雪兎が己の恋心を自覚し、桃矢の “力” を受け入れてから、二人の仲は以前よりほんの少しだけ縮まった。
だが、互いに好きだと言い合えぬまま 親友以上恋人未満。

 いつかこの均衡が崩れる日がくるのだろうか。
いつか手を取り合って、存分に「好きだ」と言える日がやってくるのだろうか。
今にも泣きそうな灰色の空を見上げながら、桃矢は密かにそんな事を考えていた。



*



 昼休みを告げるチャイムと放送が校舎内に響き渡った。
各教室からは生徒たちの さざめきと笑い声が聞こえ、授業中のそれとは全く違う和やかな雰囲気に包まれる。


「 おい、ゆき。まだか? 」
「 あ、ごめんごめん。もうちょっと… 」
「 ったく… 」

「 あのー、メロンパン3個とサンドイッチ、ぶたまん5個に
  あっ!遠野・多田克彦牛乳500ミリパックも下さーい。
  それから、えっと… 」
『 あいよっ。毎度あり。へへへ、可愛いニーチャンには
  いっぱいマケとくよー。また明日も来ておくれー 』

売店のオバチャンとすっかり顔なじみになってしまった雪兎の食料の買出しに、桃矢は今日も付き合わされている。


 相変わらず彼の食欲は減退してはいない。
今朝、コンビニで買った食料も、結局2時限目が始まる前に平らげてしまった。
そう。むしろ魔力継承以前よりも健康的に食欲を増した、というような。
華奢な身体の割に食欲は成人男性の2倍、いや3倍といったところだろうか。
いったい、雪兎のどこにあれだけ大量の食物が収まっているのか…。

そうだ。腕だって、脚だって、あんなに細いのに。
首筋だって、耳朶だって、あまりに白く脆弱だ。
さらさらと揺らめく髪、琥珀の輝きを留める瞳、柔らかい唇。
形の良い桜色のそれは 彼が言葉を発するたびに しっとりと開かれる。
まるで春咲きの花がほころんだように、清く可憐に…。
 知らず、雪兎に魅入ってしまった自分に気づき、桃矢は慌てて我に返る。
「 いかん、いかん… 」
自分の顔をパンパンと軽く叩きながら、桃矢は頭を振った。


「 お待たせ、とーや。何がイカンなの? 」
売店で しこたま食料を買い込んだ雪兎が満足そうに戻ってきた。
桃矢の熱い視線を知る由もなく…。

「 なんでもねーよ。こっちの話だ。
  それより、お目当ての物は買えたのか? 」
「 うん。もうばっちりだよ。おまけしてもらったし。
  メロンパンもサンドイッチも買ったし、
  『ゴーヤチャンプルーのクッキー』に、
  『宇治抹茶コーラ』に、『因島はっさくゼリー』
  それから…。あ、これこれ!これだよ。
  20個限定超レアもの『水戸納豆風味うまい棒』
  これ 一度食べたら病みつきなんだよねー。
  いつも売り切れだったけれど、今日は買えてよかった。
  あっ、とーやの分もちゃんと買ってきたからね 」
「 はは…は… 」

レアものというよりキワものだな、そりゃ…。
桃矢は苦笑するしかなかった。
無邪気に微笑む彼に、これ以上何を望めというのだ。
何もいらない、と思った。
ただ雪兎の ふわりとした微笑みさえあれば他には何もいらない、と。
だが人間というのは時に多くを望むもの。
一を得れば十を望み、十を得れば百を望む。際限なく望んでばかりだ。
現に今だって…。

「 だめだ、頭がまとまんねぇ… 」
独り言のようにポツンと呟いた桃矢の一言を雪兎は聞き逃さなかった。
「 とーや…? 」
「 あ?わりぃわりぃ。ちょっとボーっとしてた 」

 刹那、雪兎の顔が曇り、琥珀に輝いていた瞳にも影が差した。

「 また…眠くなったの?例の後遺症…? 」
「 ばか。そんなんじゃねぇよ 」
「 でも… 」
「 いいから気にすんなって 」
桃矢は雪兎の前髪を撫でながら、更に言葉を続けた。

「 おれは、おまえが おれの傍で相変わらず
  微笑っていれば それで十分だ。
  前にも言ったろ?だから ゆきは何も心配すんな 」
「 う…ん… 」
「 さっ。早いとこ昼メシ食っちまおうぜ。
  もう腹減りすぎて限界だろ?ゆき 」
「 そう…だね。うん、そうしよっか。
  売店前の廊下で立ち話ってのも、ナンだしね 」


桃矢は雪兎の笑顔を確認すると、彼が抱えていた大きな紙袋に手を伸ばした。
「 よこせ。持ってやるよ。
  …しっかし、また随分買い込んだなー 」
「 あはは。そうかなぁ。今日はこれでも
  控え目にした方なんだけどなぁ。
  とにかく星條高校の売店のレアお菓子、
  全部制覇するまでがんばるよ、ぼく 」
「 おまえなぁ… 」

桃矢は再び苦笑した。
同時に 自分が先ほど放った言葉を、頭の中で何度も反芻していた。



おれは おまえが おれの傍で相変わらず微笑んでいれば それで十分だ。
本当に、そうなのか? 本当に、それだけでいいのか?

ホントウに?

逆巻くほどに愛しいこの気持ちは…
湧き上がる熱い想いは…
胸の奥深くに巣食う猛きものの正体は、恋。

コレの正体は 恋。

おれはまだ あいつに伝えてはいない…。
おれの胸に巣食う 熱くて痛くて愛しいものの「 正体 」 を…。

伝えてもいいのだろうか。
この想いは恋なのだと。
全てを賭してもかまわないほどに 焦がれた想いを、本当に伝えてもいいのだろうか。
他の誰でもない、おまえだけを、


アイシテイル、と…。



   前編部分終わり --------------------------------------







BACK