Final Fantasy8s Novel ラグナ × レイン
Maybe yes, maybe no(中編)

ウィンヒルに春が訪れた。
遅咲きの白い花の香り、小鳥のさえずり、木々の囁き。
長い冬の沈黙を破って、木も草も風も、春霞の衣を纏い輝き出す。

テュテュテュ…。
春告げ鳥が宙を舞う。
過ぎ行く刻を惜しむように…。春は儚き一夜の夢なのだ、と言わんばかりに。

長い間続いた魔女戦争の終焉。未来の魔女アルティミシアの消滅。
時は巡る。季節は平等にやってくる。
魔女の野望が潰えた今、ウィンヒルにも漸く本来の静けさと平和が戻ってきた。


幾度か季節を遣り過ごし、漸く彼は帰ってきた。
     ウィンヒルへ…。

 洗いざらしのシャツの袖を捲り上げ、ズボンのポケットに両手を突っ込みながら、ラグナはゆっくりと歩き出した。
肩まで伸びた漆黒の髪を無造作に後ろで束ねている彼は、壮年とは思えないほど若々しい。
驚くほどに端整な顔立ちは、昔も今も変わってはいなかった。

ウィンヒル…、見るもの聞くもの全てが懐かしい。
ラグナは、レインのパブには寄らず、まっすぐにウィンヒルの丘へと向かった。
高山気候特有の霧が発生している道を、記憶だけを頼りに進む。
数分、数十分歩いただろうか…、霧の切れ目から突如ウィンヒルの街並みが現れた。

澄みきった青い空、白い花々に囲まれた白い街並み。
丘陵から見える対極のコントラストが、清々しく冴え渡る。
ラグナは、あまりの絶景に目が眩みそうになった。
夢にまで見た懐かしい故郷…長閑な風景…。
全てあの日のままだった。
彼は歩みを止めて、ぬけるように透明な青い色の空を見上げた。

ウィンヒルは、もう春なんだなぁ…。

目を細めてそっと呟いた彼は、ポケットから両手を出し、ついと背筋を伸ばした。神妙な気持ちになってくる。

この辺だったな…。

ゆっくりと、ゆっくりと、その場所へと歩を進める彼の顔は、まるで若き日の青年のように紅潮している。
一面に咲く小さな白い花…その可憐な香りが、鼻先をかすめるだけで心地好い。
17年ぶりに訪れる思い出の場所で、ラグナは、すっかり感慨に耽ってしまっていた。
「しゃ〜ねぇな、しっかりしろ、おれ…」
ラグナはポツリと言い捨て、己の頬をパンパンと軽く叩いて前を見据えた。




「…帰ってきたぜ。長いこと待たせちまったけどな…」
深い静かな眼差しを注ぎながら、彼はそっとその場にしゃがみ込む。

(お帰りなさい…随分寄り道してたわね)

”彼女”も、ラグナを快く迎え入れてくれた。
待ち続けた男への恨み言の一つも言いたいだろうに。

「もう、17年も経っちまったんだな…。おれも年をとるはずだ」

(いろいろあったものね、ウィンヒルに来る前も、そして来てからも…)

「ああ、そうだな」

(あの時、あなた、ひぃひぃ言ってたわ)

「はは。華麗なる撤退だな。あん時は、ああするほかなかったんだ」

(負け惜しみね。”惨めな敗走”だったって、後でキロスに聞いたわよ)

「お、おわっ!なんだよアイツ。おれらがセントラ遺跡発掘現場に左遷されて、そこでエスタ兵にメタクソにやられて、崖っぷちに追いやられて、んでもってその目も眩むような岸壁から海へ飛び降りて、全身がズタボロになりながら命からがら逃げ出して、海に漂っていたところを漸く救助されたってこと、バカ正直にあんたに話したのか?」

(クスッ。あなたの方が、よっぽどバカ正直に思えるのはなぜかしら?)

”彼女”は、ズバリと言い当てた。

「お…おぅ?」
核心をつかれたラグナは、照れ隠しに漆黒の髪をクシャっとかきあげた。
「はは…は。結果オーライってな。結局おれは、ウィンヒルに流れ着いて、ベッドの上で半年もうんうん唸ってたんだよな。あんたの献身的な看病がなかったら、今のおれはないぜ」
はらりと乱れる黒髪が端整な顔にかかるのを振り払い、彼はバツの悪そうな顔をして”彼女”を見た。

(ふふふ…。安心して。ここにはあなたと私しかいないもの…。悪戯好きなそよ風と、おしゃべりな小鳥と、おとなしい野の花たちが、あなたのドジっぷりをこっそり聞いているだけよ。ふふふふふ…)

”彼女”が可笑しそうに笑う。

「なぁ、おれは…」
ラグナは言いかけた言葉をそのまま飲み込んだ。
そして、半ば独り言のようにポツンと呟いた。
「…少しくらいカッコつけさせてくれてもいいじゃんか」
    
少なくとも、あんたの前でだけは…。

おれたちの時間は、どこで止まっちまったんだろうな…?
もう17年?…まだ17年?
止まった時間はもう、元には戻せねぇのかな…?
あん時に還りてぇ。あんたとおれとエルと…。

な〜んてな。過ぎた事ぐだぐだ言っても、しゃ〜ねぇな。
おっと、エルの前で乱暴な言葉遣いはやめて、ってあんたいつも言ってたよな。
エルのやつ、真っ先に「しゃ〜ねぇな」を覚えちまったっけ。
目が覚めると、いつもあんたの声がしてたよな、
「ラグナ!いつまで寝てるの?早く起きなさい。働かざるもの食うべからずよ!」ってな。
あんたの小言が心地好い子守唄だった。
だからおれはまた寝ちまうんだ。そして朝メシは当然抜きになる。
しゃ〜ねぇな。
見兼ねたエルがこっそりメシ運んできてくれたんだよな、小さな手で一生懸命トレイを持ってな…。
「らぐなおじちゃん、これ食べて。エルの分食べて…」って。
結局あんたに見つかって、大目玉を食らったっけ。
はは…、懐かしいぜ。

おれは決して懐古主義者じゃねぇけど、ただ言えることは、
おれは…あんたを…
あんたを……

…アンタ ヲ ……レナカッタ。


(ねぇ、どうしたの?急に黙り込んで…)

「あ、いや、何でもない。そのうち、キロスもウォードも、そだ!エルも連れてくっからよ」

(まぁ、それは楽しみだわ。キロスもウォードも変わりない?)

「ああ、相変わらず三人でバカやってるぜ。けど…ウォードは…。
ウォードは、セントラ遺跡でエスタ兵と戦った時の後遺症で”声”を失っちまった。
追い詰められて崖から飛び降りる直前、最後に言った言葉が「楽し…かた…キロ…ラグ…ナ…三人で…楽…かた…ぜぇ…ひぃ…」だぜ。
今生の別れでもあるまいし…。少しはてめぇの喉の心配でもしろってんだ。
んな事言うウォードに、おれは”ぴよぴよ口の刑”をしてやったぜ!
ま、その後、何の因果か、また三人が出会っちまってよ…、んで今に至ってるって訳だ。腐れ縁てやつだな。
おっ!そうよ、キロスなんてすげぇんだぞ。ウォードが何を言おうとしているのか、すぐに分かっちまうんだから…。ま、今はおれも、ウォードの仕草見てれば大抵分かっけどな」

(…そうだったの。大変だったのね)

「おぅよ」

(エルは…、エルオーネは元気?)

「おぅ!元気よ。眩しいくらい立派なレディに成長したんだぜ。悪い虫がつかないように、おれがしっかり見張ってっから安心しな」

(それが一番不安だわ…)

「なっ、なんだぁ?」

ふふふ…。風に乗って”彼女”の笑い声までも聞こえてくるようだった。
フ…。ラグナもつられるように微笑み返した。
「また明日来っからな…」



……そうだ、全ては17年前から始まったんだ。
おれが、あんたに出会った時から…。
おれが、あんたの人生を変えてしまった時から…。

思えば、未来の魔女アルティミシアは、憎しみだけをその胸に懐いていた。
この世の全てに対して懐く憎悪の念は、やがて憤怒に変わり、その醜悪な気持ちだけで己を支配し、全人類を恐怖に陥れるのに充分な魔女だった。
     ジカンアッシュク。 - 時間圧縮 -
恐ろしい事を考えたものだ。

ラグナは想う。
『エスタの悲劇を再び繰り返さないために…魔女を倒さねば』
そう決意したのは、きっとレインのことがあったからだ、と。
彼女には悪いことをした…、してしまった。そうだ、過去完了だ。
結局ラグナは守れなかったのだ、彼女のことも、そして彼女が身を盾にして守ろうとした小さなエルまでも…。

オレハ アンタヲ ……レナカッタ…。


エル…。
17年前、魔女の「女の子狩り」の時に、両親を殺された天外孤独の少女だ。その時エルはまだ4才だった。
その後、隣りで小さなパブを経営していたレインがエルを引き取り、家族同然に暮らしていたのだ。
そこへ、ウィンヒルに流れ着いた瀕死の重傷のラグナが転がり込み、半年もの間レインの手厚い看病を受けることになる。

エルには不思議な”能力”があった。
『他人の意識を過去に送り込む』力。
エルがどういう経過でその力を身につけたのかは定かではないが、当時の魔女が、エルの”力”を欲しがっていたのは紛れもない真実だった。
もしも、悪しき魔女が、エルの”能力”を利用して、歴史を変えようとしていたら…過去の出来事が塗りかえられてしまう…。
過去を思い通りにした魔女は、やがて全世界を制圧し、人々に恐怖と絶望を与えるだろう。

暫くして二度目の「女の子狩り」が、当時エスタ国に君臨していた魔女アデルの陰謀により勃発した。
エルは、ラグナとレインの目の前で連れ去られてしまう。

ラグナは魔女アデルを追い、戦った。
愛するレインをウィンヒルに残して。必ずエルを連れて帰ると約束して。
悪しき魔女を、これ以上野放しには出来ない。


一応の勝利、いや、圧勝だ。
エルも無事に取り返し、ウィンヒルのレインの許に送り返した。
魔女アデルの支配から、エスタ国を独立させもした。

ラグナ、キロス、ウォード、そして…、そうだ…。
未来の魔女アルティミシアの野望も永遠に封印することが出来たのは、
スコールと、その仲間たち。
彼らの協力があったればこその勝利だった。



偉大なるハインの末裔である魔女。
いつの頃からか、魔女は悪しき存在として、忌み嫌われるようになってゆく。
だが、古来より良い魔女はたくさんいた。
「ママせんせい」と呼ばれ、皆から慕われている魔女イデアもそうだ。
彼女は、身寄りのない子どもたちを育てるためにバラムガーデンを設立し、情操教育にも心血を注いでいた。
そして同時に魔女イデアは、SEED(シード)制度を考案するようになる。
SEED…バラムガーデンの生徒なら誰でも憧れる称号だ。
それは、とりもなおさず魔女討伐のための、特殊訓練生の称号であり、魔女が悪しき力を発動すれば、全力でそれを阻止するように訓練されている。
魔女であるイデアが、魔女を倒すための特殊部隊を考案…考えて見れば奇妙な相関図だ。

だが、聡明なイデアは直感的に感じていたのだ。
近い将来、己の身が悪しき魔女に支配されてしまう日が来るかもしれないと…。
怒りに満ちた未来の魔女アルティミシアなら、いとも簡単に他人の身体を乗っ取り、その意識を自在に操る事も出来るだろう…。
己の意識の及ばぬところで、いつしか愛するガーデンの子どもたちをも傷つけてしまうかもしれない、罪のない人々を次々と毒牙にかけてしまうかもしれない…。
やがて、人々は恐怖と憎悪の目でイデアを見るようになるだろう。
純粋な愛に溢れる魔女イデアには、耐え難いことであった。

イデアの立場は複雑だ。
もしも自分の意識が悪しき魔女に支配されたら、その時には自分が愛し慈しんで育てたSEEDが自分を倒す。
同時に、SEEDの立場も辛い。
恩師であり、母であるイデアを倒さねばならない…、SEEDの命令は絶対的だ。
…そんな制度を作らなければならないほど、未来の魔女は強い怨念を持っているのだろう。


そして…。



そして…。
結局彼は一番大切なものを失った。

17年前のあの日あの時…。

オレハ アンタヲ マモレナカッタ…。

レイン         

完結編に続くです。


TOP■  ■BACK


++ なんじゃこりゃ談 ++ ムンバ。ラグナ様の親友なんだよ〜♪
Eyes on meのMIDIを下さった、けろけろさんに差し上げた(無理やり送りつけた)
へっぽこSSの後編(その1)です。(^^;)相変わらずでごめんなさい〜。(T_T)
何が何だか分からんですねぇ…。魔女が三人も出てくるし…。(笑)
レインさんの指輪のシーンは、いつ出てくるんだらふ?(^^;)







icon:JNK world様