Final Fantasy8
s Novel ラグナ X レイン
Maybe yes, maybe no(前編)


任務が終わった後に必ず立ち寄る小さなバーの片隅に、ラグナは今日も座っていた。


「くぅ、一仕事終わった後のこの一杯、五臓六腑に染み込むぜ!キロス、ウォード、遠慮しないでどんどん飲め」
ラグナはいつになく上機嫌だった。
気の置けない仲間と交わす酒の味は格別であり、ラグナの唯一の楽しみでもある。
彼の飲み仲間であり、悪友でもあるキロスとウォードは、やれやれと顔を見合わせ苦笑した。
「ラグナ君、気持は嬉しいが、君はこれ以上飲まない方がいい」
褐色の肌をした細身の男キロスが、あっさりと口を挟んだ。
理路整然と道理を説き、お調子者のラグナの迷走を軌道修正する事がキロスの役目であった…ラグナのおもり役というべきか…。
一緒にいる大柄な男ウォードも、コクンコクンと相鎚を打つ。
アバウトな性格のラグナと几帳面なキロスの間に立って仲介役を務めるウォードは、ひどく気のいい男だ。
性格がまったく異なるこの3人だが、なぜか馬が合う。
離れ過ぎず、近過ぎず、微妙な相関図がうまく調和を保っているようだ。
「だいたいだな、君は酒に弱いという事を…。って、ラグナ君、聞いているのかね?」

そんなキロスにお構いなしに、ラグナのマシンガントークは続く。
「だがよぉ…なんだか悲しい話じゃねぇか。なんで我がガルバディアの軍服はダサダサなんだ?ここんとこがこー、もっとお洒落っぽく出来なかったのかねぇ?それにひきかえ、エスタ兵の軍服はお洒落じゃねぇか、ええ?安い月給でこき使われて、おまけに軍服までダサくてよぉ、せめて酒でも飲まなきゃやってらんねぇぜ。はぁぁ、やりきれねぇぜまったく…。昔の人はよく言ったもんだ、火のないところに消防車はいらねぇ、ってな」

……
矢継ぎ早に繰り出されるラグナの言葉を一通り聞いた後、ウォードと目配せしたキロスが切り出した。
「…ラグナ君。ひとつツッコんでもいいかね?」
「おぅ?」
「それを言うなら、火のないところに煙は立たない、だよ。それにだ、ラグナ君。君のそのことわざは、前後の文章と何の脈絡もない」
キロスは常に冷静沈着な男だ。
二人のやりとりを聞いていたウォードが、クククと笑う。
「あー!ウォード君、笑ったな?今、笑ったな?おれがことわざ間違えたのがそんなに可笑しいか?ええ?ウォード君。罰として“ぴよぴよ口”の刑に処する(^ε^;)」
唇をぎゅっとつままれたウォードは、手足をばたつかせながらくぐもった声をあげた。
「うぐぐぐぐ…」
「おいおい二人とも、おふざけの時間はお仕舞のようだよ。…ラグナ君、あれを見たまえ」
珍しくラグナとウォードの仲裁に入ったキロスの指差す先には…

ジュリアだ        
ガルバディアホテルの地下にある小さなバーのピアノ弾き…。
ラグナは、ステージ上のジュリアの美しさに思わず息を飲んだ。
客席から拍手が起こる。
背中が大きく開いた濃紺のドレスに散りばめられた金銀のビーズが、スポットライトに反射して煌いている。
優雅に一礼すると、彼女はステージ下手側のグランドピアノに向かい、静かに指を弾ませた。
ラグナは今まで散々騒いでいた事さえ忘れたように、一心にジュリアのピアノの音に耳を傾けていた。

その音色は流麗で、どこかもの悲しい。
…ジュリア自身の心の叫びのように。

ねぇ あなたは気づいているのかしら?
あなたの穏やかな瞳に見つめられて、
あなたの優しさに包まれて、
私がどれだけ幸せだったか…

ねぇ、あなたは気づいていたのかしら?
あなたが私を見つめてくれているように、
私もそうしていたことを…
この気持は恋なのかしら?
そうかもしれないし、違うかもしれないわ

ねぇ、ダーリン、照れていないでこっちを見てよ
はにかんだ目の中に私が映ってる
私を見るあなたの目がとても好きだったわ
いつの頃からか好きになっていたの

ねぇ、この歌は最後の歌になるの?
私たちも最後の夜なのかしら…
そうかもしれないし、違うかもしれないわ
Maybe yes, maybe no

あなたが私に手をのばしてくれたら
夢を見ているんじゃない、って分かるのに…
じゃあ、こうしましょうか…
あなたの頬を思いっきりつねるの
そうすれば、あなたが夢を見てるんじゃない、
って分かるでしょう?


ラグナは、ステージ上のジュリアに見惚れっぱなしだ。
(ジュ…ジュリア…。今日も綺麗だな…)

その様子を見ていたキロスとウォードは、顔を見合わせながらニヤリと笑った。
「そろそろですか?ウォード君」
「おうよ、キロス君」
二人は軽く目配せすると、せーのでラグナの背中をトンと押した。
「おわわわわー!な、何すんだ?おまえらー!」
弾みでラグナの身体は、ステージで演奏しているジュリアの前に押し出された。
目の前にいるのは、毎夜バー通いをしてしまうほどに恋焦がれた美しいジュリアだ。
ラグナの心臓が早鐘のように高鳴る。
(お、おわっ。ジュリアだ、本物だ!どうするよ?おい。…近くで見るとますます綺麗だぞ)
彼女の奏でるメロディに合わせて、漆黒の髪がさらさらと揺れる。
その高貴な香りにも手が届きそうだった。
(ジュリア…いい香りだ、ちくしょう…)

美しいジュリアの前になす術もなく立ち尽くしているラグナに、キロスとウォードがこそこそと耳打ちする。
「おい、ラグナ君。きっかけは作ってやったんだからね、あとは君次第だよ、ねぇウォード君」
「おうよ」
「で…でも、ジュリアが目の前だ…。どうするよ?お、おれのみりきがジュリアにちゃんと通じるか…?」
すかさず、キロスとウォードが顔を見合せ笑い合う。
「みりき?(もしかして“みりょく”の事かね?ラグナ君)」
「みりき?(おぅよ?)」
「そう、おれのみりき!」
誰にでも好かれるカリスマ性はあるものの、ラグナはどうも国語が弱いらしい。

その時、ジュリアの演奏が終わった。
客席からたくさんの拍手が湧き起こる中、ステージ上のラグナの動向に自ずと視線が集まる。
「ジュ…ジュリア…」
ラグナの声は上ずって震えている。

彼女は、美しい顔にふふふと微笑みを浮かべると、しなやかな指でラグナをそっと手招きした。
「(ジュリアがおれを呼んでる…)夢じゃねぇのか?」
あまりの緊張のために、右手右足同時に出てしまうラグナを見て、ジュリアが声をたてて笑う。
「そんなに緊張しないで。前からお話したかったの」
「お、おれと?」
「ええ」
「本当に、おれと?」
「ええ」
「やっぱこれは夢か?人間万事さいおうが猿、って昔の人も言ってるしな」
「え?なぁに?」
「い、いや。な、なでもない!…なんかおれ、夢でも見ているようだ。目の前にジュリアがいるなんて…」
「うふふ、じゃあ、頬でもつねってあげましょうか?」
「い、いてぇー!」
「ね?夢じゃないでしょう?…もし良かったら私の部屋に来て。フロントに聞けば分かるわ。……迷惑?」
「ぜ、ぜぜん!」
「(くすくす)じゃあ、待ってるわ。ゆっくりお話したいから」
美しい微笑みを残しながら、彼女はステージを下りていった。
ラグナは勿論のこと、その場に居合せた皆が狐につままれたような面持ちだった。
類い稀な美貌を誇るピアニストのジュリアには、カーウェイ少佐をはじめ、ビックスやウェッジといったガルバディアの要人らが親衛隊を作るほどの人気があった。
その彼女が、事もあろうにラグナを誘うとは…。

「なんだか急展開になってきたようだね」
「おぅよ」
キロスもウォードも思わぬ展開に内心驚いてはいるが、何よりもラグナとジュリアを根気よく見守ってきたのも事実である。
ラグナもそれを充分に分かっている。
「…っしゃぁ!キロス、ウォード、いっちょカッコよくキめてくるぜ!」
ラグナは拳を振り上げ、身体全体で喜びを表現していた。



コンコン。
「どうぞ、開いてるわ」
「ジュ…ジュリア…」
「入って…」
「お、お邪魔します!」
直立不動のままドアの前に立ち、緊張する男の腕を取りながら、彼女は部屋に迎え入れた。
「(くすくす)まだ緊張しているの?リラックスして。ありのままのあなたに、ありのままの私の話を聞いて欲しいわ」
「で、でも…おれ…」
「(くすくす)ここに座って…。ワインで乾杯しましょうか」


……


「そんでよぉ、おれの夢はジャーナリストになる事なんだ。今はしがない一般兵かもしれないけどな。所詮おれにはマシンガンよりもペンの方が似合ってると思うんだよな。そーいや軍の研修の時にガンブレードってやつも習ったんだが、どうも相性が悪くてな、それからはマシンガン一直線よ。そんでキロスとウォードに出会ったんだけど…あ、さっきおれと一緒にいたヤツらだ。細っこくて褐色の肌で、髪の毛が縮れているのがキロス、根はいいヤツだが理屈っぽいのが難点だ。んでもって、太ってモサっとしてるヤツがウォード。コイツはガタイはいいが結構気が小さいんだぜ。だが気が優しいいいヤツだ。
あ…、話がズレちまったな。とにかくこれからいろんなとこ回りながら、まずはティンバーマニアックスにでも投稿してみようかと思ってるんだ」
ラグナは息つく暇もなく、話し続けた。
そんなラグナの話に惹き込まれる様に、ジュリアは時折相鎚を入れながら聞きいっていた。

ラグナはやっと我に返り、はっとした。
「あー!おれ、また自分の話ばっかりしてるぜ。わりぃ。今までこれで随分失敗してるんだよな、おれ。ごめんなジュリア、話があったんだよな?」
「ううん、もういいわ」
「おれ、酒が入って調子に乗ると話が止まんねぇんだ。なぁ、話してくれよ、あんたの話を聞く約束だったから、話してくれ」
「いいの、本当に。もう充分だわ」
「よくない!」
「いいのよ、もう分かったの」
「分かったって、何が?」
「……私の“歌”が、よ」
「ジュリアの歌…?」
「ええ…」
長い睫毛を伏せながら、ジュリアは優しく微笑んだ。
ラグナが座っているソファの隣りに、そっと腰を下ろしてジュリアはゆっくりと話し始める。

「私ね、歌手になりたいの」
「へぇ、すげぇな」
「だけど…だけどね、詞が書けないのよ。イメージはあるのに、書けないの。どうしてかしら?想いはあるのにいつも空回りで…毎日がジレンマとの闘いで苦しくて…。でもいつかきっと、誰かの魂に響く“歌”が歌えるようになりたい…」
「ジュリア…」
「あなたに会って、あなたとお話して、何となく分かったの」
「何が?」
「私の“歌”が…。それと、あなたから溢れる不思議な魅力、かしら」
「お、おれのみりき?」
「ふふふ…。今なら書けるような気がするわ、私の歌…」
そう言ってジュリアはソファから立ち上がり、ラグナを見つめた。

「…いつかあなたに聴いてもらえる日がくればいいんだけど」
「ああ、もちろんだ」
「また会える?」
「おぅ!」
「…ありがとう」




その後、ラグナはキロス、ウォードと共にセントラ大陸の遺跡発掘現場に左遷され、ジュリアと会う事は二度となかった。



数年後、Eyes on me というタイトルで発売されたジュリアの歌が大ベストセラーとなる。

中編へ


TOP■  ■NEXT


++ なんじゃこりゃ談 ++ サボテンダー。
Eyes on me をベースにしたへっぽこSS(前編)です。
MIDIを下さった けろけろさん に差し上げました。どうもありがとうございました。
私にしては珍しく♂X♀モノです。(笑)
前編は、ラグナ様がジュリアにぞっこん時代のお話(の、つもり^^;)
完結編は、レインさんに指輪を渡す例のシーン(の、つもり^^;)