Novels

 雪兎さまお誕生日おめでとう プレショートストーリー


 〜 ボ ク と ク リ ス チ ー ナ と 〜  -1-

なんてこった。
なんてこった。
なんてこった。

そんなこと、ある訳がねぇ。
ある訳がねぇんだ。

そうだ、きっとこれは悪い夢だ。
ははは…。
普通にあり得んもんな、そんなこと。
ゆきが…おれの ゆきが、よりによって そんなこと…。
ははは…はは…は……。
あり得ん、絶対あり得ん。

…ったく。
ゆきも人が悪いよなぁ。
よりによって あんな悪趣味な冗談…。
フ…。
おれが本気にするとでも思ってんのか?
フフフ、甘いぜ。
その手には乗らないぜ。
おれを担ぎ上げて、いったい何を企んでいる気だ?
あん? ゆきぃ…。

はは…は…。
いいだろうよ、おれも男だ。
済んじまったこと、今更ぐだぐだ言うようなケツの穴の小さい人間じゃねぇぞ、っと。
きっちり付き合ってやるぜ、その笑えん冗談にな。
はっはっは…(T_T)


…冗談…だよな…? ゆき。
冗談…で、いいんだよな?
うむ、冗談だ、冗談に違いねぇ。
だが…冗談にしちゃ ちょっとシャレになんねぇぞ、ソレ。
めっちゃキツいぞ、ソレ。

なぁ、ゆき…。
笑い飛ばしてくれよ、いつもみたいにさ。
なぁ…ゆき…。

うそ…だろ?
うそ…だよな?
またそうやって おれをからかって…。
おれの情けない顔見るのは そんなに楽しいか?(T_T)
おれが おまえにメロメロだって知っているくせに(T_T)

どうしてこう おまえってやつは、そんなに天真爛漫にアッケラカンとして そんな重大なこと サラッと言えちゃうワケ?(T_T)

しっかりしろ、おれ。
しっかりしろ、おれ。
しっかりしろ、おれ。


*


 事件は ゆきの誕生日も間近な 12月の とある日曜日、少しばかりアンニュイな午後に起こった。

昼メシ食って いい具合に満腹になったところで 突然おれの携帯がなった。
この着メロは…ゆきからだ
もしからしたら おデートの誘いかもしれねぇな。
「とーや、今すぐ逢いたいよ」なんてな…。
まじで?まじで? おれなら全然かまわんぞ。
なんなら このまま一緒に暮らしても全然かまわんぞ。
なぁ、ゆきぃ♪

うきうき気分で電話にでると、そういう状況じゃないってことはすぐに分かったさ。
携帯から聞こえる ゆきの声はひどく慌てていた。

『 あ、もしもし、とーや? 大変なんだ。すぐ来て 』

突然のエマージェンシーコール、声の様子からタダゴトではないことは察知できた。
そして、あいつの次の言葉を聞いた瞬間、おれの心臓は凍りついた。

「 うそ…だろ?そんな… 」

あまりのことに、おれは携帯を握ったまま絶句した。
情けないことに おれの手足はぶるぶる震え、真冬だというのに冷たい汗が背中を、身体中を流れて止まらない。

『 もしもし? とーや? 聞こえてる? 』

人間というものは、あまりの衝撃の時には声すらも発せない動物らしい。
だとしたら、例外なく おれもそうだ。
まさに青天の霹靂だった。
鼻から飲んだ牛乳が目から飛び出しそうな勢いだ。
行列のできるラーメン店で小一時間も並んで やっとおれの番になろうとしていた矢先に完売…みたいな軽いショックとは訳が違う。

ああ、なんてこった。なんてこった。
栄枯盛衰、おごれる者も久しからず を地でイっちゃうワケ?おれって…。
”愛されていた” と 慢心していた自分に乾杯、いや…むしろ完敗…。


  なんてこった。
  なんてこった。
  なんてこった。

  そんなこと、ある訳がねぇ。
  ある訳がねぇんだ。

  そうだ、きっとこれは悪い夢だ。

「なんてこった」、「そんなことある訳がねぇ」、「きっとこれは悪い夢だ」 …さっきから ずっとこの繰り返しだ。
くっそぅ、しっかりしろ、おれ。


 手足の震えがとりあえず納まるのを待って、おれは ゆきの待つ場所へとバイクを駆る。
セルを回すとズドンという重い低音のエンジン音を咆哮させる、我が愛車ヘリテージ。
散財をはたいて買った大型バイクだが、悪いな…今は おまえよりももっと可愛い彼女のことで頭がいっぱいさ。
 ( いや、ゆきは女じゃねぇから彼女じゃないな。うむ。
   彼だけど彼女ではなく彼で 彼は男で おれも男で…。
   ってことは ゆきはおれの彼? なんか違和感あるよな。
   あな、ややこしやー )
ま、ゆきが おれの大切な恋人だってことだけは確かだ…。

…だよな?

…いいんだよな? ゆき…。
ゆきは おれの恋人だよな?
恋人…で いいんだよな?
でも…ゆきは…違っていたんだな…。(T_T)

いや、何かの間違いだよな? 冗談…だよな?
おれを驚かそうと思って、あんなこと言ったんだよな?
そうだよな?
…ったく、その手は食わんぞ。

でも…。
何か最近おれに隠れてコソコソしていたのも事実だ。(T_T)

まさか…まさか…本当に?
…いや、ゆきに限って…。


   しっかりしろ、おれ。
   しっかりしろ、おれ。
   しっかりしろ、おれ。


…堂々巡りだ。 埒があかねぇぜ。
ニッチもサッチもどうにもブルドッグ状態の おれ…。
そんな不安を払いのけようと、小気味よく爆裂し続けるヘリテージのアクセルを更に煽ってみた。
ブルッ。ズジジジジジッ。
車体の振動がモロに伝わってきやがる。
すげぇな、やっぱコイツは。
コイツを知っちまったら並みのバイクなんて もう乗れないぜ。
 ( いや、ゆきの方が何倍もイイがな…//// )←ごほごほっ


ゆき…。
ゆきぃ…。

いいさ、いいんだ。
いいよ、ゆき…。
もう、いいよ。
おれは おまえが好きだが、おまえの人生を縛る気はないからな。
それが おまえの選んだ結果なんだろ?
たとえそれが嘘でも本当でも、もうどっちでもいいさ。
おれが ゆきを愛したという事実は消えんからな。
ゆきの幸せを、ゆきの新しい門出を、心から願っているぜ。
くっそぅ、こういう時でも気の利いたセリフの一つも出てこんのか…おれってやつは。


だーーーーー。ゆきぃ…。(T_T)
それでも好きだぜーーー。


はぁぁ…。
フルフェイスのメット越しに感じる陽射しが、今日はやけに眩しいぜ。
ありがとな、太陽サンよ。
そんなに熱く照りつけて おれの涙を乾かしてくれるのかぃ?
泣かせるぜ、ジョージ。
 ( ジョージって誰?)

溢れてきそうになる涙を必死で堪えながら、おれは更にバイクを吹かす。
ズドドッ。ブロロロロ。

心なしか、エンジンも泣いてるぜ。
おれの心に呼応するようにな…。





そして。
おれが 「それ」 を知ったのは、ゆきに呼び出された その場所についてすぐの事だった。




   完結編へ。




---- 付 -------------------------------
桃矢くん、絶対なにか誤解しています。(笑)
桃矢くんはもっとカッコよい男なのに…。ごめんなさい、ごめんなさい。
(最近、 ” 情けない男 ” がマイブームなもんで。笑)
しかもタイトルの「クリスチーナ」が全然出てきませんね。(^^;)
この続きは 12月25日・お誕生日おめでとう企画秘密部屋でUP予定です。
結果を見れば なんじゃそりゃー詐欺じゃー!という古典的なオチだということを、あらかじめご承知おきくださると有り難いです。(^^;)




Copyright(C) 2003 Yukiusagi.All rights reserved.