++ CAUTION ++
ブラウザの画面を最大にしてご覧下さいませ。(IE4*以上 熱烈推奨…笑)
KISSシーンがありますので、苦手な方は直ちに退出して下さい。
甘々がお嫌いな方および、管理者の意向をご理解いただけない方は閲覧をご遠慮下さい。
このページの背景に使用させて頂いているイラストは、hiokoさまより頂戴しました。
→素敵なイラストを、ぜひご覧下さいませ♪→
コチラです。(駄文は一切ありません…笑)


 

◇123458hit踏み踏み、hiokoさまへ…◇


ガラス細工の”ちろり”

眩しいまでに鮮烈な出逢い…。
その輝きをずっと見つめていたいと思い始めたのは、いつ頃からだろう…。


気高く微笑む白い花。
穢れを知らぬ白い花。
可憐に香る白い花。
手を伸ばせば、真綿のように優しく包んでくれる
白い花。
触れるだけで壊れそうになる繊細な白い花。
決して手折ってはいけない禁断の白い花。


その輝きをずっと守りたいと思い始めたのは、
いつ頃からだろう…。


後悔…などという言葉はとっくに忘れた。
常識…などという言葉はとっくに捨てた。
たった一つの愛しき白い花を守るためだけに…。

約束しよう、
ずっと傍にいると。
柔らかい微笑みを守るために、何でもするから…。
琥珀の原石のように透明に輝くその瞳が、曇ってしまわぬよう、大事にするから…。
壊れかけた哀しさに心を試されても、ずっとずっと愛しているから…。
もしも、この可憐な白い花を手折る者があったなら、全てをかけて守り抜くから…。


そう決めたのに…。

いつまでも大切にしたい白く可憐な花…。
一生をかけても幸せにしてやりたい淋しがりやの白い花…。


それなのに…。

抗うことのできない愛しさゆえに、ついに手折ってしまったのだ…。禁断の白い花を…。
一生を賭して守り抜こうと決めた可憐な花…。
自らの手で汚してしまった気高い花…。
それでも、誰も責めたりはしない優しい花…。


だから…。

だから、もっと触れたい白い花…。
約束しよう、
温もりという名の優しさで、包んでやると。


ゆき…
惹かれる想いが溢れ出す。

ゆき…、ゆき…。
この想いをどうやって伝えよう。
切なくて、切なくて。
この甘やかな痛みをどうやって癒そう。
愛しくて、愛しくて、愛しくて。


ゆき       おれの小さな白い花




障子越しに浮かび上がる月の輪郭がぼんやりと霞んでいる。
その月明かりに誘われるように、桃矢は障子をカラカラと開き、縁側へと足を運ぶ。
サーッ。
蒼い月光線が降り注ぎ、縁側の板目にも緩い
屈折率を造った。

気だるい疼きが、軽く身体を突き抜けてゆく。
桃矢は己の鼓動を鷲掴みするように、胸に手を当ててみた。
どくん    
夕べの名残りの密やかな痛み…。
”本当にこれでよかったのだろうか”…ひどく曖昧で甘美な痛みだ。
内心、桃矢はどこかその物質的ではない痛みを、愛しくも思っていた。
愛する者と初めて分かち合った甘く切ない痛みだったから…。

それにしても今夜は殊更に月の輝く夜だった。
桃矢は、しばしその夜半の光に見惚れ、縁側にあぐらをかいてしゃがみ込んだ。

通い慣れた雪兎の家、聞き慣れた庭園の涌き水の音、秋の夜風にそよぐ落葉樹の葉。
心鎮めて見渡せば、普段はあまり気にも留めなかった初秋の趣きにしばし心を奪われる。
そして、この月の蒼さ…。
今宵の月はいつもとは違った光を放っていた。
どこか上品で慎み深く、それでいて圧倒的な美しさを醸し出している。
それは…永い間待ち続けて、やっと手に入れた愛しい人の面影にも似て…。
縁側から仰ぎ見る絶景の夜空を、桃矢はいつまでも飽くことなく眺めていた。

ついと目を転ずれば、回廊の先には、程よく手入れが施された、雪割草の小鉢が置かれている。雪兎お手植えのものなのだろう。
優美な主に同時化しているように、奥ゆかしい翠の葉が繁々と冬支度に備えるように伸びていた。
雪兎は、殊更に雪割草の花を愛でている。
厳寒の冬を耐え忍び、春に花を結ぶ時、雪兎はいったいどんな顔をするだろうか。
…それはきっと、桃矢にしか知り得ない最上級の白い微笑みに違いない。
そんな彼の姿を想像すると、桃矢はたまらなく幸せだった。


障子の向こうでは、雪兎がお茶の用意をし始めたのだろうか、ティカップがカチャリと音をたてていた。
時折、鼻歌まじりの彼の声音が聞こえてくる。
桃矢はそっと瞳を閉じ、障子の奥で奏でる恋人の歌声に耳を澄ませた。

恋人…そうだった…本当の恋人になったのだ、昨日の夜。
ズキン…。
桃矢の胸に再び、甘い鈍痛が走った。
物質的な痛みではない、後悔の痛みでもない。
ただ、雪兎の白い微笑みが心に痛いのだ。
ふぅぅ。
軽く呼吸を整える。

深煎り珈琲のほろ苦い香りが、縁側まで漂ってくる。
和と洋の対極が微妙に調和しているこの空間は、住む者の美徳なのだろう。
おおよそ世間の煩雑さとは、趣きを異にしている穏やかなこの佇まいは、決して違和感などはない。
何もかも捨ててもかまわない、たった一人の人が待つ大切なこの空間だから…。
全てを賭して命の底から愛を分かち合ったこの空間だから…。


「とーや」
雪兎が背後からそっと声をかけた。
「なんだ?」
わざとそっけない素振りをして、上体の向きだけ変えた桃矢の瞳に、美しく微笑む雪兎の姿が映し出される。
「珈琲、入れたよ」
まるで、白い花がほころんだように微笑みかける彼。

ズキン…。
桃矢の胸が甘く疼く。
咄嗟に桃矢は、雪兎から顔を背けてしまった。
まともに正視できないほどに、純粋な雪兎の微笑み。
いつも見慣れているはずなのに、なぜか今夜は後ろめたい気持ちでいっぱいだった。
自分に向けるその微笑みが、白い花のように気高く可憐であればあるほど、尚更…。

雪兎に出逢ってから、桃矢の胸に漠然と芽生えはじめた言い知れぬジレンマ     
汚したくないのに、護りたいのに…心のどこかでもう一人の桃矢が囁く。
”総てが欲しい”…と。

夕べのことが尾を引いている。
桃矢は胸中不安だらけだった。
”本当によかったのだろうか…、これで”
忘れかけていた「後悔」の二文字が、桃矢の胸にツキンと突き刺さる。

「ねぇ、なに考えてたの?」
桃矢の真隣りにしゃがみ込みながら、雪兎は少しはにかんだように微笑みかけた。
月の光が、まるで白銀のフレームの絵画のように、雪兎を極上に飾ってゆく。
「ねぇ、とーや。珈琲、冷めちゃうよ」

桃矢は、傍らで微笑む極上の美しい雪兎を見つめた。
夕べの出来事が反芻される。

この美しい人を…おれは…。

深い罪悪感に見舞われた。

「なぁ…」
桃矢は、重い口を開いた。
「なぁ…、後悔してねぇか?」

やっとのことで言葉を発した桃矢の額を、雪兎のしなやかな指先が撫でてゆく。
「なにを…?」
羽毛のような柔らかいあたたかさ…。
それは、どんな言葉よりも優しく伝わる愛の温度だった。
「とーや。鏡、見ておいで。眉間のしわがどんどん深くなってるよ…」
「ゆき…」
「ぼくより先におじいちゃんになっちゃ、いやだよ。とーや…」
クス…と笑う雪兎の顔に、怒りの色はなかった。

なぁ…おれは…。
おれは…
もっと好きになってもいいのか、おまえを…。

「ゆき…おれ…」
雪兎の甘い吐息と優しい微笑みに絡めとられながら、桃矢が次の言葉を探していたその時…。

「とーやこそ…」
雪兎がポツリと呟いた。
「とーやこそ…ぼくで本当によかったの?」
頬を染めてうつむく雪兎の声が、微かに震えている。

たまらず、桃矢は雪兎の肩を引き寄せた。
「あ…」
「ゆき…ごめんな…。どうすることも出来なかったんだ、おれのこの想い…」

なぜ、謝るの?

「いいんだ、ぼくもそう望んだ…」
桃矢の腕にぎゅっとしがみつきながら、雪兎も応えた。

「ぼくは…ずっと、とーやだけを見てきたんだよ。漸くそれに気付いた。とーやがぼくに、とーやの大切なもの(優しさ)をくれたから…。
だから、ぼくもぼくの気持ち(真実)に気付くことが出来たんだ」
「ゆき…」
「だから、謝らないで。そんな顔しないで。ぼくのために謝っちゃだめだよ」
「ゆき…!」
「ずっと…とーやの傍にいる」

傍らではにかむ可愛い恋人の肩を更に引き寄せながら、桃矢も呟いた。
「おまえ、危なっかしいからな…」

「ぼくは、とーやの足枷になるのは嫌だよ。
ちゃんととーやと向き合いたい」
「なんで、おまえがおれの足枷になるんだよ?」
「…だって、だって、とーや」
ぎゅっとつかんだ桃矢の腕に顔を埋めながら、雪兎は呟く。
「…だって、ぼくのせいでとーやが…とーやの力(優しさ)が…」
そう言ったまま、雪兎は黙りこくってしまった。

ユエに魔力を渡したことを言っているのだろう。
だが、愛する者を護るために桃矢の選べる選択肢はたった一つだけだった。
桃矢自身、そんなことは重々承知の上なのだ。
なのに…。
人一倍、気遣いをする雪兎のことだ。
人知れず自分を責めていたのか…。
そんな雪兎が不憫で可愛くてならない。

さわさわさわ…。
少々肌寒く感じる錦秋の夜風が、静寂さに拍車をかけた。

黙りこくった二人の時間は、いったいどのくらい過ぎただろう。
口火を切ったのは雪兎の方だった。

「ぼくは…」
懸命に言葉を続けようとする雪兎の声が、微かに震えている。
「ぼくは、とーやの総てになりたい…これからもずっと…」

おれの、小さな白い花…。

「ゆき!」
「あ…」
次の瞬間、桃矢は雪兎を強く強く抱きしめてしまっていた。
抗うことのできない愛しい気持ちが止まらない。
愛しくて、愛しくて、愛しくて。
鼓動が、体温が、想いが、重なる…。
「とーや…」
自ら手折ってしまった白い花は、それでも自分の胸の中で汚れなく微笑んでいる。
きっと、桃矢の言うところの「後悔してねぇか?」などは意識の範疇にないのかもしれない。

なぜなら、雪兎自身も「後悔」はしていないから…。

おれの…ゆき。

「ぼくは、ずっととーやが好きだったから…」
「ゆき…」
「だから…後悔はしてないよ」
確固とした雪兎の言葉は、気高く強く咲き誇る白い花…。

「いいのか?おまえをもっともっと愛してもいいのか?これからもずっと…」
「うん…」
ほのかに頬を染めて頷く雪兎は、愛に怯える遅咲きの白い花…。

「とーやしか…好きにならない…」
美しく輝く雪兎の瞳は、ろうたけて香りたつ白い花…。

「とーやしか…いらない…」
透きとおる雪兎の声音は、夜露に濡れそぼる白い花…。

「一生かけて愛してるよ、とーやだけを…」
「ゆき…」

殊更に明るい蒼い光が、愛し合う二人に優しく降り注く。
銀いろのリボンで結ばれたような淡い月光を浴びながら、二つの影は、やがてそっと口付けを交わす。



「珈琲、冷めちまったな…」
「うん…」
「また、入れ直してくれっか?」
「うん…」

ふっ…と、優しく目配せした桃矢は、雪兎の身体を軽々と抱えあげた。
「あ…」
ふわりと感じる浮遊感。
雪兎は頬を紅潮させながら、桃矢の胸に懐かれていた。
初秋の順光線が縁側にも漏れ、瞬時に雪兎の美しい顔に陰影を造る。
雪兎の身体を抱きかかえながら、桃矢はそっと桜色の頬に接吻をおとした。
「ゆき…」
「あ…」
次の動向を探る雪兎は、大きな瞳を更に見開いて心なしか怯えていた。

「安心しろ、何もしない」
「…とーや?」

「な?大丈夫だろ」
「…え?」
「こんなにも軽々と、おまえを抱き上げられるだけの”力”が、まだおれにも残ってんだよ」
「…とーや」

「おれは今まで通りのおれだ。だから、おまえは何も心配すんな」
「とーや…」
「おまえは足枷でも何でもねぇよ。こうなる事はおれが勝手に選んだんだ」
「う…ん…」
「後遺症なんて辛気臭いこと言うなよな。おまえの笑顔が何よりの良薬だ」
「とーや…」
雪兎の瞳から真珠がこぼれた。
白さよりも透明な”涙”という名の真珠が…。

「ゆきの気持ち(真実)が聞けてよかった。じゃなきゃ、おれはいつまでも逃げてばかりだった…」
「うん…」

「ずっと傍にいるよ。おれだけの、ゆき…」
「うん…」

サーッ。
夜半の風が吹き、先ほどまで月を覆っていた一筋の雲が流れた。
蒼い月光が二人に射し込むと、雪兎は桃矢を見つめてそっと呟く。
「ね、もう降ろして。重いでしょ?」
雪兎はぽっと頬を染めながら、小さく身体を揺さぶった。
「まだ、いいだろ?もう少し、このままいさせてくれよ…」
桃矢はまるで蒼い少年のように微笑んだ。

「ちょっと、とーやっ…。これじゃ、珈琲入れられないでしょ…?」
「いーんだよ。明けの明星が朝を連れてくるまで、ここにいようぜ。こんな綺麗な月は滅多に見られねぇかんな」
そう言って、雪兎を抱きあげたまま、そっと桜色の唇に口付ける。
「ん…」
唇が離れると、桃矢は悪戯っぽくニッと笑った。
「珈琲より、美味い」

「もう…」
苦笑いを美しい顔に残しながら、雪兎は心の中で密やかに想う。
桃矢の、こんな仕草もとても好きなのだ、と。



今宵は満月。
熱いお茶を、ここ(縁側)で一緒に飲もう。
二人で買ったお気に入りの”ちろり”で…。
きっと、月夜にかざしたら綺麗な銀色に輝くよ。
君とぼくの幸せを祝福してくれるようにね…。
いつか近い将来、今度は熱燗の”ちろり”になると、いいね…。
君となら、いつもいつでも、そんな楽しい事を考えていられるんだ。
ずっと、ずっと、一緒にいよう。
愛してるよ、とーや…。


ねぇ、今夜は君と一緒に眺めていたい…。
こんなに綺麗な夜半の月と、ガラス細工の
”ちろり”を…。


完。




123458hit踏み踏みして下さったhiokoさんに差し上げた、
へっぽこ(すぎる)ショートストーリーでございました。
お美しいお二人のイラストに、駄文でお目汚し本当に
ごめんなさいです。(T_T)

hiokoしゃん、ごめんなさいなの〜〜〜。(T_T)
こんなんばっかで、ごめんなさいなの〜〜。(T_T)


* NovelsTop *    * HOME *