「 ボーダーライン 」  (桃矢×雪兎)


きみも、そうなの?

ぼくは…いつも そうだった……。



      border line - introduction -




たとえばここでは、目に見えるものは全てニセモノで、目に見えないものこそホンモノだったりする。
西を東、黒を白、天を地という。 ここは混沌とした矛盾だらけ。
そういえば鹿を馬と言った昔の故事があったっけ。
あれは確か…。
いや、そんなことはどうでもいいか。

事実、ぼくはもうこの世界の住人なのだから。
混沌と矛盾が支配する、ニセモノかホンモノかの区別もつかない世界。
喜怒哀楽全てを内包し、正常な思考回路を木っ端微塵に破壊してゆく。

そう、ここはそういうところ…。

どこからともなく迷い込んでしまったらしい。
いつから? なんて野暮な質問、自分自身に投げかけてみる。
もとより答えなんてあるはずがない。
見つかるはずのない答えを探すのは無意味なことだ。
もしかしたらここから抜け出せるかもしれない、なんて錯覚を起こしかねないからね。

だからぼくは、この流れに身を委ねるだけ。
足掻く必要なんて何もない。
ただ混沌とした矛盾に身を任せればいい。簡単なことだ。

だけど。
まさか。 そんなはずは無い、か。
だって きみの居るあの世界こそホンモノ。 ニセモノ?
きみの居ないこの世界こそホンモノ? ニセモノ。
どっちでもいいや。
……ほら、もう思考回路がぐだぐだだ。矛盾だらけ。

きみがぼくを待ってくれているっていう保証なんて どこにもない。
ぼくがきみを一つ残さず綺麗に忘れることだって、ね。 あり得るだろ。
何でもアリ。
ここはそういう世界だ。
ぼく自身の生命の源さえ曖昧なのだから それも当然だ。そう考えれば楽だ。
万が一、ぼくがきみを思い出せなくなってしまった時の言い訳になる。

偽善者――――
不意にそんな言葉が脳裏をよぎる。
イヤな言葉だが、今のぼくにぴったりだと思う。
偽悪、のほうがしっくりくるかな。
わざと強がって、見たくないものに蓋をして、それでもきみの優しさを期待してしまう。 ああ、ぼくってやつは。
偽善と偽悪、どっちもぼくだ。
ああ、だからぼくは段々壊れてゆく。


現実と理想は紙一重。
人は皆、理想の実現のために最善を尽くす。 そうして……現実を思い知るんだ。
現実は優しくない。 眼前に突きつけられた真実こそホンモノ。否、もしかしたらそれすらもニセモノ?
ほら まただ。 そうやってぐるぐる、ぐるぐる……ぐるぐる、ぐるぐる。

そうか。 ここはそういう世界だった。
地球をひっくり返して叫んでみたことろで何も変わりはしない、ってこと。
本能に操られるまま君の幻影を求めてみたことろで何も見えはしない、ってこと。
耳を研ぎ澄ましてみても ぼくを呼ぶきみの声は届かない、ってこと。
そういうことなんだよね…。


―――― ぼくはいつもそうだった。


何を、期待していたんだろう。
ああ、だけど。
一秒でも離れていられないほどに好きにならなければ良かった。
重ね合わせた指先の温度さえ心地好いだなんて知らなければ良かった。
触れて、触れられるのが怖くなるほど一つにならなければ良かった。
きみの優しさに心が軋む。
ゆっくりと低速に動き出すぼくの心が、きみに追いつけないでいる。
きみの「優しさ」は、時に鋭い刃物のように心を大きく抉るだけ。
傷つけ合うことでしか相殺されない思いなら、いっそ。
いっそ…。

あはは。 まるで御伽噺だ。
現実はそこに 「ある」 だけ。




そこに 「ある」 ?



そうか、そういうことか。


だとしたらここは ぼくの居場所じゃない。
ここに居てはいけない。
無意識に、かもしれないが、そんな気がしてきた。

何よりぼくは きみの思いに応えなくてはいけない。
逃げてばかりじゃ一歩を踏み出せない。
ここには ぼくの期待する答えなんて、無いんだから…。
低速で動き出したギアを高速に入れ直して、ぼくはきみと真正面から向き合おう。
そうでなければ、潔癖なまでに過去との決別に最善を尽くしてくれたきみに対して失礼じゃないか。
いつも真っ直ぐに ぼくを捉えてくれた きみに対して。

出逢うべくして出逢った。 時にはそんな風に自惚れてもいいのかな。
きみとの思い出を無かったことにできるほど、ぼくには腹が据わっていない。
守られるだけの ぼくじゃだめなんだ。 それは何となく分かる。
信じることは難しいことではない。
難しいのは、信じきる…ということ。

だから、ぼくはここから抜け出したい。 この混沌とした世界から。
きみのいる世界こそが真実だというのなら、たとえそれがニセモノであっても ぼくは信じる、信じきる。
きみと出逢った思い出は嘘ではないと。

足掻けるだけ足掻いてみせる。 抜け出してみせるよ。
帰ろう。 帰らなくては。
必ず辿り着いてみせる。
きみの待つ本当の世界へ……。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




っ!!

「いてッ」

ゴツンと鈍い音が頭上で聞こえた。 同時に低く唸るような声も。
寝ぼけ眼の顔をゆっくりと持ち上げると、しきりに顎のあたりを摩っている桃矢の姿が視界に入った。

「ってーな、まったく」

どうやらぼくの頭が桃矢の顎にヒットしたらしい。
桃矢の部屋で一緒に宿題をしていて、急に睡魔が襲ってきたところまでは覚えている。
天窓から差し込む陽射しが今は大きく傾いていることから、既に夕方らしいことは分かった。
外は雪でも降ってきそうな寒さだ。

「あれ? ぼく、また寝てた?」
「ったく。いつまでたっても起きないから」
「ああ、それで…」
「………」

ぷぅっと膨れる桃矢の表情に、思わずクスリと笑ってしまう。

「笑いごっちゃねえ」
「ごめん。心配して覗き込んでくれてたんだ。そしたら…ぼくの頭がとーやにクリーンヒット」
「おまえ、急に眠りこけてずっと起きないし。さすがに起こさなきゃと思って様子見ようとしたら、
 今度は急に起きあがって、やるに事欠いて頭突きかよ。予測不能な行動は こっちの身が持たない」
「ごめん、ごめん」
「……ったく。 おまえ、すっげー石頭。 脳味噌いっぱい入ってるだろ」
「あはは。 だといいんだけどね」

他愛のない会話。 それすらも きみとなら十分に楽しい。

あれ?
気付けば身体には毛布が掛けられていた。
普段は日常に埋没しているであろう何気ない彼の気配りが、今日は何故か嬉しかった。
<ありがとう、これ>と 毛布を指差しながら笑いかけると、心なしか桃矢の頬が赤らんだ、気がした。
こういう彼の所在のない居たたまれなさが、ことのほか楽しい。
たまに思う。 ぼくはサディスティックなのかな、と。
尤も、この時のぼくは未だきみの思いに、いや ぼくの思いにも気付かなかったんだけれど。
思いが伝わらなかった訳じゃない。
伝えられなかったんだ。
ぼくがあまりにもきみに甘えていたから 見えなかっただけだ、お互いの気持ちが…。

「あのな、ゆき…」

ひどく真剣な口調に戻った桃矢は、言いかけてまた口元をぎゅっと結んで黙ってしまった。
次の言葉を待ってはいたが、薄い唇のラインは形を変えず、呼吸とも取れない微かな吐息が漏れるだけ。

ドキン。

あれ? どうして?
鼓動が自分の意思とは無関係に高鳴りだす。

沈黙が支配する部屋は ひどく落ち着かない。
何より これでもかというほど早鳴る鼓動をどうにかしたかった。
何かを期待していた訳でもない。 ただ知らず早打ちする鼓動が疎ましくて ぼくは自分から口火を切った。

「あ、あのね…ぼく…」

とにかく何か言葉を発したかった。 沈黙はまるで拷問のようだ。
チクリチクリと ぼくの胸を転がしては刺してゆく。

なんだろう、この思い。
この思いの本質が何なのか、ぼくには分かる術なんてなかったんだ。
それが『恋』だ、なんて。




「おまえ、夢…見てただろ?」


核心を、突かれた気がした。
ピンと緊張が走る。
今、きみがどんな顔をしながら話しているのか気になって仕方ないが、ぼくにはきみを直視できなかった。
視線をわざを逸らしながら、ぼくは小さく頷く。
桃矢はそれ以上何も言わなかった。
もとより、必要以上に詮索をするような人じゃない。 それはぼくが一番良く知っている。
だからぼくも多くは語らなかった。
ただ、頷いただけ。

夢…そう、ぼくは夢を見ていた。
でも覚えてはいない。全く分からない。
お花畑で踊っているような楽しい夢ではないことだけは確かだ。
ネタ程度に笑い合えるような類の夢じゃないってことも。
何なんだろう、この例えようのない不安。
無意識に ぼくの視線が桃矢を探す。
相変わらず、きみの瞳はぼくを捉えていて。



      『早く気付けよ ゆき…』



え?
今、桃矢の心の声が聞こえたような気がした。
寂しさと温もりが混ざり合ったような、声だった。



ぼくの意思の及ばぬところで、何かが動き出す。




       border line - introduction - 終わり。  border line - 1 - へ続きます。



----- 付 ---------------------------------------------------
短いです^^;
桃矢くんと雪兎さまは、まだ両思いではありません(両思いっぽいけど^^;)
もちろん手を繋ぐこともナッシン。KISSとかそれ以上なんて とんでもねー話です(笑)
(今のところはね ////)
捏造なお二人で申し訳ありません。特に雪兎さまはキャラ的に捏造しまくりです^^;



      - HOME -    - NOVELS TOP -