>>HOME


〜雪華のアーキテクチュア〜


「寒くないか?」
「…ん?」

寝ぼけ眼でとーやを見ると、彼の優しい眼差しが近くにあった。
そうだ、今日はとーやが来ていたんだっけ。
昼食を一緒に摂ったところまでは覚えているのだけれど…。

……とーやの腕の中で、いつのまにか深い眠りにおちてしまったらしい。
辺りはすっかり、夕刻の帳に覆われていた。


「暖房つけるか?」
何も纏っていないぼくの身体は、少し冷えてしまっていたけれど。
「いい」
とーやの背中にぎゅっと腕を回しながら、ぼくは答えた。
直に伝わってくるとーやのぬくもり…。
ぼくの髪を優しく梳いてくれる、とーやの指…。
とーやの香り…。
とーやの声…。
とーやの鼓動…。
これは、夢じゃないよね…。
目が醒めたら、とーやがいなかった…なんてオチ、なしだよね…。


「くしゅん…」
「ほら、見ろ」
やれやれと、苦笑したとーやが、枕元のカンテラに火を灯した。
ホワン。
すっかり日がおちこんで薄暗くなった南西向きの部屋に、僅かな光量の一角が出来る。

ゆらゆらゆら。

とーやの頬に、淡いオレンジ色の焔がゆらゆらと反射している。
綺麗だよ、とーや…。
すごく、すごく、綺麗。


ブリキ製のカンテラは、とあるアンティークショップで見付けた掘り出し物だった。
不思議な光を放つそれを、ぼくは一目で気に入ってしまった。
以来、ぼくの部屋で癒しの空間を提供してくれている。

ゆらゆらゆら。


やがて光は微かな熱を帯び、微温がぼくの身体に、心地好さを与えてくれた。
流れ込むように密やかな温もり…それはまるで、とーやの優しさに包まれているようで…。
その心地好さに、思わずぼくはとーやの背中に回した腕を強めてしまう。

「なんだ…?」
問いかける彼の穏やかな瞳…。
紺碧の瞳の中には、ゆらゆら燃える焔が映り込んでいた。
「ううん…何でもない」
何でもないよ、とーや。
ただ…こんなにも幸せだから…もっととーやを感じていたい。

ゆらゆらゆら。


照明器具としては少し役不足なカンテラの焔が、かえって優しい空間を醸し出しているみたいだ。
その薄灯りに誘われるように、ぼくらはそっと口付けを交わした。

「ゆき…」
「ん…とーや…」
「愛している…ゆき…」
毛布の端を捲り上げながら、彼の指がぼくの背中を滑ってくる。
「あぁ…あ…」
身体じゅうに残ったとーやの痕跡(愛)が、未だ消えない。
こんなにも愛されて、愛して、それでもまだ不安になるのは、 なぜ?
とーやを愛している、愛しているんだ…。
だけど、ぼくは…。

深い深い夢の淵へ、身も心も溶かされていくように、ぼくらはそっと愛を重ねあう。
優しすぎるとーやの温もり、紺碧の瞳に映り込む淡いオレンジ色したカンテラの焔…。
綺麗…綺麗だよ、とーや…。
かけがえのない、ぼくの…いちばん大切な人。
とーやのためなら何でもする、とーやのために、ぼくが出来ることなら何でも。
でも、ぼくは…。
だけど、ぼくは…。


浅いまどろみの中で、ぼくは…夢を…見る。




         ------------




「夢を見てたのか?」
「…ん?」
「睫毛が濡れている」
ぼくの頬を指先で辿りながら、とーやは少しむくれた顔をした。

「ったく…」
何故か、ご機嫌斜めなとーや。
「…?」
真意が分からず、視線を宙に浮かせたまま、ぼんやりと眼前の恋人を見つめるぼく。

「ゆき、ずるいぞ」
「え…?」
「おれに抱かれながら、何考えてた?」
「…とーや?」
「なぁ、どう言えば分かる?どうすれば、おまえに分かってもらえる?」
「…?」
言葉の代わりに、大きく見開いた瞳をとーやに向ける。
「ほら、またそんな可愛い目でおれを見る…」
とーやは、困惑顔になった。


「おれには、おまえしかいないんだ。今更、そんな事言わせんなよ」
「え?」
「ゆきが何考えてんだか、おれにはちゃんと分かってっぞ」
「ぼくが…?」
「いいか。おれは、おまえが好きだ」
「とーや…」
「だからもう、いいかげん悩むなよ。おまえが”何”でも関係ねぇよ。 ありのままのおまえを愛させてくれよ。ゆきが傍にいてくれりゃ、それでいい」
「ありのままの、ぼく…?」
「ああ。ほわわんで、世間ずれしてて、悪いヤツらに速攻でダマされそうで、お人よしで、何か頼まれるとイヤとは言えなくて…」
「とーや…」
「いつも笑っているのに、そのくせ淋しがりやで、時折見せる拗ねた仕草がとてつもなく可愛くて、放っちゃおけなくて…」
「……」
「ほえほえなのにめちゃくちゃ気高くて、その人生に清冽に関わりたいと思うほど儚げで…」
「……」
「メシなんか、おれの3倍は食うし、燃費は悪いし…第一おまえは金がかかりすぎる!おれのバイト料の大半はおまえの食費に化けるんだ、今月もエンゲル係数高いぞ」
「ごめん…とーや…」


矢継ぎ早に繰り出すとーやの言葉に、ぼくは途惑いながらも、内心その通りだと心の中で相鎚を打った。
どうしよう、こんな時はどんな顔をすればいいんだろう…?
道化まじりに微笑えばいいの?
涙を浮かべて懇願すればいいの?
ねぇ…とーや……。


「ばかだな、ゆき…」
言い終えて、とーやはフッと笑みを漏らした。

「それでも、ゆきは、ゆきだろ。ん?違うか?」
ぼくの頬に触れるとーやの手…あったかい。
「とーや…ぼくは…」
「おれは、ありのままの、ゆきが好きだ」
穏やかな紺碧の瞳が、ぼくを優しく見つめる。
「だって、ぼくは…」

「ったく。世話のやける恋人だぜ。おれがこんなに夢中になってるってのに、分かんねぇかな?」
「とーや…」
「おまえを放さねぇぞ。いいな、分かったらずっと傍にいろ。おれが必ず幸せをやる」
「う…ん…」


「おれ、サイコーに幸せだぜ、今」
そう言いながら、ぼくの耳元にそっと愛の言葉を残していく。


涙が、こぼれた。
だって…
とーやだって、ずるいじゃないか…。
ぼくの心をこんなにも充たしてくれるなんて…。
ぼくだって、ぼくだって、もうこんなにも幸せなんだから。


僅かに開いていた障子の隙間から夕刻の風が流れ込み、ぼくの頬をすーっと撫でていった。
心地好い。
とーやに愛されて火照った身体が、きゅんと冷却された。
「くしゅん」
「おいおい、風邪ひくなよな」
「ん…」
「毛布、ちゃんと掛けろよな」
「ん…」


涙が、こぼれた。
とーやの優しさに…。とーやの愛に……。





「お?」
「え…?」
とーやの視線の先を辿っていく。

雪だ。
障子越しに見えるのは、紛れもなく雪。
2月に雪が降るなんて本当に珍しい。


しんしんしん。

白い結晶が、静かに空から下りてくるのが見えた。
晩冬の自然が織り成す、白い芸術。
その白い結晶は美しく変幻しながら、様々な表情を創り出しているようで…。
ぼくらは、しばらくその造形美に見惚れていた。


「雪になっちまったな」
「うん」
「なんだか、いいよな、こんな夜も」
「そうだね」
「積もっかな?」
「…どうだろね?」

肌触りの良いとーやの胸に顔を埋めながら、ぼくは思わずクスッと微笑んでしまった。
「なんだ?」
「ううん。明日の朝ね」
「明日の朝?」
「うん。もし雪が積もって、とーやと一緒に雪合戦とかしたら、きっと楽しいんじゃないかなって考えたら、なんだか可笑しくなっちゃってさ…」
「おれに付き合わせる気だな、おまえ」
「もちろん!」

ね?と、微笑むぼくの髪を優しく撫でながら、とーやは溜息まじりにポツリと呟いた。
「おまえのことだ…」

「…え?」
「おまえのことだ。きっと雪合戦だけじゃ済まねぇよな。 今、おれの頭の中には、雪だるま数十体に占拠されている月城邸の庭が容易に想像できてっぞ。 そしてその横には、雪だるまに囲まれてご満悦なおまえの姿、そしてそれに付き合わされるおれの姿も…な」
「…とーやは雪合戦したり雪だるま作るのって、イヤなの?」
「んな事ねぇけど…」
「あはは。じゃ、雪合戦の後に雪だるま作って、雪遊びのフルコースだね。その後、ゆきうさぎも作ろっか?」
「はいはい」
とーやは再び、はぁぁ…と深い溜息を吐いた。


「寒くねぇか?」
「うん。大丈夫…」
大丈夫だよ、とーやがいるから。
とーやと一緒だから。

「なぁ、ゆき……。明日は雪遊びのフルコースもいいけど、ちゃんとおれとの時間も残しとけよ」
「うん…」



雪は、その後も静かに静かに降り続いた。
どうりで、朝から寒い訳だ。
冴え冴えとして凛としてて、だけど、ぼくは好きだ。
ぼくととーやを優しく包み込んでくれるような、 柔らかい雪のひとひら。





ぼくはやっぱり創られた”もの”なのかもしれない。
だけど、もう、いいんだ本当に。
こんなに壮大で優美な自然の前に、人間であるか否かなんて、 夢のまた夢のように小事であることを知った気がする。
うん、もう、大丈夫。
そんな事はとてもちっぽけなことだって思えるくらい、 今はとても幸せだから。

感謝してる、ぼくをこの世に生み落と(創造)してくれた、 偉大なる魔術師に。
そして、人ではないぼくが、人として、人を愛するっていう、 とてもハッピーな”感情”を与えてくれたことに。
ぼくの一番大切な人が、とーやだったことに。


ひらひらと舞い続ける雪のひとひらが、大地を覆っていくように、ぼくたちの愛も、長い年月をかけてもっと深くなっていくんだね。

ありがとう、とーや。
気付かせてくれて…。



かけがえのない、ぼくの…大切な人へ。

ありったけの想いをこめて…… Happy Birthday とーや……。




おわり









うひゃー。またまた無駄に長いです。
時間軸としては両思い(夜を交えた)になった直後といったところでしょうか。
星條高校卒業を目前に控えた2月末日ですね。
思いっきり季節外れの雪を降らせてみたり……。苦しい設定の数々です。(^^;)

実は……このお話、3年くらい前に書いたものなのです。
ちょこっと訂正を加えてUPしてみました。(新作書けなかったの^^;)

思うに今も昔も進歩なしってのは どういうこと?ほんとにどういうこと?(本気)
しかしまぁ読み返してみると、自分の文章のクセが丸分かりで地味に恥ずかしい私です。
どうやら「夕陽」や「雪」といったシチュエーションが大好物みたいです。>私。
因みにアーキテクチュアとは「(何らかの意図に基づいた)構造・構築」という意味です。
クロウ・リードが雪兎さまを創造させたような……。ちょっと無理があるかな。

読んでくださった皆様ありがとうございました^^