デジャヴ 「白い記憶」

繰り返される記憶

消えない

繰り返される過ち

消せない

全ての感覚が痺れてゆく…崩れてゆく…墜ちてゆく…


深くて暗い闇の狭間、触れた素肌がこんなにも冷たい

美しい瞳に容赦なく射抜かれた瞬間、繰り返されるデジャヴ

容赦ない用捨

決して消えない繰り返されるデジャヴ



あの忌わしい出来事の後、二元論ですり替え、逃げる事しか出来なかったおれの

不甲斐なさを、いつか、この美しい人に許してもらえる日がくるのだろうか?






格子戸の窓から差し込んでくる朝の光りと、小鳥のさえずりで目が覚めた。

光の素粒子が、ぼくの頬をそっと撫でてゆき、その心地よさにハッとして

寝返りを打つと、そこにはぼくの一番大切な人が静かな寝息をたてていた。

よかった…。今日もそこに、いてくれて…。

いつしかぼくは、ぼくの隣りで眠る人の姿を、朝の訪れと共に確かめるように

なってしまっていた。

こんなにも傍にいてくれる人なのに…

こんなにも傍にいてくれる人だから… 尚更…。

その穏やかな横顔の陰影に閉じられた睫毛の長さまでも、愛おしくて…

陽に焼けた素肌から微かにこぼれるコロンの香りさえも、愛おしくて…

とーやに出逢えて、とーやを愛して、二人で過ごす奇跡のような瞬間がとても

大切で…とても幸せで…。

だけど、怖くて聞けない。



あなたは、ぼくに出逢って幸せなの…?


爽やかな朝の陽射しとは裏腹に、ぼくの心にはいつも言いようのない不安が

つきまとう……


「おはよ…」

光りの中からたった今生まれ出てきたような、とーやの笑顔がぼくに向けられた。

純白のシーツに横たわるとーやの笑顔が、朝陽に煌いてとても綺麗だった。

「おはよう。起こしちゃったね…」

ぼくは、精一杯の微笑みを返した。…つもりだった。

「ゆき…?どうかしたのか?」

「ううん…何でもないよ」

そう答えるぼくの顔をじっと見つめるとーやは、“そうか…”と、だけ言うと、

ぼくの額にそっとキスをくれた。

「…ゆき」

少し堅めのクッションが利いているベッドの上で、ぼくらは見つめあった。

「あ…」

次の瞬間、ぼくはとーやの逞しい胸に優しく懐かれていた。

「おまえは何も心配するな」

…とーや?

どうして、とーやには何もかも分かってしまうんだろう。

「とーや…ぼくは…」

どうして、とーやにはぼくの不安までも分かってしまうんだろう。

「ずっと、おまえだけを…愛してる…」

ぼくが今一番言って欲しい言葉が、とーやにはすぐに分かってしまう。

「とーや…」

まるで、ぼくの心が見透かされているように…。

「おれの傍を離れるな、ゆき…」

それは同時に、ぼくの願いでもあるのだけれど…。

「とーや…」

だから…。

「ゆきがいてくれりゃ、それでいい…」

だから…。

「とーや…」

だから、聞けない。

「おれの…ゆき…」

あなたは、ぼくに出逢って幸せなの…?

「ぼくは…」

だって、ぼくは…。

「愛してる… そのままのおまえを…」

人間じゃないんだよ…。

それでも、ぼくを選んでくれるとーやの答えが分かりきってて、ぼくは問う。

「…ぼくでいいの?」

「おまえしか、いらない…」

とーやの優しさに涙がこぼれそうになる。

返す言葉がすぐには見つからなかった…。

「……とーや…」

言葉の代わりに、たった一人の一番大切な人の名前を呼んだ。

とーや…。

微笑み(偽り)で飾ったぼくの不安な胸の中を容赦なくこじ開け、そして

安らぎをくれるんだね、また今日も。

そして… あなたにはぼくの微笑み(偽り)は通じない。

「好きだよ…とーや。ぼくも…」

ぼくの首筋にそっと証を残していくとーやの背中に回した腕を、少しだけ強めた。

本当の微笑みを、とーやだけにあげる…。

「ゆき…」

「愛してる…とーや…」

朝の光の中で、ぼくたちは幸せを分かち合った。




東の空に昇った太陽が、少しだけ高くなりかけた時、まだうとうとしている

とーやをベッドに残して、ぼくはお茶の用意をし始めた。

「今日はローズマリーにしよう…」

そんな事を思いながら、ぼくはしばらく幸せな朝の気分を味わっていた。

ティーサーバーから広がるハーブの香りが、部屋を潤していく。

カチャ…。

テーブルにそっと置いた揃いのティーカップが、乾いた音を立てた。



南向きの窓を開けると、春風がそよそよと入り込み、淡い萌黄色のカーテンを

揺らしていく。

気持ちいい。…ねぇ、とーや…。

…とーや……。

そうだった…。ぼくが…とーやの優しさ(力)を

もらっちゃったから…。

だから、とーや…。

…春風に揺れている漆黒の髪が、長い睫毛にかかっている…。

いつの間にか、前髪がこんなにも伸びてる…。そろそろ、揃えないとね…。

とーや…。

ぼくに出逢わなければ、ぼくと関わらなければ、とーやはきっと違う人生を

歩む事ができただろうに…。

“ばかな事、思ってるんじゃねぇよ”…まどろむとーやの寝顔が、そう言って

いるように感じられて、ぼくはたまらず視線を逸らした。

ごめんね、とーや…。大好きだよ…。


窓の外は、うららかな春の香りでいっぱいだった。

「あれ?あんなところに…」

その時ぼくは、庭の一角にひっそりと咲いている黄色いたんぽぽを見付けた。

太陽の恩恵を受けて小さく咲き誇るたんぽぽの花びらの上に、どこからか迷い

込んできた黄アゲハが、そっと憩う。

「知らなかった。あんなところに花が咲いてたなんて…」

ぼくは窓辺に佇み、暫く窓の外を見つめていた。



……え?

とーや…?

ぼくの肩を背後からそっと抱きしめる人の優しさは、表情を見なくてもわかる。

いつのまにか、起きたんだね…。

また、起こしちゃったね…。

「お茶の用意してくれてたのか?ゆき」

「うん…」

「ありがとな…」

「ううん…」

「わりぃ、寝起き悪いよな、おれ…」

とーやは、ぼくの身体を後ろ向きにぎゅっと抱いたまま、優しく微笑った。

「とーや、もうちょっと寝ててもいいんだよ。だってぼくが…」

そう言いかけて、ぼくはハッとした。

だってぼくが… それに続く言葉を、もしぼくがここで言ってしまったら…

とーやの瞳がまた曇る、とーやの笑顔がまた歪む、とーやの心がまた傷つく…。

“だってぼくが あなたの力を もらってしまったから…”

とーやを傷つけるその言葉を、ぼくの宝石箱にそっとしまっておこう…。

ガラス細工で出来た心の宝石箱は、いつか壊れる時が来るのかもしれない。

でも、たとえ粉々に砕け散って、真っ赤な血潮が吹き出そうとも、決して

鍵は開けないよ…とーや。




ぼくたちは、窓の外を眺めたまま

会話を繋いだ。


今、とーやの顔を見たら、堪え切れ

ずに涙が出てしまうかもしれない。


…きっとそんなぼくの心を、とーや

も分かってくれてるんだね。


背中から伝わるあなたの優しさが、

こんなにも心地好い。


special thanks: illustration as みあママ様


「たんぽぽか?」

「うん…。知らなかったよ。ぼくの家にも咲いていたなんて」

「おれもだ…。人知れずひっそりと咲いているのに、見るものを惹き付けて

やまない。おまえに少し…似てるな…」

「ぼくに…?」

「ああ…。可憐で気高くて、ふわふわと飛んでいっちまいそうなところが…」

ぼくを後ろから抱きしめていたとーやの腕の力が、強まった。

え…?

とーやは、窓の外を見つめていたぼくの身体をぐいと引き寄せた。

「あ…」

次の瞬間、ぼくはとーやの広い胸の中にいた。

「お茶が冷めちまったな。ローズマリー、入れなおしてくれっか?」

「どうして分かったの?ローズマリーって…」

「分かるさ…何となく、な」

とーやは、ぼくの身体をぎゅっと抱きしめながら、微笑った。

「なんとなく…?」

「ああ。おれはいつも、おまえの傍にいたから…。だから、分かる」

そして、その想いを投影しているようなとーやの言葉が続く。

「ゆき…。どこにも行くなよな…。あのたんぽぽの綿毛のように、どこかに

飛んで行くなよな…」

「うん…」

ぼくは、とーやの腕の中で何度も頷いた。

「ゆき…」

とーやは、ぼくの頬にそっと右手を添えながら、優しいキスをくれた。




たんぽぽの綿毛が、飛んで泳いで、白い南風の中に漂う。





幸せだった… 

何もかもが幸せ過ぎて怖いくらいに、幸せだった…

ぼくたちは、信じて疑わなかった、この幸せな時が永遠に続く事を…



そして、あの忌わしい出来事が起こった。

それでも、ぼくらの想いは変わらない…、そう思いたい…。




ぼくは、いったいどこに行くんだろう?

たんぽぽの綿毛が南風の中で彷徨うように、いつかぼくは、愛する人の胸から

飛び立っていかねばならないのだろうか?

続くみたい…(^^;)

 

Novels TOP   HOME