この美しい人ごと おれに任せて下さい(前編)

出逢った瞬間に、愛していた…。
偶然という言葉を根底から打ち破るほどの必然で、出逢ってしまった人。
総てを賭しても惜しまないほど、焦がれて手に入れた大切な人。
守り抜きたかった想いは、ただ一つだけ。
穏やかな刻の中に、浅いまどろみの中に、いつもおまえがいた。
白雪をいだく峰の瀬のように透きとおる白い微笑みが…
朝陽にいだかれた海よりも深い琥珀の瞳が…
いつもおれの傍にあった。
滲んだ心が交じり合い、身を寄せ合ったただ一人の人。
捨身の我が身であるのなら、もう何もいらない。
ただ…
その微笑みが、真っ直ぐであればあるほど、気付かされてしまう。
「失う」事の怖さを…。







大学一年の冬。
学窓から見る風景は、殺風景なからし色の木枯らしが舞っていた。 桃矢は、ぼんやりと眺めていた窓の外の景色からテキストへと視線を落とし 教授が教鞭を執る講義に集中しようとしたが、どうも今日は調子が悪い。
講義に集中しようとすればするほど、雪兎の艶やかな笑顔が脳裏にちらつくのだ。
類いまれな美貌の持ち主である雪兎に、男女問わず恋慕する輩が後を断たない。
その上、雪兎は自分の魅力に頓着なしで、あまりにも無防備すぎるため、桃矢の 心配の種はますます大きくなるばかりだ。
おれのゆきなのに…!
頬杖をつきながら、意味もなくノック式のボールペンをかちかちと鳴らし、 ふぅ…と軽くため息を漏らしながら、雪兎の事を想う。
今朝、あのお節介脳天気男のやつ、余計なこと言うし!
とっくに、がんばってるぞ、おれは!
雪兎とは専攻が違うため、二人が顔を合わすのは昼食時くらいである。
雪兎の全てを掌握しておきたい桃矢にとって、逢いたい時に逢えないというのは かなりの痛手だった。
仕方ねぇな…おれの試練だ。

二人のいるところ、常に周囲の視線が集まっている。
白く可憐で花笑みのように美しい雪兎と、彫刻のように彫りが深く端正な容貌の 桃矢が一緒にいようものなら、たちまちそこは絵物語の別世界だ。



今朝もそうだった。
いつものようにバス停を降りて、大学の正門まで歩く間に、いったい幾人もの 通行人が二人を振り返ったことか。
制服に身を包んだ初々しい女子高生が、頬を赤らめながら通りすぎる。
アタッシュケースの中年男が、下品で淫らな視線を向ける。
こ一時間も化粧に費やしていそうなOLが、色目を使ってくる。
桃矢は、そのいちいちに睨みを利かせたいところだが、身体が幾つあっても足り そうもないので、半ばあきらめていた。
おれのゆきをじろじろ見るな、っつーの。

雪兎と一緒に歩く時、桃矢は必ず自分が車道側にいるように心がけている。
これで、通行人が雪兎とすれ違う事も無くなり、長身の桃矢の死角になって、 雪兎が人目に触れにくくもなるのだ。
少々せこいかもしれないが、いざという時、変態野郎から雪兎を護る防護策として 桃矢があみ出した苦肉の策なのである。
(護身術を習得しようと真剣に思う桃矢であった。もちろん雪兎を護るための)
二人に降り注ぐ視線…。
その視線の中には桃矢自身に対するものも含まれていることなど、もはや雪兎を 溺愛する桃矢には、気付く由もない。
人々の視線全てが「雪兎」への一極集中だと思い込んでいる桃矢は、自分の傍で 微笑む美しい恋人が、少しだけ自慢でもあった。
でも、誰にも渡さん!

自分自身の魅力に頓着なしなのは、雪兎と桃矢に共通する愛すべきところかも しれない。




正門にさしかかったところで、背後からふざけた声が飛び込んできた。
「よっ!ご両人!朝かららぶらぶらぶだねぇ!」
肩を並べて歩く二人の中に、同級生の井朱可が割り込んできたのだ。
いみじくも自分と雪兎の間に割って入ってくるこの脳天気男に、反撃態勢になって いた桃矢だが、雪兎は怒るどころか、にっこりと最上級の微笑みを向けてしまう のだった。
「あ、おはよう。井朱可さん」
井朱可は、雪兎と桃矢の共通の友人でもあるため、このようなからかいは日常的に されてはいた。
おっとりした井朱可の性格はどこか雪兎のペースと同調しており、微妙な相関図が うまく友人関係を保っているようだ。
そして桃矢は、心許せる数少ない友の一人として、この脳天気な井朱可を認めては いた…しかし。

ゆきのことは別件だ!ゆきの微笑みを独占するのは許せん!


「よっ」
そっけなく挨拶を交わした桃矢は、そそくさと雪兎を自分の方に引き寄せて 井朱可の前に立ちはだかった。
いつでも雪兎へのガードを忘れてはいない。
桃矢の側できょとんとしながら大きな瞳を見開いている雪兎を見て、井朱可は 苦笑しながら話し掛けた。
「なんか愛されてるねぇ。月城くん」
「え?」
「おっ、わっ、ばかっ、な…何言ってるんだよ」
核心をつかれて、桃矢は慌てふためいた。
“まあ、まあ、がんばってくれたまえ”と、おどけるように桃矢の肩をぽんと 叩いた井朱可の顔に、意味深な笑みがこぼれていた。
「じゃ、お二人さん、邪魔したねぇ、ごゆっくり」
雪兎にも軽く目配せしてから、井朱可は小走りに二人の前から立ち去って行って しまった。 次第に小さくなっていく後ろ姿を見送りながら、雪兎がポソリとつぶやいた。
“何をがんばるんだろ?”
「…ねぇ、とーや」
雪兎が振り向くと、そこには真っ赤になって硬直した桃矢の姿があった。
「とーや…?」
「あ…、あいつ…。いらんことを!」
「とーや…?(なに真っ赤になって怒ってるんだろ?)」



こうして、二人の朝はいつものように波乱万丈に幕開けするのだ。
大学内でも、憧憬と羨望の的である二人を、学生たちは放ってはいない。



 やっとの事で、雪兎と顔を合わせた昼休みも気が気ではなかった。
真冬にしてはめずらしく暖かい昼下がり、昼食を取り終えた二人は、広大な 大学の外庭にあるベンチに腰掛け、しばらく雑談していた。
学舎西側に位置するここは、人通りもあまりなく、二人のお気に入りの場所 だった。
「ゆき…」
「なに?」
「どうだ?」
「…なにが?」
桃矢は、講義中に感じたもどかしい想いを雪兎にぶつけようとしたが、 真っ直ぐなその瞳に見つめられて、出鼻をくじかれてしまった。
桃矢の言葉の真意が分からず、きょとんとしている雪兎の顔を横目に見ながら “どうだ?”などというあやふやな問いをしてしまった自分に苦笑する。
「いや、わりぃ。“どうだ?”って聞かれりゃ“なにが?”って思うよなフツー」
桃矢は、自分で自分を納得させ、漆黒の髪をクシャっとかきあげながら、更に 苦笑した。
「とーやはすぐに自分だけで納得しちゃうんだもん。なんかずるい」
少しだけ口を尖らせて拗ねる雪兎の横顔が、今日もいとおしい。
「かわいいよ、ゆき…」
雪兎の柔らかい髪に手を伸ばし、そっと撫でながら、桃矢はいつもよりも低い 声で囁いた。
「そんな優しい声で今日もぼくに幸せをくれる…。とーや、ずるい…」
「ゆき…」
「ずるいよ、とーや…。(だからぼくは、そんなとーやが大好きなんだよ)」
頬を上気させながら下を向き、独り言のように雪兎もつぶやいた。
桃矢の心は、それだけで十分満たされてゆく。
雪兎と一緒にいると、桃矢はいつもこの調子だ。
心配で心配で仕方ないのに、傍にいると妙に安心する。気持ちが安らぐ。
自分の嫉妬や独占欲なんて、どうでもよくなってしまう。
そして、そんな桃矢を静かな微笑みで見つめる雪兎が、今日も傍にいる。




二人はまた、とりとめのない会話を交わす。
「なあ、ゆき…」
「ん?」
「おまえってさ、街ン中歩いてたら、いろんなチラシ手当たり次第もらいまくる タイプだよな」
「え?」
「断わりゃいいのに…」
「あはは、そうなんだよね。とーやと一緒の時は、とーやに断ってもらえるから いいんだけど…。ぼく一人だと、すぐにチラシの山になっちゃうんだよね…」
「…ったく」
「この前なんか大変だったんだよ。友枝駅から商店街の大通りに沿って歩いて た時、今度オープンする大型電気店とかスーパーの特売とか、家に帰るまでに いろんなチラシもらちゃって…。チラシ配りの人、寒い中ご苦労様だよね〜」
そのチラシ配りのヤツは、おまえが目当てなんじゃ ないのかっ!

…という言葉を、桃矢は辛うじて飲み込んだ。
ゆきの魅力に罪はない。



内心、こんな話をしたいんじゃない…と思いつつも、桃矢は雪兎との時間を心から 楽しんでいた。




 しばらく会話が途切れ、再び静かな時間の流れだけが二人を包んでいた。
枯れ枝の幹に遮られた真昼の太陽が、雪兎の絹糸の髪を殊更に輝かせている。
さらさらと音が聞こえてきそうなほどの柔らかい髪をそっとかき分けながら、 いつものように桃矢を見つめる雪兎は、めまいがするほど美しかった。
暖かい陽の光りを身に受ける者が美しければ美しいほど、桃矢の心には抗う事の できない不安と慈しみが同時に沸き上がってくる。
ゆき…。

だが、雪兎は相変わらず美しい微笑みを桃矢に、そして時には無粋に声をかけて くる同級生たちにも向けてしまうのだ。
おれ以外のやつに、その微笑みを向けるなよ!

密かに眉を寄せている桃矢に、屈託のない笑顔を向けて、「どうかした?」と問い かける雪兎は、どこまでも真っ直ぐだ。
無邪気で透明な微笑みを自分に向ける雪兎を見ながら、“なんでもねぇよ…”と、 苦笑する桃矢の心に、再びいとおしさがこみ上げた。
おまえが好きなだけだ…。

世の恋人同士は、当然のように腕を組み、肩を寄せ合いながら、キャンパス内を 闊歩していく。
だが、桃矢も雪兎も、普通の恋人たちを羨ましいと思った事は一度もない。
言葉で聞かずとも、態度で示さずとも、互いを理解し合える絶対的な絆で結ばれて いる事を、二人は暗黙のうちに感じとっていたのだ。



「さてと、そろそろ戻らないと午後からの講義に間に合わねぇな…」
両手を挙げて伸びをしながら、桃矢がベンチから立ち上がった。
「あ、ほんとだ。もうこんな時間になっちゃったんだね」
桃矢と揃いの腕時計を見つめながら、雪兎は名残惜しそうにため息を漏らした。
文字盤と睨めっこする雪兎の姿を見とめた桃矢は、どきんと鼓動を高鳴らせた。
冬色の風に混じって聞えてきそうなほど、胸の鼓動が大きくなってくる。
ゆき!

文庫本を片手に、ベンチにちょこんと腰掛けている雪兎があまりにも愛らしかっ たので、桃矢は思わず身体を屈め、雪兎の頬に唇をおとしてしまった。
往来する人々の死角をついての接吻は、自然に身についてしまった桃矢の特技 でもあるのだ。
「あ…」
冬の風に晒された雪兎の頬が、桜色に染まっている。
「とーや!人が見てたらどうするの?」
桃矢の唇が触れた頬に手を当て、雪兎が慌ててベンチから立ち上がった。
紅潮している雪兎の可憐さに、桃矢の気持ちも早鳴る。
「いいさ」
「だめだよ」
「…いいんだ!」
言うが早いか、桃矢は雪兎の華奢な腰に手を回し、そのままぐいと引き寄せた。
「あ…。だめ…」
反射的に身体を退けようとした雪兎の眼鏡を素早く外し、桃矢の唇が雪兎に重なる。
「…ん」
自分の唇に触れてくる桃矢の力強さと愛おしさ。
いつしか雪兎はうっとりと瞳を閉じ、桃矢のキスを受け入れてしまっていた。
「…んん」
無意識のうちに、雪兎の手も桃矢の背中に回っている。
桃矢は更に強く雪兎の身体を抱きしめ、深く熱くその朱の唇を味わう。
「…は…あぁ…」
刹那と永遠が共存するような熱いキスから雪兎を開放した桃矢は、今度はそっと 熱を帯びた桜色の耳朶に唇を寄せた。
「…おれの、ゆき」
「あ…」
耳元から直接伝わってくる桃矢の優しさに、雪兎の心も満たされた。
そして、抱きしめられていた身体をそっと外し、眼鏡をかけ直しながら、呼吸を 整えるように胸をとんとんと叩いた。
しばらくその様子を見ていた桃矢は、穏やかな瞳を雪兎に向けながら…言う。
゛愛している"と。



幸せそうな笑みを浮かべながら、雪兎も微かな声でつぶやいた。
゛ずるいよ…。とーやは…"



誰も見ていない二人の幸せな時間を、真冬の陽の光りだけが優しく見守っていた。

続く

01.01.24

雪兎さま〜〜〜〜〜〜。(T_T)

***************************


キリ番踏んでくれたけろけろさんに捧げたヘボ作です〜。
雪兎さまの「見つめ攻撃」を題材にさせて頂こうと思ったんですが、
そこに行きつく前に、長〜〜〜くなってしまいそうなので、
と、とりあえず、捧げます〜〜。(逃)
続きが出来たら、また捧げます〜。(いらん!)
こんなんしか書けなくてホントにごめんなさい〜〜。

 

NEXT   Novels TOP   HOME