◇ h i o k o さ ま へ Thanks 200,000hit over! ◇ キ リ リ ク シ ョ ー ト ス ト ー リ ー 「 真 白 な 雪 盲 」 ◇


 灰色の街、灰色の空、灰色の朝。
このまま雪でも降るのではないかと思えるほど、今にも空は泣きそうだ。
しかしそれは決して殺伐とした印象を与えるものではなく、むしろ 冬特有のコントラストが織り成す無彩色の光景が街全体に映えて、心地よささえ感じる。


 「 おはよ、とーや 」
 「 よっ 」


いつもの待ち合わせ場所…。 いつもの通学路。
二人は 枯れ葉つたいの遊歩道を静かに歩き出した。
星條高校を卒業するまで1ヶ月余りだと思えば、感慨深いものがある。


二人の歩調は 知らず緩やかになる。
ゆっくりと ゆっくりと 思い出さえも踏みしめるように…。



*




 3年D組の教室は、今まさに抜き打ちテストの真最中だ。
昼食後の5時限目に「古文」、それも抜き打ちテストとは まったくついていない。

「 勘弁して欲しいよな、まったく… 」
「 …だよね 」
ひそひそと話をしながら、桃矢と雪兎は顔を見合わせ 苦笑した。

 サラサラとペンを運ぶ音と、時折誰かが発する「はぁ…」というため息まじりの声以外は 何も聞こえない教室。
窓の向こうには、雲を垂らしたような灰色の空が 相変わらず広がっている。
やはり一降りきそうな天気だ。
桃矢は頬杖をつきながら ぼんやりと窓の外を眺め、「はぁぁ…」と 声にならない声にして小さくため息を吐いた。
こうして手持ち無沙汰に窓の外を眺めていると、否応なしに彼の横顔が視線に入る。
桃矢の真隣りの、窓際の席に座っている雪兎の横顔が…。
彼は既に一心に取り組んでいるのか、軽やかにペンを運んでいる。


きらきらきら。

―――あれ?
その時、桃矢は一瞬 窓の外に広がる空に雪が舞うを見た。
雲の隙間から覗く日差しの隙間を縫うように、きらきらと 弧を描くように翻りながら舞い降りる ひとひらの雪。
しかしそれは 灰色の空に飲み込まれてすぐに消えた。

綺麗だな…。
例えばそれは 心の奥で温め続けた大切な想いを開放する瞬間のようであり、
例えばそれは 決して手折ってはいけない禁断の花が開花する瞬間のようであり…。
たった一瞬の 天候の気まぐれだったのかもしれないが、桃矢はなぜか得したような気分になった。
雪兎の横顔越しに空を舞う ひとひらの雪、その絶妙なコントラストを一生忘れないだろう。


―――おれの大切なお姫さまは いつ気付いてくれるだろうか。
ひとひらの雪にさえも、いとも簡単に捕らわれてしまう この想いを―――





     〜 真白な雪盲 〜




 桃矢は くっつきそうになる眼を必死で開けながら答案用紙に神経を集中させてみるものの、今ひとつ身が入らないでいた。


問1、『心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花』の歌について大意を述べよ。また次の( )内を埋めなさい。
この歌の作者は(   )である。身分こそ低かったが、 土左日記で知られる(   )と並び称されるほどの実力と名声を持つ重鎮。(   )の選者ということでも有名。
(   )歌仙の一人。

  ――― 大意を述べよ、か。たしか作者は 凡河内躬恒…だったよな。
       でもって……。土左日記は…紀…貫之……。

       あれ? 頭がぐらぐらする。目がかすむ。 おれは……。



混濁する得体の知れない何かに覆いつくされるような、白くけぶる靄に身体ごとすっぽりと包み込まれたような、とにかくおかしな感覚だった。
急激な睡魔に襲われた桃矢は、そのまま己の意識を手放した。





きらきらきら。

弧を描き、宙を舞いながら降りてくるひとひらの雪。

あれ? ここは?

見渡せば一面の銀世界。
雪は次第に深く強くなってゆき、おれの視界を奪っていった。
真白な雪盲に目を細めながら、おれは ぼーっとする頭で思考を巡らせてみた。
たしか、抜き打ちテストの最中だったはず。
どうしておれはここにいる? ここはどこだ?
なぜおれは一人なんだ? ゆきは? 他の皆は?

これは…夢なのか?

もとより行くあてなどあるはずもなかったが、
何かに突き動かされるように おれは彷徨い続けた。

手足が痺れる。感覚がなくなる。目が霞む。

おれはあいつに伝えなきゃならないんだ。
こんなところで立ち往生している場合じゃない。
だが、想いとは裏腹に 雪は容赦なく吹きつけ、進路を塞ぐ。

ゆき…。
口をついて出る言葉は、ただ愛しいおまえの名前。

笑ってくれよ。
行き先を見失っているおれの姿は情けないだろ?

おまえに逢って、おまえの目を見て、おまえの心を捉えて、
おれは伝えたいことがあったのに…。

ゆき…。
このまま逢えないのだろうか。
この目が眩むような雪盲の世界から永久に抜け出せないのだろうか。
できるなら、せめて夢であってくれ。
この白昼夢から早く目醒めるために、せいぜい がんばってみるさ。

笑ってくれよ。
おまえのことで頭がいっぱいなおれの姿は 情けないだろ?

たとえ豪雪の中に この想いが埋もれてしまったとしても、おれがおまえを「愛している」という誇りがあれば、 この想いごと永遠に生きていける気がするよ。



     アイシテイル。

     アイシテイル、誰よりも。








「 …ん? 」

額に残る冷たい感触で、桃矢は意識を取り戻した。
重い瞼をうっすらと開くと、そこには今にも泣き出しそうな雪兎の顔があった。
冷えきった彼の指先が桃矢の額を撫でていく。
はっとするような冷たさ。
しなやかに伸びる彼の指先は芯まで冷えきり、熱に浮かされた桃矢を覚醒させるには十分すぎた。


「 よかった…とーや。 目、覚めた? 」
「 ゆき? あれ? ここはどこだ? おれは… 」

そう言って起き上がろうとした瞬間、桃矢はガクンとバランスを崩してベッドに倒れこんだ。

「 だめだよ。まだ寝てなきゃ 」
「 ゆき…… 」

雪兎に介助されながら もう一度ベッドにもぐりこむ。
ずっと傍にいてくれたのか、こんなに指先が冷え切ってしまうほど…。
ぐるりと周囲を見渡し、桃矢は自分の置かれている現状を漸く理解した。
どうやら自分が寝ている場所は保健室らしい。

 今までの状況を整理すると、こうだ。
ただでさえ かったるい5時限目の授業は「古文」で、ご丁寧に抜き打ちテスト。
朝から頭が冴えなかったのは事実だ。
うつらうつらしながら窓の外に目をやると、灰色の空に ひとひらの雪を見た。
それから…急激な睡魔に襲われて、真白な雪盲に迷い込んで…。
あ、そうか…。

「 それじゃ、おれは帰って来られたんだな… 」
「 え? 」

「 ごめんな、ゆき。心配かけちまったな… 」
桃矢は微笑むと、大きな手で雪兎の前髪をそっと梳いた。
さらさらと零れ落ちる微粒子の砂のように、彼の細い髪は桃矢の指先をくすぐっていく。
清潔そうなシャンプーの香りさえ愛しかった。

雪兎は桃矢の手を ぎゅっと握りしめると、一つ一つ言葉を搾り出すように話し始めた。
「 よかった…ほんとによかった。 ぼく、とーやがこのまま起きなかったら
  どうしようかと思って…。先生は大丈夫だから、って言ってたけれど
  ずっと気が気じゃなかった。 6時限目の授業もHRも上の空だった。
  早くとーやの傍に行きたくて、とーやの顔が見たくて…。 ぼくは… 」

そこまで言うと、雪兎は涙と共に絶句してしまった。
白い涙は美しい結晶となり、長い睫毛から美しい鼻筋に伝わり、そのまま桃矢の頬におちた。
冷たい、けれど温かい。
こんなにも優しく零れおちる涙の雫が あるのだろうか。
こんなにも温かく満たしてくれる涙の雫が あるだろうか。

「 ゆき… もう大丈夫だから、泣くな 」
「 うん… 」
「 大丈夫だ。おれは ここにいる 」
桃矢は雪兎の頬伝う涙を指で拭うと、優しく微笑みながらこう付け加える。
「 ずっと ゆきの傍にいるよ 」

ずっと、ずっと、これからも一緒に。


「 ありがとう…とーや… 」
その時、白い花が綻んだ。
美しく高貴な ”微笑み” という名の白い花が…。
清冽な水面に咲くかのごとく、白い花は桃矢の心をしっかり捕らえて放さない。
その高貴なまでの美しさを、桃矢は永遠に忘れないだろう。
綺麗…だな。
艶やかな白い微笑みに目を細めながら、桃矢は心の中で呟いた。


 突然、雪兎が何かを思いついたように短く「あっ」と発した。
「 そうだ。とーやの意識が戻ったら知らせるようにって、先生に
  言われてたんだ。 おそらくまだ会議中なので伝言するだけだと
  思うから すぐ帰ってくるけど……。大丈夫…だよね?とーや。
  ぼくのいない間に どこかに行ったりしないよね?
  すぐに戻るから待ってて。本当に すぐ戻ってくるから… 」

雪兎は名残惜しそうに握っていた桃矢の手を放した。
だがそれは すぐに力強い腕に引き止められた。

「 え? 」
「 行くな 」

「 とーや? 」
「 行くなよ、ゆき。どこにも行くなよ。おれの傍にいてくれ。
  おれは今、情けないほどおまえに触れていたいんだ。
  夢でも幻でもない、おまえだけに触れていたい… 」

それだけ言うと、桃矢は静かにベッドから起き上がった。
咄嗟に雪兎は桃矢の背中に手を添え、彼を支えた。

「 とーや…。大丈夫? 眩暈しない? ちゃんと立てる? 」
「 ああ、この通り大丈夫だ 」

雪兎が かすかに安堵の表情を浮かべる。
桃矢の鼻腔をくすぐるシャンプーの香りが ふわりと揺れた瞬間、桃矢は雪兎の身体を強く抱きしめていた。

「 あ… 」

かすかに聞こえた雪兎の声を、桃矢は心の淵で聞いていた。
愛しくて、愛しくて、離したくないほど愛しくて。
華奢な身体に脈打つ鼓動の音さえ、きりりと結んだ口許から漏れる甘い吐息さえ、 俯いた顔にかかる長い睫毛の陰影さえ、愛しくて、愛しくて、ただ愛しくて。
だから逃げない。


  ―――真白な雪盲の中で もう おれはおれ自身を見失いたくないから。


 抱きしめていた細い身体を一旦離すと、桃矢は雪兎の瞳を捕らえて、静かにそれを囁いた。

「 愛している 」

「 あ…… 」
「 愛している。おまえだけを… 」

桃矢を凝視していた雪兎の大きな瞳から、涙が一粒こぼれおちた。
白い涙はとめどなく溢れ、長い睫毛も細い顎も濡らして ポタポタと床におちてゆく。


   ――― アイシテイル。

        他の誰でもない、おまえだけを…

        アイシテイル。

        これが、真白な雪盲の中で見つけた おれの答え ―――




「 とーや…ぼく…… 」
雪兎の声が涙で震える。


  ――― やれやれ、相変わらず おれのお姫さまは泣き虫だな。


「 ずっと…待ってたん…だ。とーやのその言葉… 」
「 ゆき… 」

「 ぼくは… とーやの傍に居てもいいの?
  この先ずっと とーやだけを見ていてもいいの?
  とーや… ぼくは…… 」

涙のせいで途切れ途切れになる、思いがけない雪兎からの言葉。
心地よく耳朶(じだ)を打つ その言葉は、深く深く桃矢の心に染み入った。

  ――― 当たり前だろ、そんなの。


桃矢は言葉の代わりに 今一度強く 雪兎の身体を抱きしめた。
心の中で何度も繰り返す言葉は ただ一つだけ。

「 アイシテイル 」

もう離さない。離したくない。


アイシテイル。




    そう。 少し遠回りをしてきたけれど、これが二人で出した答え。


    おれは、ぼくは、おまえを、きみを、…愛している。

    誰よりも 愛している。





    真白な雪盲が視界を隔てても、恋の温度で感じ取れ。
    愛しくて、愛しくて、離したくないほど愛しい人の存在を…。





    誰よりも 誰よりも 愛しているから ―――





     おわり





----- 付 ------------------------------------
「 真白な雪盲 」にお付き合いくださり、ありがとうございます。
キリ番踏まれたhiokoさまから ”桃矢くんの初告白” というリクエストを頂いていたのですが、 私が書くと どーも桃矢くんモタモタしてしまいます。(^^;)
早く告れー!と、応援にも熱が入ります。(笑)


----- 訂正と御礼 ----------------------------
実は、本作は前編・後編に分けてあったのですが、あまりにも自分の中で「前編」の出来が痛くて(ヘタレという意味です^^;)後編部分のみのUPになりました。
前編は少し手直ししてから、「雪兎さまのお誕生日企画」のコンテンツ内に更新予定です。もちろん、とっても素敵なイメージイラストも頂いておりますので そちらの方は超絶お楽しみに…。(^^#)

hiokoさまには前編のイメージイラストまで頂いておきながら、私のわがままと技量の無さゆえ このような形になってしまい、しかも あり得ないというくらいお待たせしてしまいまして、重ね重ね申し訳ない思いでいっぱいです。(反省)
これに懲りずに また何なりとお言いつけください!!素敵なイラストありがとうございました〜〜。また描いてね〜〜。(^^#)


     - Novels Top -     - HOME -