290,000ヒット hiokoさまへ 
キリリク ショートストーリー 「 ぼ く ら の カ タ ス ト ロ フ ィ 」
   - 桃矢×雪兎 -


 それは いつもと同じ日常。
笑い合い、ふざけ合い、慈しみ愛し合い、尊敬し合う。
時には喧嘩もするが すぐにその関係は修正できる。
互いの存在を確認せずとも、気付けばいつも “そこ” にいる。

 ありふれた感情。
でもそれは確かに互いが “ここ” にいるという証明。
それこそ愛する者同士だけに共有される特別な「絆」。

 ――――― そんな些細な幸せも見えなくなるほど、ぼくにはきみが近すぎて…。


 繰り返される何の変哲もない日常が、ある日突然 何の前触れもなく大きく蠢く螺旋の渦に飲み込まれてしまったとしたら、 果たして人はその時 成すべき術を持ち合わせているものなのだろうか。

 ――――― 今ここで一つだけ我が儘を言えるとしたら、きっと真っ先にこの言葉を伝えるだろう。

「時間でもなく距離でもなく、ただ きみが “そこ” にいてくれるという現実が全てだ」と。

――――― ねぇ、とーや……もう ぼくたちは以前のように笑いあうことはできないの?

「いやだ、そんなの……」

――――― 壊れてゆく…消えてゆく……とーやの温もりも思い出も約束も皆。

「何もいらない、何も望まない。 ぼくにとって本当に大切なものは……」




 雪兎はまだ信じていた。
虚ろな眼をした桃矢の瞳に、再び自分の姿を映し出してくれることを…。
物言わぬ桃矢の唇が、再び自分の名前を呼んでくれることを…。




   〜 ぼくらのカタストロフィ 第1ステージ「提案」 〜




「遠慮はいらん。これで殺れ……」
マグナム銃を渡す長身の男が ニヤリと口の端を上げて笑う。
肉付きの薄い唇からこぼれる冷徹な笑顔。
冴え冴えと冷えきった端整な顔立ちが、いっそう彼の冷徹さを引き立たせている。

「でも…」
「全ての証拠は消去するのが この世界の鉄則だ。こちらの身が危うくなる前に、な。
 彼は私たちの顔を見てしまったからね。生かしておく訳にはいかないのさ」
「うっ……」
掌にズシリと重いマグナム銃を握り締め、やや小柄で細身の男が戸惑いがちに目を伏せる。
日本人の父とイギリス人の母を持つその男の風貌は、一見すると女と見紛うほどの艶やかさではあるが、 ほどよく均整のとれた身体は決して脆弱という訳ではない。
長い睫毛に縁取られた大きなグレーの瞳が印象的だ。

「弾は2発だ。彼を仕留めた後の残り1発の使い道は君に任せるよ」
「……冷たい」
思わず口をついて出てきた言葉。
金属の質感が 殊更に白い掌を冷たく蹂躙していく。
いや、本当に冷たいのはマグナムではなく、それを渡した男の手だったのか。

大の男でさえマグナムを撃つ時は その反動をもろに身体に受けるという。
女のように華奢な身体のこの男に、はたしてそれを使いこなせる確証があるだろうか。
戸惑いの色は隠せない。
その様子を見てとった長身の男が、くくっと面白そうに笑う。
「どうした、怖気づいたか?」
「いえ…ただ…」
「ただ?」
「殺生はしたくはないんです、彼には何の落ち度も非もない」
「くっくっく…」
長身の男から笑いがこぼれた。
その冷徹な嘲笑は見る者を怯えさせる。

「な、何が可笑しいんです?」
言い含められるのを承知で 恐る恐る聞き返すと、その返答はやはり予想していたものであった。

「あ、これは失礼。 君の言っていることは いちいち正論だと思ったら何だか可笑しくなってね。
 いや全くその通りだよ。完膚なきまでに正論だ。そうだとも、彼には何の非もない。
 だがね……、君には選択の余地はないよ、分かっているね?」

“君には選択の余地はないよ、分かっているね?”
有無を言わさぬ圧倒的な支配力。
長身の男の前に 彼は常に屈服するしかないのだ。


     そう、分かっている。僕には選択の余地はないんだと。
     両親を早くに亡くし、幼い頃兄弟は散り散りに…。
     ようやく妹や弟を引き取り、人並みの教育を受けさせてやれることも、
     自分がこうして塔和大学の大学院に残って研究に没頭できることも、
     全ては この冷徹で非情な好事家の男の援助があればこそだ。
     分かってはいる。分かってはいるが……でも…。


「許してください。僕はもう……」
「もう?」
「もう…出来ません」
「くっくっく。いつまでたっても甘いね君」

口の端をくいっと上げた長身の男が更に言葉を続ける。

「そうだなぁ、まぁ条件次第では君の願いを聞いてやってもいいが?」
「条件?」
「ああ」
「その条件さえクリアすれば 無駄な殺戮はしなくてもいいんですね?」
「そうだ」
「もう口封じのために このマグナムを使う必要はない、そういうことですね?」
「そうだよ」
「良かった…」

男の顔に安堵の表情が浮かんだ。
が、長身の男の次の言葉を聞いた瞬間、その表情は急激に凍り付いてしまった。

「都合の良い検体を ちょうど探していたところなんだよ」
「検体?」
「彼は生かしておく。そのかわり…」
「人体実験?!」
「くっくっく。君は飲み込みが早くていいね」
「そ、そんな…」
「どうだい?悪くはない話だろう?彼には我々の研究のために一役買っていただく。
 良いデータが取れれば一生実験材料として使っていく。君の嫌いな無駄な殺生はせず
 そのうえ我々の研究にも役立つという訳だ。まさに一石二鳥じゃないかね?」
「う……」
「研究の検体か、それともマグナムで蜂の巣になるか、どっちがいいかねぇ。
 賢明な君ならどちらを選択したら良いのか、察しはつくよね?」
「……」

「ふ…。彼も難儀だったねえ。運悪く我々の研究の現場を見てしまったがために…。
 ま、生かしておいてやるだけでも感謝してもらわないとね」
「………」
「彼は命拾いしたんだからね」
「…………」
「君の采配に乾杯!」

そう言い切られて、男は長い睫毛を伏せながら力なくうなだれた。
くっくっく、と不敵な笑みを浮かべながら 長身の男は満足そうに口の端をきゅっと上げる。

「君は本当に真っ直ぐでいいね」

「…僕はこれで失礼します。今日のことは絶対に口外しません、約束します。
 そのかわり、あなたも僕との約束を守ってください。もう無駄な殺生はしないと」
「ふ…。私も随分信用されていないものだ。くっくっく、まぁいいだろう」
「お願いします」

「彼は…たしか応用科学学科の木之本桃矢、だったね? 今一年生か…。
 前途ある有望な青年だ。彼はきっと良い検体になってくれるよ」
「……それでは…」
いたたまれなくなり、早々にその場を立ち去ろうとした時、低く含みのある声が呼び止めた。

「ちょっと待ちたまえ」

え?
ゾクっとするような低音の声音の前に、無意識に嫌な予感が頭をよぎり 体が強ばる。

「まだ、こちらの条件を言ってはいないが?彼を生かしておくということは
 飽く迄も【提案】に過ぎない。私の本当の条件は他にある」
「他に?」
「ああ」
「なんです?その条件というのは」


「君は そそられる…」


  ――――― ……え?



続く冷たい沈黙。
そしてゆっくりと、でも確実に、湿った語気を含んだその言葉は呟かれた。



「私のものになれ」






          ― 第2ステージ 【焦燥】 に続く ―




----- 付 ---------------------------------------
長くなりそうな予感…。(^^;) 分かりづらい展開と登場人物ですみません!
桃雪さまを出せー!とお怒りのあなた、本当にすみません。もうしばらくお待ちください。
hiokoさまの素敵な挿絵を強奪…あ、いえ頂く予定なのです〜♪(ね?hiokoさま)←勝手に!^^;
それまでは私の駄絵の代替でガマンしてください〜。(^^;)

hiokoさま、キリリク超絶お待たせしまくりでごめんなさい〜〜〜。


      - Novels TOP -        - HOME -