◆◇雪兎さまお誕生日おめでとうございますShortStory◇◆


「お帰りなさい 」 (第1話・幻想夢幻)

「ただいま」

「今日は大学の講義終わってから、バイト2つも掛け持ちしたんで、何だか疲れちゃったな。12月は何かと忙しい時期だからね」

「遠慮しないで上がってよ、とーや。今日は珍しくおじいちゃんも、おばあちゃんもいるんだよ。とーやに会えるってすごく喜んでるんだ」

「靴はそこに置いといてね。寒いだろ?さ、早く上がって」

「今夜も冷えるね。手足が凍えそうだ」

「とーやの頬…、こんなに冷たくなってるよ…。耳も…首筋も…唇も…。早く暖を取ってあったまろう」

「クスッ。障子の鴨居にぶつからないように気をつけてね。
とーやは長身だから大変なんだよね」

「あ、ほら!言ってるそばから頭ぶつけてるじゃないか…。
意外におっちょこちょいなんだよねぇ、とーや」


「おじいちゃん、おばあちゃん、とーや連れてきたよー」

「あ…、おじいちゃんもおばあちゃんも、座ってていいよ。
ぼくがお茶煎れるから…ね」

「あれ、ぼくの大好きないも羊羹だ。わぁ〜、美味しそう。おばあちゃん、買っといてくれたんだね?ありがとう。食後にみんなで食べよっか。…じゃ、ほうじ茶の方がいいかな?」

「おじいちゃんは少し血圧高いから、薄めにしてあげるね」

「だめだめ。自分は健康だって思ってても用心に越した事はないからね…。おじいちゃんは特別メニューだよ」

「あ…。おばあちゃん、今夜の晩ご飯はなに?ぼくもう、お腹ぺこぺこなんだ」

「え?サバのミソ煮?やった!ぼく、煮魚大好きなんだ」

「とーやも和食好きでしょ?」

「あれぇ?とーや、どうしたんだい?怪訝そうな顔してないで、早く炉の傍においで」

「今夜は殊更に冷えるね…。そろそろ雪が、空から下りてくる頃なのかな…」

さんさん山茶花咲く冬に、白い結晶下りてくる
さんさん山査子咲く春に、白い結晶還ってく

「あ…ああ。この歌?…これはね、ぼくがまだ小さかった頃、よく母さんが歌ってくれたわらべ歌なんだよ。
夜が更けてもなかなか眠れなくてさ、いつも布団の端っこを掴みながらベソかいてたんだ…。あはは。
そんな時にはね、いつもこうやってぼくの頭を撫でながら、母さんがこの歌を歌ってくれたんだ。
”いい子ね、ゆきちゃん…おやすみ…”って言いながら…。
…なんとなく最初のフレーズだけ記憶に残っててさ」

「あれ?でも変だな。なんで急に思い出したんだろう?」

………

「おじいちゃんもおばあちゃんも、お風呂には入ったんだね?
…じゃ、湯冷めしないうちに、ご飯にしよっか」

「ぼくたちは、ご飯の後でいいよね?とーや」

「え?しばらく見ないうちに逞しい青年に成長したって?
…やだな、おじいちゃん。とーやには、一週間前に会ったばかりじゃない?」

「え?バイト?うん、がんばってるよ。とーやと同じお花屋さんに夕方から入ってるんだけどさ。…綺麗な花々に囲まれてると、すっごく心が癒されるんだよ。同じ花でもね、よーく見てると毎日表情を変えるんだよ。脈々と息吹いてる花々が、ぼくに優しく語りかけてくれるんだ…いつもありがとう…大切に育ててくれて、ありがとう…って」

「大丈夫、大丈夫!無理はしてないから。おじいちゃんて本当に心配性だね。(まるで、とーやみたい…)」

「あ…、今夜は泊まっていけるんだよね?とーや」

「…ねぇ、とーや」

(ずっと、とーやがいてくれればいいのにね…。おじいちゃんと、おばあちゃんと、とーやと、ぼくと…。ずっと一緒に、家族みたいに暮らせたら幸せなのにな…。
…なんて、夢みたいな事考えても仕方ないのにね…)


NEXT →

-------------------------------------------------------------

すみません。本当は、12月25日に一気にUPしたかったんですが、
どーにもこーにも収拾がつかなくなってきまして…。(^^;)
1話ずつUPさせて頂くことに相成りましたです。(^^;)
次回UP(予定)は12月22日でございますです。

-------------------------------------------------------------

 

TOP