◇177777hit くろりんさまへ◇


  花のスーヴェニール(前編)

 
 秋風に揺れる木々が枝を鳴らす。
ついこの間まで夏の面影を残していたのに、風は もうすっかり秋の匂いだ。

 雪兎は一人、友枝中央公園のベンチに腰掛け、空を見上げた。
「空の色は あの頃とちっとも変わらないな…」
夕暮れの空に沈みかけた太陽が、雪兎の頬を朱に彩る。
「ぼくの心も変わらないよ…あの日あの時のままに…」
――だって、ぼくは…きみに出逢うためだけに 生まれてきたのだから…。

 
 決して口には出すまいと 心に堅く封印していた想い…。
その想いが強くなればなるほど、ぼくの心の中には得体の知れない不安が募ってゆく。

きみの優しさに甘えてしまうのが怖くて、
きみの瞳を直視できなくなるのが怖くて、
何より、きみを失うことが怖くて、
けれど、この気持ちを一人で背負ってゆくのは辛くて。
ああ、いったい ぼくという者は…。
――それは、ぼくの中に巣食う矛盾。

焼き尽くすほどの熱い焔をあげながら、ぼくはきみを恋う。
きみが…きみだけが…ぼくを満たすのに…。
ただ きみだけを見つめていたいのに、もうこんなにも きみへの想いでいっぱいなのに…。
ぼくは素直に、きみの胸に飛び込んでゆけない。
――だって、ぼくは…。

越えたくて越えられない この気持ち…。
切ないほどに翻弄されているこの気持ち…。
その”正体”が何なのかは、ぼくが一番知っている。そして、きみも。

それでもきみは、ぼくにくれたんだね…、きみの持っている優しさ(魔力)総てを…。
混沌とする意識の淵で、確かにあの時 ぼくは聞いた。
ぼくの瞳をしっかりと捉えながら囁く、力強くも優しい きみの声を。

     おれは おまえが ――
     ―― …知ってる
     ―― だからもう…隠すな


ああ、だけど。
きみの優しさに、きみの気高き想いに、ぼくは どんな顔をして応えればいいの?
――だって、ぼくは…。

何もいらない…、ただ きみがいてくれたら。
だけど。
――心が、痛い。


締めつけられるような胸の奥に 留めておいた背徳の想い…。
近くて遠い きみの横顔を、幾度見つめたことだろう。
ぼくを捕らえる紺碧の瞳に、幾度吸い込まれそうになっただろう。
――だけど、ぼくは…。

ああ、恋というものは、こんなにも甘い痛みを伴うものなのか。
心が軋んで、胸が張り裂けそうになる。
それはきっと、等しく ”人間” に与えられた痛みなのかもしれない。

―― あ…。

…そうか、そうだね、そうだった、ぼくってやつは……。
そう、それ(仮の姿)こそ真実。
それは、ぼくと きみとの隔たりを感じさせるには充分すぎて…。

なのに、きみは笑って言う…『おれの傍にいろ』、と。
『おまえはただ、おれの傍で微笑っていればいい』、と。

こんなにも胸が痛い。胸が、熱い。
限りない優しさで包み込んでくれる温かい きみの胸に、飛び込んでもいいの?
きみの人生に ぼくなんかが関わっても、いいの?

――ねぇ、とーや…。ぼくは…。

………



 そんな風に思っていた事さえ、今では遠い笑い話。
高校を卒業し、大学へと進学した二人の現在は 押しも押されぬ恋人同士になっていた。


 ふと気付くと 公園内に人影は無く、さっきまで聞こえていた子どもたちの笑い声も、いつのまにか消えていた。
時計の針は、きっかり午後5時をさしている。
「もうこんな時間なんだ…」
雪兎はベンチから立ち上がり、固定遊具が取り付けられている公園の一角へと歩を進めた。

キーキー。
誰かが漕ぎ捨てていったのだろうか、ブランコの軋む音が小さく響いている。
そっと近づいて その鎖に手を伸ばすと、赤錆の匂いと共に ひんやりとした金属の感触が伝わった。
「ブランコって、こんなに小さかったっけ?」
小さく呟くと、雪兎はブランコに腰をおろして静かに漕ぎはじめた。
キーキー。
静寂に包まれていた公園に、雪兎が漕ぐブランコの音だけが響き渡る。
「懐かしいな。そう、あの時も…。ここでこうして、とーやと並んで漕いだ…」
ふふ…と、形のよい桜色の唇から含み笑いが漏れる。
「とーや、子どもみたいにムキになってたっけ…」

キーキー。
前後に揺れるブランコの弧が次第に小さくなってゆくと、雪兎は足をついて反動を止めた。
 冷気を含んだ風が、雪兎の頬をそっと撫でてゆく。
「くしゅん」
10月とはいえ、夕方になると かなり冷え込む。
「そろそろ帰ろ。とーやが心配してる…」

 思えば、一人で公園に来るなんて本当に久しぶりかもしれない。
桃矢がそれを許さなかったからだ。
ひときわ人目を惹く雪兎の美貌と艶やかさは、夜の狼たちには恰好の獲物だ。
 大学進学と同時に始めた同棲生活も、もう足掛け3年。
だが未だに、雪兎が一人で外出する時の門限は ”午後5時30分”。
門限を破ると、桃矢はひどく悲しい顔をする。
心配と不安が入り混じったような…。
それはとりもなおさず、自分が愛されている証拠なのだろうけれど…。

「もう、いまどき5時30分だなんて。子ども扱いするにも ほどが…」
 とは言うものの、やはり、愛する者に心配をかけるのは心苦しい。
雪兎は出口に向かって駆け出した。

「ん?」
雪兎の足が、はたと止まる。

「金木犀?」
微かな金木犀の芳香が、鼻先をくすぐる。
どこから?…と、辺りを見まわしてみても、それらしき香木は見当たらなかった。
姿・形は見えねども、その清冽な『香』だけで己の存在を広く知らしめる。
――そういえば、いつかとーやが言っていたっけ。
『まるでおまえのようだな』と。
――なんで?と聞いたら、とーや、『理由が欲しいか…?』って呟いた。
僅かな沈黙の後、照れくさそうに『おまえみたいに可憐で優美な「花」を、おれは他に知らない。金木犀の芳香よりも甘く清らかに 鼻腔をくすぐる おれだけの「花」』…って、抱き寄せられて…。

かぁぁ。
「あ…、やだ。顔が勝手に…」
夕焼けの赤と同じくらい、いや、もっと…かもしれない、雪兎の頬が真っ赤に染まった。
「ぼくはいったい何を考えてるんだろ…」
熱を帯び、真っ赤になった頬を両手で覆いながら、再び足早に走り出す。


 公園の出口にさしかかったところで、雪兎は背後に ”気配” を感じた。
その”気配”は、緑道を足早に歩く雪兎の後方をぴったりと尾行している。
明らかに、桃矢のそれではない男の”気配”。
(いやだ…な。とーやがいない時に限って…)

雪兎が歩を早めたその時…。
「ねぇ、ちょっと待ってよ」
その”気配”の主が、雪兎の背中越しに声をかけてきた。
雪兎の肩が一瞬ビクッと震える。

「ねぇ、ちょっと…」
雪兎の肩口に男の手が掛けられた。
―― いやっ!!
痴漢に狙われやすい体質だという事を十分すぎるほど学習していた雪兎は、咄嗟に身体を翻した。

ぐい!
「あっ…」
雪兎が短い声を発するのと同時に その男は、強い力で雪兎の腕を引き寄せてしまった。
「や…っ」
男の力を振りほどこうと必死に もがいてみるものの、華奢な雪兎の細腕では 到底太刀打ちできるものではない。
「…っ…」
声にならない声が、雪兎の美しいくちびるから漏れる。

ドスッ!
鈍い音と同時に、「う…ぐっ…」という男のくぐもった声が後方から聞こえた。
必死に抵抗していた拍子に、雪兎の肘鉄が どうやらその男のミゾオチに深く入ってしまったらしい。

「うぅ…ぐっ」
苦痛の声を上げる男。
だが、男の手が雪兎を放す様子は、ない。
――助けて…、とーや!
雪兎は身体を小刻みに震わせ、瞳をぎゅっと閉じながら恐怖におののいていた。


「…城…先輩」

「月城先輩…」

――え?
それは、微かに聞き覚えのある声。
雪兎は、おそるおそる瞳を開いた。

「先輩!俺っすよ、俺」

「あー!きみは…」

「ひどいっすよ、先輩…。あいたたた…」
腹を押さえ、涙目で訴えるその男は、雪兎がよく知った人物だった。
 左京 孝行。星條高校サッカー部で活躍していたGKで、桃矢たちが3年の時に彼は1年。桃矢たちの2級下にあたる。
助っ人として何度か試合をこなしていた雪兎は、当然彼の事も知っていた。
180cmを越える長身で茶髪のロン毛、浅く日焼けした顔からこぼれる白い歯がキラリと輝くたびに、校内の女子たちの間から黄色い歓声が湧き起こったものだ。

「左京くん、なぜ…きみが?」
「公園から出てくる先輩を偶然見つけて、すっげー懐かしくなっちゃって、声かけようとしたんすよ」
「そう…だったんだ。ごめんね、あの…ぼく、てっきり…」
てっきり…、そう言いながら口篭もってしまった雪兎を見て、左京が笑う。
「ははは。やだなー、先輩。どうせ痴漢するなら、もっとうまくやるっすよ。先輩に触れるチャンスなんて、痴漢でもしない限り一生無理っすからね」
かぁぁぁ。雪兎の顔が赤くなる。

「な…なに言てるんだ。また、からかって…」
「あーもう、照れた顔が可愛いすぎっす先輩。あーあ、あの時もっと強く先輩にアタックしてたらなぁ。そしたら今頃、先輩と俺は…」
左京の言葉に、雪兎の頬はますます赤くなる。

「でも…。俺、知ってたっす。あの頃の先輩にはもう、木之本先輩しかいなかったっすもんね…」
「あ…」
「ま、俺の人生最大級の痛い失恋ってやつっすよ。綺麗さっぱり先輩のことは諦め…る…、つもりだったんすけどね。さっき、先輩の姿見かけたら どうしても声聞きたくなって…。はは、こういうの、未練っていうんすかね。…すんません、本当にすんません、怖い思いさせてしまって、すんません」
左京は、米搗きバッタのように何度も何度も頭を下げた。

「左京くん、もういいから…。ね、頭を上げてよ」
「許してくれるっすか?」
「許すも何も、ぼくが勝手にきみを…その…間違えちゃった訳だし…。ぼくの方こそごめんね。痛かった…よね?」
「さっきの肘鉄は はっきり言ってかなり効いたっす。一瞬、世界が真白になったっすよ。もし どっかの痴漢野郎が近づいてきても、さっきの肘鉄食らわした後、股間蹴り上げれば大丈夫っす。…ははは、でも俺…先輩の肘鉄なら、もう1回くらい食らってもいいっすよ、マジで」
左京は笑いながら、おどけた振りをしてみせる。

ぷっ。
雪兎も思わず吹き出してしまう。
「相変わらず面白い子だね…きみは…」

ははは、と笑う左京の顔が、その時ほんの一瞬真面目になった。
「先輩…俺、まだ先輩のこと…」
そう言いかけて、左京は唇の動きを止めた。

「い、いや。何でもないっす。ははは、俺なに言ってんだか…」
「左京くん…」

「ああ、すんません。俺、未練たらたらっすね」
「ごめん…」
「やだなぁ、そんな顔しないで下さいよぉ。俺、諦めたんすから。そりゃ、綺麗さっぱり…とまではいかないっすけどね、ははは」
「左京くん…」

「…って、先輩、ほら…お迎え来てるっすよ、先輩の大切な人が…」
「え?」

にっと笑うと、左京は雪兎の斜め後方に向かって会釈をした。
「お久しぶりっす、木之本先輩」


「とーや!」

   →後編に続きます

 

   novels TOP    HOME