とても素敵な背景イラストはhioko様より頂きました(^^#)
私の宝物です(^^#)どうもありがとうございました。
---------------------------------------------
◇170000hit hiokoさまへ◇

Blue-blue horizon(前編)

 海岸線と並行して伸びる松並木の国道から横道に入ると、もうそこは別世界だった。
どこまでも続く大海原と、朱鷺色のフィルターがかかったような淡い街並み。
それは、空と海との境界線に登りかけた朝陽の色なのだろうか。

玉砂利を敷き詰めたような半アスファルトの県道に、バイクの爆裂音がひときわ高く響く。

ぎゅ。

とーやの腰につかまる腕を少しだけ強めた。
なんだかとても遠くへ来てしまったような気がする…。
けれど久しぶりに…本当に久しぶりに、二人きりの休日。
今は始まったばかりの夏休みを楽しもう。
とーやと一緒に…。

「ふぅあ…。さすがに長かったなぁ…」
 防波堤の行き止まりにバイクをしっかりと固定させ、メットを外した桃矢が大きく伸びをする。
 友枝からバイクで飛ばしてたっぷり3時間。
 途中、パーキングで休憩を取ったりしたものの、かなりの長丁場だ。
「ゆき、大丈夫か?疲れてねぇか?」
「うん、ぼくは平気。とーやこそ、ずっとバイク飛ばしっぱなしで疲れたでしょ?」
「これくらい何ともねぇよ」
「無理は禁物だよ。意識しなくても潜在的に身体が疲労している場合が多いんだからね」
「ご忠告、さんきゅ。しっかし、夜明けの海なんて久しぶりだよなぁ」
「ほんとだね。さすがにまだ誰もいないね」
「よもや、おまえと二人っきりでサマーバカンスとやらを楽しめるなんて、思ってもみなかったしな」
「とーやの幸運に乾杯♪」
「ああ、感謝しろよ」


 それはまさに桃矢の”強運”だった。
友枝商工会主催の夏祭りで行われたビンゴ大会で、彼は見事一等を引き当ててしまったのだ。
『某リゾートホテル/スウィートルームペアご宿泊』券。
一年間有効。
旅情報番組にもしばしば登場し、ヨーロピアンスタイルを取りつつも、どこかアジアンテイストを感じさせる赤丸急上昇中の優良ホテルだ。
今の桃矢の経済力では到底宿泊することなど出来ない(しかもペアなんて)、高嶺の花のリゾートホテルなのだ。
一足早いプレ新婚旅行気分を味わえるだけで、桃矢の心は無意識に舞い上がってしまう。
バイク3時間なんて、それこそ屁とも思わない。


「でもすごいよね、とーや。まさか本当に一等当てちゃうなんて。ぼくなんてリーチにもならなかったのに」
「まぁな…」
「あ、そうだ!あのね、夏祭りでとーやと一緒に出たクイズラリー『赤ちゃんでポン!』で優勝した時の景品が、昨日家に届いたんだけど…」
「あ?あれか。賞品の発表は発送を以ってかえさせて頂きます、だったな。…で、何だったんだ?」
「うん、あのね…。今年のクイズのテーマ『赤ちゃん』に因んで景品は"おむつと粉ミルクと離乳食一年分"だったんだ」
「はい?」
「…って使い道に困るねよねぇ。どうしよっか?とーや」
「ど、ど、どうしようか…って。おまえなぁ…/////」
「ん?」
「いや、なに、その…つまり…」
「どうしたの、とーや。顔が赤いよ」
「お、おわっ。いや、あの、だから…」
「何?」
「だから、その…。おまえ…。欲しいのか?/////」
「???何が?」
「な、何が、って。その…あの…えっと。 ……赤ちゃん/////
「???」
「な、なんなら今夜、実践も兼ねて励んでみてもいいんだぞ(おまえさえ良ければ)、おれ、がんばっちゃってもいいんだぞ/////」
「???何を?」
「な、何を、って/////」
 今に始まったことではないが、相変わらず疎い雪兎に、桃矢の心拍数は上がっていくばかりだった。


「あ、そだ。見てとーや。今夜の食事は『シェフお薦め・超豪華スタミナ満点スッポンづくし』だって。すっごいなぁ、さすがアジアンテイスト。楽しみ楽しみ♪おかわり自由だといいんだけどね」
 桃矢の動揺も知らず、ホテルのパンフレットを広げながら無邪気にはしゃぐ雪兎の頬は少年のように紅潮していた。
「そ、それは精がつきそうですな。は…はは」
「そうだよねぇ。たくさん食べようね」
 よりによって今夜のメニューはご丁寧にスッポンづくしということだ。
バイキングじゃねぇんだからおかわり自由はないだろ、というツッコミはこの際置いといて。
いや、それよりも雪兎に対し『欲しいのか?』という桃矢の問いも、どうかと思うのだが…。
 雪兎は時々、桃矢も予想し得ないような事を平気で口走る。
そう、たとえば…。


「ねぇ、とーや」
「あ?」
「ゼツリンって何?」
「ぶはっ/////、な、なに言いだすんだよ、おまえはー!」
「え?だから、ゼツリンって…」
「ぜ、ぜ、ぜ、絶倫…だとぉ?おまえ、どこでそんな言葉覚えてきたんだってぇの?」
「白ネコヤマトの人たちが、そう言ってたよ」
「は?」
「ほら、『赤ちゃんでポン!』の景品運んできてくれた運送会社の人たちだよ。とりあえず、ぼくの部屋に運んでもらったんだけどさ。去り際にこう言ったんだ。『これだけあれば当分困らないッスね、いやぁそれにしても、にーちゃん、さすが若いだけあってゼツリンッスね。いったい、何人子どもいるっすか?』…って」
「はっ…。(絶句)」


 白ネコヤマトたちの甚だハタ迷惑な勘違いは、この際どうでもいいが…。
問題は雪兎だった。
誤った言葉の遣い方を覚えてしまって、やたらめっぽう誰彼かまわず使われては困る。非常に困る。
「い、いいか、ゆき。ゼツリンの意味自体は今晩おれがちゃんと教えてやる!だが、人前で間違っても微笑みたっぷりに「ゼツリーン」とかって言うんじゃねぇぞ、分かったな?」
「???なんで?」
「な、な、なんで…って。だから後で教えてやるって」
「今じゃだめ?」
「だー!!当たり前だろうが!おまえは…/////」
 桃矢の疲労がピークに達したのは言うまでもない。


「わぁ!露天風呂もあるんだって。…ん?なになに?えっと…。当ホテルの露天風呂は源泉を直接取り込んでいる「美肌湯」として有名であり、残り湯は循環せず廃棄していますのでどうぞ安心してご入浴下さい、だって。なんて贅沢なんだろう。なんだか勿体ない気もするけど…。とーや、露天風呂一緒に入ろうね♪」
「ぶっ/////。ゴホッ、ゲホッ…/////」
 咳き込む桃矢の背中を擦りながら、心配そうに雪兎が尋ねる。
「とーや、大丈夫?熱あるんじゃない?顔が真っ赤だよ…」
「いや、ご心配なく…」
「でも…」
「はぁぁ…。なんか、おれ、ドッと疲れた…/////」
「大丈夫?やっぱり潜在的に疲労が蓄積してたんだね」
「そういう疲れじゃなくて…」
「ん?」
「いや、この場合説明するのは難しい。ま、慣れっこだけどな」
「慣れっこ???…でもホテルに着いたらゆっくり出来そうだもんね。疲れも取れると思うよ」
「ははは…。そうだな…」
 桃矢は苦笑しながら相づちを打ってはいたが、顔は完全にひきつっていた。


「チェックインまで、まだだいぶ時間あるよ。どうする?」
「そうだな…。もうちょっとここにいようぜ。潮風がやけに心地好い」
「うん…」
 夜明け前の、まだ人気のない砂浜に二人揃って腰をおろす。
そっと寄り添う雪兎の細腰を、逞しい腕が抱き留める。
桃矢に身体を預けながら、雪兎は果てしなく続く大海原を見つめていた。
ごく自然に身体を寄せてくる雪兎が愛しくて、桃矢は彼の頭をそっと撫で上げ更に強く抱き寄せた。

「夜明け前の海って静かだな。大自然の前では人間なんてちっぽけな存在かもしんねぇな」
「なに?急にどうしたの?もしかして旅愁ってやつ?」
「…かもな」
「…らしくないね、なんだか…」
「はは、そうかもしれないな。…ただ、おまえと一緒にこうしているとどんな些細な事だって嬉しくなっちまうから不思議だ。…こういうのを「幸せ」っていうんだろうな」
 雪兎もその言葉にコクンと頷き、広大な海原をもう一度見つめ返す。

 ほどよく渇いた潮風を運んでくる朝凪の海は、まるで二人を祝福してくれているかのように穏やかだ。
「「幸せ」って案外身近なところにあるのかもしれないね」
「ああ、そうだな。普段は当たり前すぎて、あまり考えないけどな…」
「そうだね」
 大自然が織り成すパノラマを背景に微笑むその横顔は、普段の何倍も美しい。
雪兎の横顔が淡いオレンジに染まっている事に気付き、桃矢が視線を水平線に移すと、まさに朝陽が水面に姿を現す瞬間だった。
朱鷺色のフィルターがかけられたような街並みも、朝陽の乱反射によって瞬時に輝くばかりの青に染められてゆく。

「いつのまにか朝陽が登り始めてたんだな」
「うん…。綺麗だね」
「ああ、おまえの次に、な…」
「とーやったら…」

「ゆき…」
 桃矢は雪兎の細い顎を持ち上げながら、可憐に潤う唇にそっとキスをした。
「ん…とーや…」



寄せては返す波の音が心地好くて、とーやの温もりが優しくて、ぼくは心の底から「幸せ」だった。
ねぇ、とーやは知ってる?『サンライズキス』って。
朝陽が登る瞬間にキスした恋人たちは、ずっと幸せでいられるんだよ。
煌煌とした水面は、一つ波が打ち寄せるたびに様々に表情を変えてゆく。
とーやの言うように、人間なんて、この大海原の前では、ちっぽけな存在なのかもしれないね…。
人間…?
ああ、そうだ。そうだった。ぼくは…。
とーやと一緒にいると、そんな事まで忘れてしまう。
とーやがそれを忘れさせてくれる…。

逞しいとーやの肩口に寄り添って、ぼくは暫く潮騒の調べを聴いていた。
幸せを噛み締めながら…。

二人のサマーバカンスは始まったばかり。
そして、この先まだまだ奇想天外な珍事件(?)に巻き込まれることも、今の二人には想像だにできなかった。

後編へ続きます。

170000を踏み踏みして下さったhiokoさまに捧げた、へっぽこSS(前編)です。
夏に向けて「楽しい感じの雪兎さま〜バカンス☆」というリクエストを頂いたのですが、いったいどこがバカンスなんじゃ〜〜?!…と、己にツッコミ入れてしまうほどの
バカップルぶり…(とほほ)
雪兎さまに、あーんな事まで言わせてしまって。あああ…私ったら〜〜〜。
「サンライズキス」は知ってるのに、なぜ「ゼツ○ン」を知らないんだろう?(^^;)
hiokoさん、さんざんお待たせした揚げ句、おふざけSSでごめんなさいなの〜。
超絶素敵な挿絵を頂いて感激でございます〜(^^#)ありがとうございます〜(^^#)
はぁぁぁ…。なんてお美しいお二人なんでしょう…。(うっとり)