最大化表示でご覧下さい。
12禁です(と思います^^;)ので、実年齢及び精神年齢が
12歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。
hiokoさんの素敵な絵(駄文なし)は、こちらです(^^#)

 


◇160000hit hiokoさまへ◇

思い出の肖像

ねぇ とーやは何を思い、何を見つめていたの?
どんな思い出を紡いできたの?

触れてみたい…とーやの思い出に…
ねぇ ぼくにも分けてくれる?

* * * * * *


春の夜は殊更に長い。
桃矢は読みかけの書物をパタンと閉じ、肺いっぱいに空気を吸い込むと、ふぅぅと深く息を吐いた。
文机の上に置かれたデジタル時計の数字が、零を並べる。
午前零時………日付けが変わっても、眠る気になどならなかった。

カラカラと障子を開けると、春の香気をいっぱいに含んだ夜半の風が、ひっそりと入り込んでくる。
ふと。頬を撫でてゆく風に混じって、真新しい青畳の香りが、桃矢の鼻先をかすめた。
「そうか…」
桃矢は、ふっと思い出し笑いを浮かべる。
「この前、張り替え手伝ったんだっけな…。ふ…それにしても、この年で畳の張り替えなんかする派目になろうとは…」
唇から無意識に零れる名を呟いてみる。
ゆき…。
今夜は、やけに風流な気持ちになる。

一週間ほど前、無事に星條高校を卒業した二人。
以来、桃矢のバイトが多忙を極めた所為もあり、逢瀬もままならない状態であったのだが…。
それが、どうしたことか、いともあっさりとバイト先のオーナーが連休をくれた。
久々に空いた時間。 雪兎と一緒に過ごせる奇跡に、桃矢は感謝した。
たまにはバイトも忘れ、雪兎に転がるのもいいものだ。
こうしている間にも桃矢の心は既に ざわつき始めている…、まるで風にそよぐ葦のように…。

雪兎の部屋の――高貴な芳香が漂う8畳ほどの和室――凛々しく優美で甘やかな彼の薫り。
それに、この青畳の香。
桃矢は時折、全てを忘れ、暫くこの高貴な空間に身を置いてみたくなる衝動に駆られる。
眩暈を起こすほどに、微動だにできない。そんな空間に。

妙に神経が昂ぶっているのは、どうしようもなく胸の奥がざわつくのは、きっと――――。
きっと――― 微かな寝息をたてて眠る、この芳しい人の、匂わんばかりの高貴さのせいだ…。

桃矢は、自分の胸をざわつかせている「張本人」の寝顔をそっと覗きこんだ。
真綿のように繊細な白い肌、細いうなじにかかる柔らかな髪、華奢な肩のラインからは薄衣がはだけ、首筋の鎖骨が艶めかしく見え隠れしている。
朱鷺色の唇からは、時折、甘い香気の寝息が漏れ、閉じた瞳に縁取られた長い睫毛が、美しい顔に陰影をおとす。
開け放った障子越しから春の風が入り込み、ひんやりと柔肌の頬を撫であげると、彼の耳朶の産毛までもが可憐に煌き、その美貌を際立たせる。
宵の空には煌々とした満月が浮かび、その恩恵を一身に受けているかのごとく、雪兎は清らかな眠りに就いている。
圧倒的な美しさ。誰をか、この雅な空間を壊すことなどできようか。
「ゆき…」

そう。こうして桃矢は、いともたやすく雪兎に魅了されてしまう。
……溜息を一つ。
「ゆき…。おまえ、分かってんのか。おれは男だぞ。いみじくも、おまえに好意以上のものを寄せている。おれの気持ちを知っているくせに…。何故、おれの前でそんなに無防備でいられるんだ?おまえの寝顔を眼前にして、おれが平静でいられるとでも思っているか」

(おれも随分信用されたもんだ…)

「こうしてる間にも、おれはおまえを…」

(おまえを…無理やり奪っちまう事だって出来るんだぞ…)

……溜息を一つ。
琥珀の瞳を真っ直ぐに見つめられなくなってしまったのは、いつの頃だっただろうか?
雪兎の瞳に、雪兎の微笑みに、雪兎の総てに…、焦がれる想いを胸に感じるようになってから、どのくらい経つのだろう?
いつの頃からか、彼の艶やかな微笑みをも、苦しいとさえ思うようになってしまった。………恋。
桃矢が初めて知る本当の恋の痛み…。
以前の恋はまるで麻疹にかかっていたかのように過ぎ去り、今では淡い記憶の中にあった。
「歌帆の時とは違う」
――そうだ、この猛けた胸の奥に巣食う狂おしいばかりの想いは…
………恋(真実)。

雪兎の軽やかな身体をそっと抱き寄せ、ただ触れるだけの接吻を初めて交わしたあの日………桃矢の心は水面(みなも)に浮かぶ一片の花びらのように、甘く清らかに充たされていた。
しっとりと甘露な蜜の味を含んだ雪兎の唇は、桃矢の心を充たすには十分だった。
しかし、いや、だから尚更それ以上の事は、桃矢には出来なかった。
無邪気すぎる瞳、桃矢をとらえて離さない真っ直ぐな琥珀の色。
あまりにも儚げで。あまりにも美しくて。あまりにも脆弱で。
どうして力に任せて奪うことなど、出来ようか。

――それなのに…。おまえが欲しいと、何故言えぬ。
雪兎の甘い香気に包まれながら、彼の存在を我が身で確かめ、彼の吐息に陶酔しろというのか。
刻む鼓動の旋律を貪りあい、苦しいほどに求め続けろというのか。
耳元で囁き、背中に回した腕で抱きとめ、雪兎の衣服を散り散りに引き裂いて、掻き抱けばいいのか。「おまえが欲しい」と。
聡明な雪兎なら、それが何を意味するのか即座に理解するだろう。
そしてそれを肯定し、桃矢を受け入れるであろう事も…。分かっている、分かりきっている。
――ああ。
いっそ、この狂おしい想いごと解き放ってしまえれば、どんなに楽だろうか。

(おれはいったい、何を怖れているんだろう…)

ふと、耳を澄ませば、春風に交じる寝息の音(ね)。
雪兎のそれは微温湯の温もりを孕むかのように、春風の調べに乗って、桃矢の耳元に届いてくる。

(ゆき…)

…風薫る花のたおやかさ。
桃矢の心に巣食う猛けき想い(欲望)は、傍らに横たわる人の美しい香気によって次第に鎮静されてゆく。深く、静かな、水面(みなも)のように。
―― 臆病…なのかもしれない… ――
「否、待っているのは、おれの方かもしれねぇな…」

ふ…っ。
桃矢は苦笑いをしながら、絹の光沢を放つ雪兎の髪をそっと撫でた。
桃矢の邪な想いなど知る由もなく、薄手の羽衣のような絹布団に包まり、まるで春の精の如く安眠している彼…。
障子越しには、新緑が芽吹き始めた木々の梢。
その梢の隙間から、宵闇に浮かぶ月影が煌々と雪兎の素肌を彩っていた。

「ん?」
桃矢は、絹布団で眠る雪兎が、大事そうに一冊の児童書を抱えている事に気付いた。
柔らかく優しく、それはまるで母が我が子を抱いて眠るかの如く。

「これは…」
知らず、桃矢の口許が綻ぶ。
何か…温かい呪縛でがんじがらめにされたような、ほろ苦い余韻が広がった。
――本なんか抱いて寝るか、普通…。
ハードカバーの端が捲れ、手繰ったページが日焼けを起こし、黄ばんでしまった古ぼけた一書。
たわいのないその古書は、雪兎に抱きしめられている事により、存在ありげに、むしろ誇らしささえも湛え…。
「ふ…。本にまで嫉妬してんのか…おれは…」
――やれやれ。
誇らしげな…その本に、桃矢もそっと触れてみる。
刹那、指先から流れ込む懐かしい記憶(憧憬)と、幼き頃の思い出。
――そうだ、そうだな、確かにこれは、あの時の…。

* * *


「ねぇ、とーや。いいでしょ?」
「しょうがねぇな…ったく」

地下の書庫で探し物をする事になってしまった経緯を、桃矢は振り返ってみる。
雪兎のたっての願いならば、聞かぬ訳にもいかないだろう。
思えば雪兎に、あの『本』の話をしたのが発端だった。
桃矢にしてみれば、それはほんの子守唄代わりの戯れ言であったのだが、よもやそれが源で雪兎が駄々をこねるとは…。
予想外の雪兎の反応にたじろぎながらも、桃矢は内心悪い気はしなかった。
「ねぇ…。その本、今もあるのかな?」
「書庫で埃かぶってんじゃねぇか。どっちみち、んなもん見たって面白くねぇぞ」
「そんなことないよ。ねぇねぇ、いいでしょ?とーや」
「今読んだら、すっげーベタな内容だぞ」
「大丈夫だよ。ぼく、こう見えても許容範囲広いし」
――あり得ねぇ!
「だいたいそれはお子様向だぞ。ま、夢見語するには丁度いいかもしんねぇけど。いや、それにしたって対象年齢は小学生低学年だし…」
「いいもん!」
「う…」
桃矢は咄嗟に悟った。あっさりと、言い含められそうな予感を。

「ねぇ、とーや」
「う……」
「とーやの小さい頃の思い出がいっぱい詰まってるんだよね、その本には…」
「……」
「ぼくも見てみたいな、それ…」
「………」
雪兎の優勢。
まるで怖いもの知らずの童子のような瞳で見つめられれば、もはや桃矢には勝ち目などない。

「いいでしょ?…いいよ、ね?」
どこか甘い呟き。懇願する琥珀の瞳。春花の精のような香気。
桃矢の胸の奥に封じ込めた熱いものが、呼び起こされる。
――まったく、罪な花だ。

「ああ、分かったよ、ったく…」
雪兎の圧勝。

こうして、桃矢はいともあっさりと雪兎に捕らわれてしまうのだ…無邪気に薫る白い花の微笑みによって。
――見かけによらず頑ななところも、それはそれで可愛いのだが…。
「じゃ、今度の日曜日ね!」
無邪気な微笑みを残しつつ、しっかりと日時まで約束を取りつけてしまう強(したた)かさも…。

* * *

日曜日。高校卒業を間近に控えた3月早春の頃――。
桃矢は雪兎の願いを叶えるべく、地下の書庫を訪れていた。

「うわぁ…。古書がいっぱいだね。探し甲斐がありそう」
雪兎は頬を紅潮させ、書庫に広がる本の海を眺めていた。
「ああ。殆ど父さん御用達だがな。ほら、あっちの棚、考古学の文献やら論文やらでギッシリだろ」
「とーやも読んだ事あるの?」
「そりゃあるさ。これでも、いっぱしの知識くらいは持ってんだぞ」
「へぇ…。すごいな…」

「…そう言えば、とーやん家の書庫って初めてだ、ぼく…」
「ああ。そうだったな」
「なんだか不思議だね」
「何が?」
「こうして、まだ未知の場所があるなんて、さ…」
「未知の…場所?」
――可笑しな事を言う。
桃矢は、雪兎の言葉の意味を探る事に神経を集中させた。

「ぼくが転入した日…とーやに初めて逢ったあの日から、もう二年以上経ってるんだね…。とーやの家で一緒に宿題したり、食事に呼ばれたり、泊まったりもしてたのに…。なのに、ここはぼくの知らない空間…」

(あれ?ぼくは…)

「とーやはここで何を思い、何を見つめていたの?どんな思い出を紡いできたの?」

(何を喋っているんだろう?)

「そう考えたら、どうしてもここに来たくて…。とーやの思い出に触れたくて…。もっと知りたい、とーやの事なら全部知りたい。
……だから、我が侭言った…」

(いったい、何を期待しているんだろう?)

「ごめんね…とーや」
「ば、ばか。もっと早く言え。そんな事なら、書庫くらい いくらでも連れてきてやったのに…。だいたい、書庫に行きてぇなんて言うやつは、おまえくらいのもんだぞ」
「あは…。本当にその通りだね、だけど…」
「だけど、なんだ?」
「とーやの大切な思い出に、ぼくが入り込んでもいいのかな…?って思ったのも確かなんだ」
――まったく、この匂わんばかりの純粋無垢な花ときたら…。
ここまできて、まだその蕾を開花させるを躊躇するか。
おれが おまえの介入を拒むとでも思ったか。それこそ取り越し苦労というものだ。
おれの思い出は、いつでもおまえと一緒だ、今までもこれからも…。違うか?

「ゆき…」
彼の名を呼んだ瞬間、桃矢は熱い何かが心の奥に生じるのを感じた。
――今、どうしようもなく、おまえが好きだ…。

「とーやの…大切な思い出。それでもやっぱり…」
ふと…柔らかい薫りが、桃矢の頬をかすめていった。
それは紛れもなく雪兎の香。
「やっぱり、触れてみたい…。こんな風に…」
優しく触れてくる雪兎の細指の感触…柔らかくて、熱い。
匂わんばかりの美貌の先には、尚も真っ直ぐな琥珀の瞳。
桃矢は頬に感じる雪兎の細指にそっと口付け、彼のしなやかな身体を抱き寄せた。
「あ…」
直に感じる雪兎の香。雪兎の鼓動。
甘くて苦しい感覚に、桃矢の胸は跳ね上がる。
「ゆき…」
情けないほどに、雪兎に捕らわれている自分を誤魔化すように、
桃矢は彼の身体を強く抱きしめた。
知ってか知らずか。…背中に回した雪兎の腕が、ぎゅっと桃矢を抱き返す。
「とーや…」
妙なる音声(おんじょう)は、どこまでも甘く桃矢の胸に響く。

「ゆき…」
そっと身体を離して、桃矢は雪兎の頬を両の手で包み込んだ。
真っ直ぐな琥珀の瞳の輝きに、己の背中を押されたような気がした。
次の瞬間、桃矢は心静かに、けれど確かな熱を含みながら、それを呟いた。

「キスして、いいか…」

一瞬、流れる沈黙。
驚きの色を含んだ雪兎の瞳が桃矢を見つめたかと思うと、すぐにそれは閉じられた。
長い睫毛が、心なしか奮えているようにも思える。
…それが肯定の合図か否かなど、もはや桃矢にはどうでもよかった。
――ただ、その花のような唇に触れてみたくて…。

雪兎の瞳を隠す眼鏡を外し、甘く輝く桜色の唇に誘われるように、桃矢はそっと口付けた。
芳しい蜜の香気、溢れるような愛しい想い。
初めて触れた禁断の花の蜜。甘い、どこまでも甘い。
――ゆき…。

雪兎のそれは柔らかくしっとりと潤い、その芳しさに桃矢は呼吸する事さえも忘れそうになった。
「ん…」
艶めかしい彼の吐息が、桃矢を心から陶酔させる。
苦しい、けれど愛おしい…頭の中が痺れて何も考えられない。
――ゆき…。貴なる強さも、芳しい美しさも、花薫る清らかさも…全部、好きだ…。

唇から伝わる微温が離れた後、桃矢は「愛している」と、低い声で囁いた――雪兎の頬を両の手で包み、しっかりと琥珀の瞳を捕らえながら。

「ぼくも…」
震えるほどに微かな声。
今にもその雫がこぼれおちそうなほど、琥珀の瞳は涙を溜めていた。
そして、はらりとこぼれる一粒の涙を桃矢の指先が拭ってゆくと、雪兎は桃矢の逞しい肩口に顔を埋めて、泣きじゃくる。
「泣くなよ…」
「泣いてなんか…ない…」
「無理すんな…」
「無理なんか…してない…」
――ふっ。それは……可憐に匂う花の、精一杯の可愛い強がりなのだろうか。
いいさ。おまえになら捕らわれてやる。いとも簡単に、な。

「ゆきが好きだ…。好きで好きで、どうにかなっちまう…」
桃矢は、更に強く雪兎の身体を掻き擁いた。
ぼくも…、という雪兎の声を、桃矢は心の淵で聞いていた。
――いつか、おれの想いごと受け留めてくれるだろうか…。
そしてそれは、この美しい花を傷つけたりはしないだろうか…。

折れそうに細い身体を抱きしめたまま、桃矢は雪兎の髪に口付けをおとした。
――今は何も考えず、芳しい薫りに触れていたい…。

* * *

「眠れないの?」
背後から聞こえる、愛しい声。
振り返ると、薄衣の夜着の上に軽くカーディガンを羽織った雪兎が、柔らかく微笑んでいた。白く芳しい薫りを湛えて…。

「ああ…。起こしちまったか。わりい…」
「何考えてたの?」
「いや…。月が、な…」
「月?」
「月が…、あまりにも綺麗だったんで、な…」
そこまで聞いて、突然雪兎がククッと笑い出す。

「それで縁側に座り込んで、お月見してたって訳だ…。とーや、意外に風流だったんだねぇ…」
「ふん…」
――何とでも言え。よもや、おまえの寝姿に惑わされていたなどと、口が裂けても言えるか。

「ん…?」
見れば、その懐に大事そうに抱きしめられているのは……やはり、あの『本』だった。
――やれやれ、この期に及んで、まだそいつ(本)を抱きしめるか。
まこと光栄なやつ(本)だ。

「いつも抱いて寝てたのか?」
「え?…ああ、これ?」
「そんなに大切か」
「うん、もちろん」
「ふぅん…」
――おれよりもか?
と、いう言葉を桃矢は辛うじて飲み込み、素っ気無い返事を返した。

「…でも良かったね、ラストの内容が分かって。とーや、いつも途中で寝ちゃってたんでしょ?」
「ああ」

雪兎の眼差しは、懐中深く抱きしめられたその『本』に注がれた。
「この本を、毎晩とーやに読み聞かせてあげてたんだね、撫子さん…。ハードカバーが捲れて痛んでいても、たとえ古く黄ばんでしまっても…、ちゃんと伝わってくるよ、撫子さんの温かい想いが…。とーやの大切な思い出が…」
「ゆき…」
「きっと撫子さんは、ありったけの愛と慈しみをこめて、これを読んであげてたんだね…」
「ああ…。なんでも母さんの子どもの頃からの愛読書だったらしい」
「ありがと、とーや…。そんな大切な思い出を分けてくれて…。ぼくの我が侭に付き合ってくれて…」
「いいよ別に…」
――おまえの我が侭なら、とことん付き合ってやる。

それから暫く続く沈黙。

急に…春の風が ざわつき始めた。
「風邪ひくよ…」
雪兎は今まで自分が羽織っていた萌黄色のカーディガンを、桃矢の肩口にそっと掛けた。
妙なる花の香が、桃矢をふわりと包みこむ。
それは……まるで雪兎の胸に擁かれているように、柔らかくて心地好い温もり。

桃矢は雪兎の細い肩を抱き寄せながら、そっと呟いた。
「あったかいな…」
その身を桃矢に預けながら、こくんと頷く雪兎の頬には、晧々とした月光が影をおとしていた。
芳しく艶やかな色香に、桃矢は眩暈がしそうだった。

ふと、雪兎の薄衣に目が留まる。
袖口の広い夜着の袂は 肘のあたりまで肌蹴け、雪兎の白い細腕が露わになっている。
合わさった襟の隙間から、薄紅色した彼の胸の隆起さえ見透かしてしまいそうで、桃矢は慌てて視線を逸らした。


春風の悪戯……かどうかは知らないが、その時、二人の頬を甘い風が撫でていった。
熱い視線が絡み合い……そして、どちらからともなく唇が重なって……互いの鼓動を求め合って……。
雪兎の唇の甘さに、それまで堅く留めておいた桃矢の心の封印が、柔らかく解かれてゆく。
「好きだ…」
「ぼくも…」
桃矢の背中に、雪兎の腕が回される。…優しくて、芳しい。
……それはまるで、花のような抱擁。

「ゆき…」
一際低く名前を囁いた桃矢は、襟元から覗く雪兎の白い胸元に 指先をそっと侵入させた。熱く、熱く…。
「あぁ…」
薄紅色の隆起をかすめてゆく桃矢の指先の熱に、雪兎は甘い吐息を漏らしてしまう。

「…おれの、ゆき」
――無邪気で可愛くて純粋無垢で…求めずにはいられない、愛おしい白い花。

そして……。

桃矢の手は、雪兎の細い腰に巻かれた帯の結び目を解く。
「あ…」

雪兎の美しい肢体の上を、はらりと滑り落ちる薄衣の夜着と帯。
宵闇に晒された白い素肌は、白銀の月光よりも美しく艶やかで……。
さながら、羽衣を纏った天女が舞い降りてきたのかと見紛うばかりに華麗で…。

「ゆき…」
桃矢は、花薫る雪兎の細い身体を抱きしめながら、首筋に そっと唇をおとしていった。
「あぁ…あ…」
その想いに応えるべく、雪兎は回廊の傍らに『本』をそっと置き、桃矢の背中に、おずおずと腕を廻した。

――求められている、こんなにも熱く。
今こそ言おう、おまえが欲しい、と…。


――ゆき…。ああ、その薫は、貴なる春花の精にも似て…。
愛してる…愛してる…。愛しくて、苦しいこの想いごと…。


不思議なことに、桃矢の猛けき心は それでも深く穏やかだった。
水面(みなも)に浮かぶ一片の花のように…。

完。

NEXT→番外編(とーやと撫子さんの思い出)

 

160000hitを踏んで下さったhiokoさんに捧げたSSです
童話「雪うさぎ」第3部ラスト部分のお二人の会話をモチーフに…したつもりだったのですが、いつのまにやら全く別モノっぽくなってしまいました。(^^;)それもこれも私のヘタレた文章の所為なのね。(T_T)
hiokoさんから頂いた素敵なイラストを、おそれおおくも背景として使わせて頂きました。(^^#)
流れ込んでくる雪兎さまの優しさ、美しさ、艶やかさ、清らかさ、潔さ。ああ、穢れのない香気を漂わせ、今宵も桃矢くんを魅了してしまうのですね。hiokoさん、本当にどうもありがとうございました。

 

Novelsトップへ    HOMEへ


Copyright(C)Yukiusagi All Right Reserved.