◇160000hit hiokoさまへ◇

思い出の肖像/番外編

『懐かしい…。まだ あったんだ…』

…え?
それは、掠めるような ほんの一瞬。

『こんなところで迷子になっていたのね…』

…なに?
時が止まってしまったかのような、静寂。

『ずっとね…気になっていたの…』

…なんだろう?
温かく流れ込んでくる、清冽な、それでいて柔らかいこの感覚は。

『いつも寝ちゃってたから。あの子…』

…誰?
声…と呼ぶには、あまりにも儚くて脆弱で…まるで、春の彩を纏った精が奏でる、音(ね)のような…。
…そう。それはまさに、音(ね)。
ひどく懐かしいけれど…、少しだけ胸が痛い…。

『良かったわね…見つかって…』

…ああ、そうか。
春の精のような佇まい、穏かな眼差し、包み込むような美しい微笑み……とーやの思い出の中に生き続ける、大切な『人』…。

『……?』

そこで初めて、ぼくはその『人』と目が合った。
長い睫毛を静かに伏せながら、その『人』は、ぼくに にっこりと微笑みかけた。
刹那、ぼくの心の中に、ふわりとした温かいものが芽生えた。
ぼくも、微笑み返したつもりだけど…上手く微笑えている確証は、ない。
薄暗い書庫の中で、その『人』の周りだけが、柔らかな光のオーラに包まれているようで…、あまりの清らかな光景に、ぼくは微動だにできなかった。
優しくて、懐かしくて、けれど少しだけ胸が痛い…。

『はじめまして…かしら…』

「あ…あの…ぼく…」
咄嗟のことに、ぼくの声は上擦って震えてしまう。

『…6人目…かな…』

「え?」
6人目?いったい、何が?
ぼくは、ただただ、その『人』の次の言葉を待っていた。

『真嬉おじいさま…園美ちゃん…藤隆さん…桃矢くん…桜ちゃん…。それに…あなた…』

「…ぼく?」

『うふふ…。私がね、一度で名前を覚えられた人たち』

「…あ…」
そういえば、だいぶ前に、とーやから聞いたことがあった。
母・撫子さんは、名前を覚えるのが苦手で、モデル時代に随分苦労していたと…。
”いくら何でも、家族の名前だけは忘れなかったみたいだがな”
って、とーや笑ってたっけ。

『…月城雪兎さん……』

――月城雪兎さん。
なぜだろう?自分の名前を呼ばれた時、目頭が、熱くなって…
胸の奥が ほのかに波打って…温かい塊が押し寄せてきて…
「撫子…さん」
ぼくは思わず、その『人』の名を呟いていた。

『桃矢くんは照れ屋さんだから、なかなか自分の気持ちを素直に出せないけど…』

…流れる心地好い旋律。…ぼくの心にすぅっと染み入ってくる。

『でも…、きっと、あなたが一番好きよ』

…それは…その言葉は…。

『ありがとう…。私の桃矢くんと仲良くしてくれて…。桃矢くんを選んでくれて…』

…ぼくの瞳を濡らすには十分すぎて…。

『これからも、桃矢くんと仲良しでいてね…』

「撫子さ…」
撫子さん…と言いたかった…けれど、言葉が喉の奥につかえて出てこなかった。

『あなたに逢えて…良かった。私の思った通りの人…』

「いいんですか?ぼくは…」
――ぼくは、あなたの大切なとーやを愛しています…。

『あの子が選んだ人だもの…』

柔らかな艶を帯びた撫子さんの微笑み。
…その穏かな眼差し…ふわりと懐かれているような心地好い感覚……そうだ、とーやと同じ。

『ああ、私はもう行かなくちゃ…』

「え?」
次の瞬間、目映い閃光が撫子さんの身体を包んだ。
淡い光の中心から、突然視界が開けたかと思うと、そこに撫子さんは、いた…、穏かな微笑みを湛えながら。
淡い光の中をたゆたう姿は、とても儚く、今にも消え入りそうだった。

『さようなら…。桃矢くんのこと、お願いします。
あの子の不器用な優しさを、どうかいつまでも愛してあげて…。いつまでも支えてあげて…』

――消える!
「撫子さん…」
ぼくは必死で手を伸ばそうとしたけれど、ただ虚しく宙を舞うばかり…。

『きっと、幸せになれるわ。あの『本』みたいに…』

そう言いながら、撫子さんは書庫の一角を指す。
消え入りそうに儚い姿。ただ、薬指のマリッジリングだけが、煌々と白銀の輝きを放っていた。

最後に…本当に最後に、撫子さんは花のような微笑みを浮かべて……消えた。

「待って…」

* * *


ぼくは、その『本』をそっと手に取り、ゆっくりと、ゆっくりと最後まで手繰ってみた。
とーやと撫子さんの大切な思い出…憧憬…恋慕…。
――ああ、あまりにも心地好くて、だけど少しだけ胸が痛い。
…涙が、止まらなかった。
ぼくはそのまま、膝を抱えながら嗚咽した。


地下の階段をトントンと下る音が響く。
裏庭の倉庫に脚立を取りに行っていたとーやが 戻って来たようだ。
足場の良い場所に脚立を据えながら、とーやが声をかける。
「ゆき?『本』見つかったのか?」
膝に顔を埋ずめながら、ぼくはコクンと頷いた。
「どうした?泣いてんのか?」
彼の言葉が、ぼくの心に優しく流れ込んでくる。


「ごめん…。さっき、おれがキスしたせいか?突然だからびっくりしたのか?」

背中に感じる彼の手の温もり…。何も言わず、ただ包み込んでくれる不器用な優しさ。

ぼくはただ、顔を伏せながら首を横に振るだけで 精一杯だった。
――違う、違うよ、とーや。


「だったら、こっち向けよ」
そう言いながら、とーやはぼくを優しく抱き寄せた。
彼の胸の温もり、鼓動。全てがぼくを包み込む。
軋みをたてていたぼくの心に、優しく流れ込んでくる彼の鼓動。
「ゆき…」
耳元で囁くとーやの声が あまりにも温かい。


ぼくは、とーやの胸に懐かれながら、淡い記憶を辿っていた。
美しい微笑みを湛えた『人』の記憶を…。

淡い光に包まれた撫子さんの微笑みを…、穏かな眼差しを…、優しく名前を呼んでくれた声音を…、ぼくはずっと忘れない。
――ありがとう、撫子さん。

完。

思い出の肖像本編へ戻る




hiokoさんに差し上げたヘタレSSの番外編でした。
私のヘタレた表現では、雪兎さまのお心を総て拝察申し上げるには不充分ですが、撫子さんなら(藤隆さんもそうですが)きっと、雪兎さまを理解し、温かく包み込んでくれるんじゃないかなぁ〜と思って…。
(とーやくんみたいに…^^#)
桃矢くんは藤隆さんと撫子さんの息子だものね♪
最後まで目を通して下さって、ありがとうございました。

Novelsトップへ    HOMEへ


Copyright(C)Yukiusagi All Right Reserved.