◇130000hit、hota-ruさまへ◇


プラチナ心の雪ごもり

さんさん山茶花咲く冬に、白い結晶下りてくる
さんさん山査子咲く春に、白い結晶還ってく
しんしん静かな雪夜の庭に、白い結晶積もってる
しんしん雫がぽたんと落ちて、障子の内で雪ごもり
かちかち時計がぼーんと鳴れば、時は流れる、雪ごもり
囲炉裏の炎がゆるゆる燃えて、なべては静かに過ぎてゆく

誰が名付けた、白い雪
誰に似たのか、その面影
善き人の、ゆかしき真白に導かれ
善しと偲ばる善き人の、秘すべき想いに心乱る
夜半の雪の音(ね)静かなり

漆黒の髪、紺碧の瞳を持つ若者が
いつか必ず迎えに行くよ
その日まで…その日まで…
なべては夢幻のごとく過ぎてゆく…



その日は殊更に寒い朝だった。
白い吐息が、そのまま身体ごと固まってしまうんじゃないかと思うくらい…。
冴え冴えとして凛としてて、だけど、嫌いじゃない。
冬は嫌いじゃないんだ。
どうして?
だって、それは…

ぼくととーやが出会った季節だから。
そして、ぼくととーやの生まれた季節でもあるから。
とーや、4年に一度しか巡って来ないって、こぼしてたっけ。

いいじゃないか、それでも…。
ぼくがいつでも、傍にいるんだからさ。

それから?
そう、それから…
時は流れて…

ぼくととーやが…
はじめて…
はじめて…
想いを分かち合った大切な季節だから。

木之本くん…
  桃矢くん…
    とうや…
      とーや…

友達から親友、そして恋人。
ぼくたちの関係が微妙に変わるたびに、彼への呼び方も変化した。

忘れない、忘れられない、あの日あの時。
苦しいくらいとーやが好きで、
哀しいくらいとーやしかいらなくて、
眩しいくらいとーやだけを見ていたくて、
切ないくらいとーやを感じていたかった。
今も、ずっと。
これからも、きっと。

だけど…。
そんな想いは、彼には重荷になってしまうのだろうか?
ふと…
不安になる。

”いいじゃないか、それでも…。
ぼくがいつでも、傍にいるんだからさ”

こんな自信は、どこから来たんだろう?
愛されてるっていう自惚れは、あまり賢明な思考とは言えない。

ううん。
誰かに傍にいて欲しかったのは、本当はぼくの方なんだ。
ぼくは、知らなかった…知ろうとしなかった。
ぼくが、本当は誰なのかを。
だから、ぼくは微笑った。
ぼくの心に傷を付けて、傷付けて、
ぼくは微笑み(孤独)の仮面を纏う。
危うい心の均衡は、今にも崩れそうだよ。

ごめん、ごめんね、違うんだ、そうじゃない、ぼくは…。
だって、ぼくは…!

(それは、本当の気持ちに耳を傾けない、
もう一人のぼくの叫び)

だから、もう…
もう…


雪兎さん。
月城くん。
月城さん。
月城。
ねぇ。
おい。
ちょっと。

皆が、当たり前のようにぼくを呼ぶ。
「なに?」…微笑み(孤独)の仮面を纏ったぼくは、いったいどんな顔をして、応えているんだろう?
ぼくは、誰?

ゆき…。

ああ、ぼくを呼ぶ彼の声が、耳朶(じだ)を打つ。
何よりも優しくて、誰よりもあたたかい。
何よりも大切で、誰よりもいとおしい、大切な人。
だけど…ぼくは…。
でも…。
ごめん、分かってるさ、今更そんな事。

それでもぼくは微笑う。
ぼくがぼくの潜在意識を破り、ぼく自身を取り戻すその瞬間まで。
微笑っていれば、いい。
押し寄せてくる不安を打ち消す術は、ただ、そうすることだと思っていたから。
そうすることしか、出来なかったから…。

ぼくは、誰?

幻影の中で見た、祖父母との暮らし。
夢、のように楽しくて。
夢、のように優しくて。
それが、本当の夢だったと気付くまで、随分かかった。

しんと静まりかえった部屋、呼吸する事さえも忘れてしまうほどの静寂さの中で、あの頃のぼくは何を思ったのだろう?
独り…いつのまにか、そんな世界が当たり前になってしまっていて。
淋しい…。
そんな想いは、どこかに置き忘れてきてしまったよ。

ぼくは、誰?

観月先生に初めて会った時、無性に感じた焦燥感にも、
秋月さんから言われた、あの言葉にも、
ぼくの意識の中で、時折感じる妙な違和感にも、
意識が飛んでいたその後のことにも、
とーやが送り続けてくれたシグナルにも、
無意識に身体が応戦していた食欲にも、
深い眠りの淵におちてしまった時でさえ、
ぼくは向き合おうとしなかったのかもしれない。
怖かったから。
とーやに”知られて”しまうのが、怖かったから。
いつのまにか、こんなにも大きな存在になっていた彼。
ただ、ただ、ただ、怖かったんだ。
本当のぼくを、知られてしまうことが。

本当の、ぼく?
だって、ぼくは…

ああ、だけど…。
今も時々怖くなる。
そんなぼくに、とーやはきっと一笑するだろうな…。
「まだ、そんなつまんねぇこと考えてたのか?」と。
「おまえが”何”でも関係ねぇよ」と。
少しはにかんだ微笑みのあと、優しく抱き寄せ、そっと口付けをくれるだろう…いつものように。

違う、違うんだよ、とーや。
もう、いいんだ、本当に。
ありがとう。
とーやに出逢えただけで、それだけで、涙が出るくらい幸せなのに…。
そんな優しい眼差しで、ぼくを見ないで。
紺碧の瞳の中に、数えきれないほどの愛が燃えている。
心が粉々に砕けそうだよ。
逞しい腕に抱きしめられたら、心の均衡がプチンと音を立てて崩れてしまう。
ああ、分かっているよ、そんなこと。
本当に、好きで、好きで、どうしようもないくらい、好きで。
だけど…
ぼくは…とーやに…何を返してあげられるの?

とーやを愛してる (ああ、おれもだ)
とーやとずっと一緒にいたい (ああ、ずっと一緒だ)
愛してる (愛してるさ)
本当に?(本当だ)
ぼくは、とーやに… (ゆき…?)

ああ、分かってるとも。
分かりすぎるほど、分かってる、今更そんなこと。
ぼくは、人にあらず。
似て非なる創られた”もの”なんだ。
名前も、血液型も、住所も、誕生日も、星座も、電話番号も…
この髪も、この目も、手も、足も、この肩も、唇も、とーやに抱きしめられるこの身体ごと…
ああ、悲しいくらい、ぼくは人間じゃないんだね。

こんなぼくは、とーやに幸せをあげられるの?


その日は、殊更に寒い朝だった。
浅いまどろみの中で…ぼくは…夢を…見る。


続。



++ 雪うさぎなんじゃこりゃ談 ++
◇13万ヒット踏み踏みして下さったhota-ruさんに捧げたへっぽこSSです。hota-ruさん、へっぽこ過ぎでごめんね〜。(T_T)
(続編は、12月25日にUP予定です。でもって、もっともっとお二人には、らぶらぶらぶになって頂きます。^^#)
雪兎さま、ああ、でもでも!!おなずきを砕かせてしまって、ごめんなさい〜。(T_T)雪兎さま、超絶愛してます〜〜〜。
最終的には雪兎さまに激惚れの桃矢くんが、雪兎さまの苦悩を癒してさしあげて、超絶ハッピーえんどに…(^^#)
未熟な表現、技量不足などは大目に見てやって下さい。(^^;)
絵が下手すぎ。はぁぁ…(T_T)


+ NovelsTop +   + HOME +